« ホンカンさん | トップページ | 山:鎧岳と兜岳(奈良県) »

山:朽木 経ヶ岳

2013年2月13日

京都府 経ヶ岳 雪の降る中 行って来ました。

湖西道路真野から途中越 敦賀街道を北上し

ナビが

滋賀県に入りました 京都府に入りました 滋賀県に入りましたと コロコロ話す。

ナビに導かれるまま針畑川に沿って走る。

2月14日から日本列島には猛烈に雪が降り積もったが

その前日のこの日も 谷の入り口に着く頃には 少し舞っていました。

0011_3朽木西小平良分校バス停を左に見つつ 進むと橋を渡り 

鬼子神社を通過して

除雪の雪だまりが高く積み上げられ奥が見えないが 平良谷出会の

右手にNTTの設備があるところの路肩少し広くなったところに駐車

0021除雪の雪の山を乗り越え振り返ったら 車も道も見えない↑

0031平良谷沿いの林道を奥へ 

すぐにかんじきを着けるがそれでも時折踏み抜く

0051
支尾根に取り付く為に植林斜面をよじ登り

0061尾根に上ると歩きやすくなった。

雪の為に景色も見えないし 天気良くても展望もなさそう

雪と格闘して愉しむ

0071
この日 唯一の個性のある木を通過

ずっとカッパの帽子もかぶり続けたが暑くも無く蒸れもせず

0081
風がない。太陽ない。

0101
踏み跡の上に雪が積もっている事はよくあるけれど

踏み固まったトレースが雪の下にあるような気がしない。

溶けて無いからふわふわ。

009
12:38  初めて 赤テープ見つける

もともと登山口の標識やテープ類があって単に雪で埋まっていたのか 

元々無いのか知らなくて登っていましたので

尾根に乗っても何も人工物が無かったので  この山は標識無いものと思っていた。

山頂に標識も無いな~ と思っていたから テープあったんだ~とささやかに嬉しかった。

13:20 朽木 経ヶ岳山頂0131
山頂に至っても 標識も無かったら 立ち止まって

GPSで確認しているはちえもんさんを振り返った足元に ひっそり見つける。

0171危ないところでした・・・・何処へ登ったか分からない写真しか撮れないところでしたhappy01

翌日の沢山の降雪でこのささやかな看板すら今は埋まって何もなくなっているでしょう~

0201
登山開始が9時だったせいもあり 下ることになった。

0211
14時下山途中 雪が止み遠くの景色が木の間から見える

0221
下りは楽で あっという間

急な傾斜の所で 尻制動も試してみたけれど 埋まって速度上らず あきらめる。

登りに何時間もかかったのに 下りは30分

0251林道を黙々と帰る

0261何かの屋根の雪を嬉しがって撮っては見たものの

14日のあとの屋根の雪が見てみたかったな~

0281
あっという間に橋まで戻ってきた

行きには気づかなかった橋の欄干が出ていた。

0291
2013年2月13日 9:00~朽木 経ヶ岳山頂13:20~14:51

0301
車の屋根が見えるでしょう↑

今年は雪が多いね~

|

« ホンカンさん | トップページ | 山:鎧岳と兜岳(奈良県) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/55068653

この記事へのトラックバック一覧です: 山:朽木 経ヶ岳:

« ホンカンさん | トップページ | 山:鎧岳と兜岳(奈良県) »