« 山:朽木 経ヶ岳 | トップページ | 菰の景色の中 »

山:鎧岳と兜岳(奈良県)

2014年2月22日(土) 曇り

雪の 鎧岳~兜岳 (奈良県)に行って来ました。

国道 県道 脇には 雪が残ってましたが

きちんと車道は除雪 され ほぼ乾いて いい道になっていました。

0061しかし

スタットレスタイヤを履いてはいるものの↑屏風岩公苑までは行き着けず。

8:30 途中の路肩に 車を置いて 自転車で急な坂を下り

県道に出て 葛郵便局手前の道を登っていく 

9:00路肩に自転車をデポした。

向うに ススキで有名な曽爾高原が見える↓

0071
ずんずん登っていく。

0091
見上げれば 鎧岳 

雪が見えない

0101
9:18 登山口の表示は無く GPSで確認してくれる

ガレージの横から奥に道がある

0111

程なく神社 雪の上に 無数の杉枯れ葉 

雪の上でも 花粉症がそろそろヤバイ

0131
登りはじめて間が無いのに 踏み跡と共に 鹿の蹄 跡

そこから ずっと登山道を人の踏み跡と共に登り続けていきました。

0151_2
まずは、鎧岳を往復する。

0161
この山は 杉植林ばかり

 雪深い

0171
 稜線に乗って向きを変えたら頂上まであと少し  きれいな雪↑

10:40 鎧岳山頂 

0181
こんな看板も0191
再び 分岐まで下る

雪のせいかルートは 地図で見るようなの単純な登りではないな~

0201
逢坂峠から頂上までは 急登 

鹿は途中のとんでもない所から とんでもない斜面をコースアウトしたようでした。

0211_2

ロープが何本も 続く

何日も前の ふみ跡の主も 頂上まで行かずに引き返してしまったようで

先行するはちえもんさんの足跡のみとなる。

0231

兜岳山頂

雪のきついきつい登りでした。

~クマタワ~国見岳~住塚岳に行きたかったので先を急ぐ

ここから南へ 更に急な下り 確かにキツイ!!

雪 の下の 岩 木 危ない!!

雪が溶けて凍るような季節のそんな時間 に

大人数で 沢山の人が集中する日なんかに 

ここ下るの私だったら嫌だな~   無いか・・・・

0241_2

黙々と下ってしまい 気がつけば看板 

立ち止まって写真撮る余裕なくて・・・・・・

先を急いでいるのに怒られそうで・・・・

0301

真っ白な雪の林道に出る

0321
目無橋で思案

渓谷沿いの東海自然歩道をクマタワへ向かう道にも足跡無く時間かかりそう

住塚山にも行きたかったけれど

雪の深さも時間も読めず

日没までに行ききれそうな気もして迷う心が行きたい行きたいと自分に言うが下山開始

0331

轍跡も無く 

0351

途中から車の車輪あと 先に進めずバックで後退したもよう。

看板で振り返ると 兜↑

なだらかに見えるし傾斜あるように思えないけれど等高線詰まっているし 雪があったし

兜は侮ることなかれ・・・・楽しかった

0361
サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場は閉まっていて トイレも使用禁止

が見える。

全然雪無いみたいに見えるけれど 木のせいなのね

0381
13:05曽爾横輪バス停 エスケープしたものだから 中途半端な時間

まだまだバス来ない。0391_2
青蓮寺川沿いに歩く

0411

門僕神社側に 公衆トイレあり 綺麗にしてくれてある

そばの辻商店でタクシーTEL教えてもらってはちえもんさんが携帯で呼んでくれた。

買った山芋まんじゅうを食べる間もなく到着

車の所に送ってもらう1500円ほど

自転車回収14時30分

「お亀の湯」に入らず帰宅     明るい時間に家の湯につかる

|

« 山:朽木 経ヶ岳 | トップページ | 菰の景色の中 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/55099381

この記事へのトラックバック一覧です: 山:鎧岳と兜岳(奈良県):

« 山:朽木 経ヶ岳 | トップページ | 菰の景色の中 »