« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

人がみえると言う

占いとでもいいましょうが・・・・

人が見えると 言い当てる そんな人に会って来た。

聞きたいことも とりたてて無い。

私の人生は良いことも 悪いことも 私次第だと いつも思っている。

どんなことも 受け止めるしかないと思うし ・・・・・

そんなわたし論を その人にぶちまけそうで・・・・自分自身が怖い。

ノリで友と行くと約束して 2ヶ月前に予約の電話を入れた。

家のリホームで 土曜日も工事で  一週間更に遅らせた。

電話から2ヶ月も経ったものだから 熱はすっかり冷めた。

予約しなおす時 私の予約はキャンセルした。

そのお金で 友とランチしよう・・・・と思っていた。

友は忘れてしまったと思うが・・・・

高校の時 「私は迷った時 気が進まない時は 行かないことにしている。」

そう言った私に

 「約束した相手があるのだから・・・気が進まなかろうが行くのが人だ!」

と言って私の未熟さに呆れられた。いや、批難された記憶。

あれから30年

私も無駄に生きて来たんじゃない。

成長したんだと自分に言い聞かせて 行こう!と奮立った。

友が先で  私が後だった。

友が

 の方がやばいと言われているから 行っておいでよ」

と背中を押した。

何なのか?

健康か?仕事か?家族か?

決定的なことが思い浮かばない。

「伺いたいことが見当たらないんですけれど、

何かとんでもないことが起こっているのですか?」

「言ったら 気にすると思うから・・・・・」

「口が堅く 事を荒立てようとは思っていないんやね。」

「幸せなんやね。」

何だかがっかりした。

私を打ちのめすような衝撃を期待して身構えたが肩透かし。

私はMなんだと思った。

誉められた。

それでいいと言われた。

そう言いつつ 「一言多い」と言われた。 

ごもっとも、自覚ありま~す。coldsweats01

やっぱり聞きたいこと無かった。

  0021

知足

やっぱり 幸せだと思った。

世の中の憂いや困難に配慮もせず 脳天気な文章  面目ないconfident

帰りの車の中で 教師の友は言った。

の病院で 中学生 特殊支援学級 性教育の一環で関われないかと・・・・

無理だな~

話を職場に持って行ったとしても 

トップからの答えも 管理職からの返事も想像つく

だって、

助産学生・看護学生の実習すら引き受けない施設なんだから・・・・。

残念でならないが 本業に専念で精いっぱい。

残念なあと味

「特殊教育」という表現は障害のある児童生徒をきめ細かく指導するため、盲・ろう・養護学校や「特殊学級」で遣われてきた。                 こうした言葉遣いには、以前から「障害者への配慮を欠いている」などとする批判があり、自治体では、「特殊教育」の担当部署名を「養護教育係」などと変えたり、「特殊学級」を「ひまわり」などと呼んだりしてきた。しかし、法律については、「適切な言い換えが難しい」として見直しが進んでいなかった。ところが、近年、従来の特殊教育の対象に学習障害や注意欠陥・多動性障害などの児童生徒も加え、教育ニーズに応じた支援を行うという「特別支援教育」の考え方が広がった。このため、障害のある児童や生徒の教育を検討してきた中央教育審議会の特別委員会は「特別支援教育の理念を定着させるためにも、法律の用語を改める必要がある」と提唱。言い換え語の選定は文科省が行うが、「特殊」を「特別支援」に改める案などが考えられている。  文部科学省は同審議会の答申をまって、来年度にも法改正に乗り出す。 (2004年10月16日 読売新聞より)・・・・・・・・・・・・・・・どこかのHP引用

くしくも ・・・・・・・・・・・・・先日 見た映画

頭痛くなるほど 泣いた。

帰りの車の中でも 涙が止まらなかった。

愛情いっぽん (父:竹中直人さん)が くそー!くそー!と言った。

・・・・・・・・・・・・・ 「くちづけ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山 ⑩ ~藤白神社~海南駅~ 

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0851
みかんの花の香り満ち満ちて・・・5月

0821

藤白神社まで熊野古道 藤白坂を 下ってきた。

0921_2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊野古道の提灯

0941
 藤白王子

0951_2
静かで 綺麗

0961
歩いた稜線を振り返り見上げた。

0971_3
低い取り立てて何も無い 鏡石山と稜線 

クルッと回って そこが良かったな~

1001_2
住宅地を抜け JR紀勢線高架に出たら 北折して 

1011
海南駅まで歩く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ

1021
左 紀三井寺

1031_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山  ⑨藤白阪 の硯石  みかんの花も

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0731
硯石 どこにもありますね~

遺跡 「硯石」   蘇る徳川四百年の遺跡

熊野古道 伝承遺跡 「筆捨松」にちなみ紀州徳川初代藩主 頼宣公の命により後に自然の大石に硯の形を彫らせたと伝えられる。かつては「筆捨松の大木の根元にたっていたがこの硯石が昭和58年の水害で土砂と共に押し流されうつ伏せに埋もれていた。この度この場所で確認の上、掘り起こし復元する。

0741

・・・・・・・・・・・・・・・・・・重さ約10トン

0761
やっぱり 何といって無いけれど 何だか熊野古道はおもしろいと思う。

0771_2
このコース 登りでも 下りでも 季節がぴったりなのか・・・・・

オレンジフラワーの香りがずっとずっと鼻をくすぐる

 

0851_2
♪ みかんの花が咲いている 思い出の道 丘の道

 

   遥かに見える青い海 お船が遠く霞んでる

 

  ・

 

そんな一日 そんなコース

 

0841_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山  ⑧藤白坂  丁石地蔵

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

山に登り 下山は熊野古道 藤白坂を下った。

その藤白坂にも 丁石地蔵があった。

0871
全長上人 (和歌山県海南市名高 専念寺 第14世)が 

藤白坂の距離を明確にし 17体の丁石地蔵を置いた。

以後以来250年の間に 地蔵は谷に落ちたり地に埋もれたりして現存する4体だけになった。

その後 新しい地蔵を加えて17体が復元されている。

0721
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17丁 地蔵

0751_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13丁 地蔵

0801_2
。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何丁地蔵?

0811_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここは藤白坂

0831_2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三丁地蔵    どれだ?

0861_2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一丁地蔵

この一丁地蔵は当時(享保の初め頃)のものであり 

丁石としては全国的にも珍しく貴重な存在です。

で????どれのこと?

てきと~な  確かめもせず・・・・・。

17体も 全て撮らない 雑なもので・・・・・・。

沢山の花の奥なのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山  ⑦藤白坂 白いつゆ草

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0661_2
御所の芝は夕陽100選

0691熊野古道 藤白坂の始まり・・・・・・

0701
下山開始0711_3
k熊野古道 藤白王子へ 藤白坂を下る

0781_2
白いつゆ草が咲く

0791_2

梅雨の雨に濡れた 白い露草と 藤白坂はさぞ美しいだろうと

心の中で 雨の日 歩いてみた。

ほんとうは カラカラに晴れた日に 阪を降っているんだけれど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山  ⑥~藤白塔下王子・地蔵峰寺~御所の芝~

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0561_2
熊野古道に出た

0571
藤白塔下王子に向かって歩く0581_2

軒下には提灯

0591
寺の中に まん丸お顔のご本尊

 0601

公衆トイレもあります。

0611御参りする0671_3

0681
御所の芝は 景色いい

0621_3
和歌山県朝日夕陽100選

ここは、夕陽だね

0661眼下に 和歌山県海南市

0651_2

0641_3
霞んだ先に  和歌の浦 片男波 名草山  万葉集の舞台も見える。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山  ⑤~藤白王子分岐~




2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0431_3
大野城跡から道があるような無いような 山の中を強引に西に向かう

0441_3
送電線も何回もくぐるから 鉄塔も堪能できる

0451_3
霞んだ天気のせいで 写らないが海岸線と海と四国も見えるはずなんだが・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0461

藤白王子分岐

北へ下れば藤白神社

林道 山道 ここで交差する

さて 何処を通って 藤白峠に向かうか・・・・

①写真の舗装道路を西に向かうか

②山の中をあるような 無いような道を西に向かうか

③藤白神社に北へ直で降りるか0471

山の中を西進したいんだが あっち行ったり戻ったり こっち行ったり戻ったり

0481

上の写真3枚 同じような場所なんだけれど

その周辺をウロウロ15分 なんだかんだで 

12:50 表示なき山を西進することにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0491_2

0501_3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・↑・この木 好きだな~heart04

0521_2
可愛そうなこんな木もあったりして

明らかに人間の仕業  獣の爪あとでもなんでも無い 

樹液採ったとも思えない

0531_2
南を見ると紀伊の山々

0541_2

みかんの花が咲いている

特有な甘い香り

1日中 みかんの花の香りがした。

0551
あるような無いような 道を突っ切って歩く

何処が藤白山336.5mだったか分からない間に

遂に果樹園の私有地に侵入

さぞかしご迷惑なことをしてしまいました。

こうなるから

 藤白王子分岐から西の山中に道標が無く

藤白神社への下山道が整備され道に勧められている気がしたのは

そのせいなんだと感じた。

西に進みたいなら 舗装道路を歩くべきだったのかな・・・・。

0561
13:40 熊野古道に合流する    (藤白王子分岐より50分)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山 ④ 熊尾寺山~大野城跡~

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)

 JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0291
序盤 で 目的の山のピークを踏む

残すは 下山だが ここからが超楽しい

最後の下山道 が

 熊野古道 それも 藤白坂 有間皇子の墓が待っている。

歴史で知っている 

若い頃 読んだ里中真知子さんの 「天上の虹」  

話の主とは 全く違うんですが 記憶に残る その 様子

何だか懐かしい 

昔の友を・・・違うな~まるで恋人に逢いに行くような(行ったことも無いけれど)

 胸がキュンとなる 幸せ

いつか 行ってみたいと思っていた藤白阪

そこを下山道にできる贅沢

ここからが 私のメインイベント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0301
よそのHPで読んだりしたが 

確かに 標識が無いと分からないまま通過するだろう熊尾寺山

ぐるっと見回せば タラの棘棘の面白い景色

それに混じって ハデの木

0311
大野城跡に向けて歩く

いい感じの木の景色が続く  好きな感じ

0321_2

電波塔は 鉄塔と違いフェンスで囲われている。

 見通せば 海南 和歌浦が見える

こんな天気だし 霞んで見えにくい

0331
おおいぬのふぐりのでっかい版 って感じ↓0341・・・・・・・・・・・・・・・・・・たつなみ草

5月 花が沢山咲き いちいち撮らないけれど 華やかな季節

絶えることなく 花が続く

覚える気も無い私が この花名をここに書けたのは 

繰り返し 教えてくれた人が居たから

0351
波がたつ そんな様に似ているから たつなみ草

波波草  なみ~~~~ すぐ忘れて 波を連発する

その都度 波が立つ・・・・・1日に2回3回 繰り返し ようやく覚えた忘れない

0371_3
あっさり 大野城跡  に出る

0361_2
お弁当を食べる のんびり休憩

0381
大野城跡までは すんなり

大野城跡から西に下る 「日限寺」への看板 

0391_2

左に進み 

ソコから さりげなく ルートを 考えつつ歩かなくてはいけなくなる0401
稜線を進み続けるんだが表示と踏み跡が少ない0411いい道だったり ぜんぜん分からなかったり

頭で右往左往する それが楽しい

0421

たえず右に 町の喧騒が耳に入る

昼12時 ♪恋は水色  海南の町に流れる  その選曲は何故??

0431_2
阪和高速道路

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山 ③ 別所越え~雨の森~山頂~

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)行って来た。

JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

こっての滝から進むと  ↓ 右 雨の森 左 別所越え  

0121_3
分岐で左 別所越ルートに入ると しばらく 鬱蒼としている

0131_2
すぐ 歩きやすい 別所越え

0141_4
峠というにはなだらかな 別所越 

0151_7
ると 道路に出る  道を登れば 雨の森 展望台に行く

標識に導かれて 雨の森 陶芸教室 の方へ

そこから 40分で鏡石山頂と聞く

0161_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野城主の墓 を通り

0171
 熊尾寺山~ 鯛の峰 を通らないコースを来た。

←この道を尾根に上っていくと

扱沢越 

(雨の森~熊尾寺山~鯛のみね~鏡石山の道)に

上る分岐

更に進むこと4分

0181
見逃して直進しそうな 分岐 を 右に上っていく

丹さんが2万5千の地図をずっと手に持ち 見る

私のざっくりしたネットのコピー地図とは違い地図を見るのが楽しそう

0191_2

鉄塔の下をくぐり 下からの道と合流 右へ上っていくと 間もなく頂上

休憩もしいしい  雨の森の道路から1時間

555m 鏡石山

 

0201
山頂は広いが 5月は青葉で展望効かない0241

木々の間から 見えそうだが天気も微妙で見通せず

 

0231_2
うつぎの花が咲いて 蜂がぶんぶん飛ぶ

 

0211山頂から来た道を戻ったが 北へ直で降りる道を行けば良かったな~

 

0251_3再び戻って  来た道は直進だが 

左へ進み尾根にゆるゆる乗る

 

0261_2扱沢越 の道に合流

 

0271_3
鯛ノ峰  
544m

 

0281_2送電線をくぐる

西に 棚田   0291

大野城跡~藤白峠までの稜線歩きが始まる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山 ② 登山口~こっての滝~

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)行って来た。

JR海南駅7:13~別所越え~雨の森~鏡石山9:54

~熊尾寺山10:35~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社14:44~JR海南駅15:00

0051


JR海南駅から 禅林寺(海南市)まで歩いてきた。(昨日UP済み)

寺の前をそのまま更に進むと 山の中へ 入っていく

0061_2


ただただ素直に ちょネットで見た登山口の看板

0071


途中会った地元の方が

 「お滝さん」と言っていた 牝牛(こって)の滝

0081
登山道から撮っただけでは 「こんな滝か~」の感想ですが

0111_2
この谷川にはいくつかの滝があり そのうちこの滝が最も親しまれています。金屋越えの道筋にあって落下する水の姿の美しさと清冷な水が道行く人々の格好の休息場所でした。牡牛の滝と名づけられたのは 滝のかたわらに牛に似た岩があるからだと言われています。 この滝水は幡川へ流れ込み大野中日方川へ合流しています。

0091
牛に似た岩を捜して 奥に入ってみたが良く分からない0101_4
ぷっくりした 石像 

「牛じゃなかった。」

捜すのあきらめた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供の頃 父に 「こって牛」 とよく言われた。

意味は 頑固で強情という意味に理解していた。

牛は気が向かないと 押しても引いても動かない・・・と説明受けた気がする。

方言なのか?    こって牛

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:鏡石山 (和歌山県海南市) ① アプローチ

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

鏡石山 555m (和歌山県海南市)行って来た。

JR海南駅~別所越え~雨の森~鏡石山

~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

0031
JR西日本 海南駅 駅裏には 1日500円のコインパーキングもある。

駅舎を突っ切り 西口から出てまっすぐ 西に歩き続ける。

0041

廃線になった野上電鉄 

和歌山県海南市の日方駅から海草郡野上町(現在の紀美野町)の登山口駅までを結ぶ鉄道路線であった 野上線

線路跡の遊歩道

平日早朝 自転車登校の学生達とすれ違う。

ずっと歩き続けると 

阪和高速道路 をくぐる所で 大きな表示あり 国道370号線を渡り

ガソリンスタンド と ローソン海南東インター店の角を南に向かうと 

住宅の間を道なりに進み続ける

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0051綺麗な水が流れる幡川 沿いを歩く

海南駅から25分  白塀と瓦屋根の禅林寺(海南市)が見えて来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木屋敷

2013年 5月21日 火曜日  天気 晴れ

山を歩いてきた。

和歌山県海南市

JR海南駅~鏡石山~熊尾寺山~藤白山~熊野古道 藤白坂~藤白神社~JR海南駅

山の記事はおいおい書くとして

下山地の   藤白神社(和歌山県海南市)に 鈴木屋敷がある。

0981
全国の鈴木姓のルーツ

平安時代に、熊野から藤白の地に移り住み、

ここを拠点として、全国に3300ある熊野神社を建立し、熊野信仰をひろめた。 

0901_2
鈴木サミット 

2013年5月20日と21日

 海南市で  第7回鈴木サミットがある。

全国の鈴木さんが集まるらしい。

鈴木フォーラムに スズキ自動車社長兼会長 鈴木 修氏の講演があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新生児の帽子

分娩直後の赤ちゃん

「お風呂にいつ入るのですか?」

と カンガルーケアー中に質問してくれる ご家族がいますが

最近では 生れてすぐの赤ちゃんは体温調節が未熟

体温が安定するまで 沐浴は昔みたいに入らないのよ。

羊水や血液は乾いた布で拭き取るのみ。

体重を測ったりも お母さんと早期接触が十分にして

呼吸・体温が安定してからになります。

濡れた髪や頭は 羊水を拭き取りますが それでも気化熱が奪われ

カンガルーケアー中でも 体温が下がります。

下がらないように 生れてすぐに 帽子をかぶります。

可愛いの~happy01heart04

011

新生児の帽子

もうちょっとで我が家に生れ来る赤ちゃんにも 被せる日が 楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌が届く「石孫味噌」

カタログギフトをだーさんが貰ってきた。

それを くれると言う。

何にしようかとカタログのページをグルグル何周もしたが

 欲しいものがひらめかない。

005
無くなるものがいいよね。

みんなが食べられるものがいいよね。

で、結局 味噌。

石孫味噌  秋田県湯沢市

プラスチックの樽に入っている。

いい香りが部屋いっぱいに 充満する。

幸せの香りheart04

006_2

知らない町の初めての味噌

こんなことでも無ければ 口に知ることも無かった味噌

豊かな時代のプチ贅沢

悪くないかもカタログギフトhappy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15の香揃え

伊勢 おかげ横丁 お土産を貰った。

008_215の香揃え

        木の芽   伊勢の香り  伊勢茶

        若竹色    神宮林おがたまの木

        山吹色    伊勢のかほり 夫婦岩

        薄紫色    伊勢の香 都忘れ

        薄桃色    伊勢の香 さくら小町

        桃色     伊勢の香 五十鈴川 はな

        みず色   伊勢の香 みず

        若草色   伊勢の香 五十鈴川 かぜ

        空色     神路山 野生鉄仙

        黄金色    伊勢の香 金木犀

        ばら色    神宮ばら園のばら

        桜色     伊勢のかほり 神宮神苑の桜

        るり色    伊勢の香 まりんまりん

        濃緑色   伊勢のかほり  五十鈴川

        紅色    伊勢のかほり  神宮舞姫

  紅色に火をつけてみた・・・・相当強い香りですな~      

009
明日香  長野県塩尻市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各地で作られているんだね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀州産南高梅 三ツ矢梅

だからどうした・・・って感じの話なんだが・・・・

002
お風呂と洗面所をプチリホームしてもらっている。

業者の人々が 入れ替わり立ち代り 来てくれて

水を止めたり 電気工事をしたり 大工さんが来たり

興味しんしんウロウロ のぞき込んで見たいが 邪魔者以外の何者でも無いと我慢する。

危ないよ!!あっち行ってなさい!!と叱られる子供状態になりそうだから

一歩も声かけられるまで部屋から顔出さない

9時半過ぎたら・・・・14時半過ぎたら・・・ そわそわし始め 

冷蔵庫から冷えたペットボトルを出す

何がいいか分からないので ご覧の通り がさ~っと

お好きな時にお好きなだけどうぞ・・・・・・

傾向と対策が分からない。

残ったのが写真の面々↓

001

三年寝太郎がそれを見て、

「午後の紅茶」や「ジャスミンティー」は女子好み。

(男性たちは)飲まないだろう・・・・。

「熊野古道水」はきっと誰も取らないだろう。

何でサイダーやコーラは無いのか???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デ:  だって、好きじゃないもん・・・・・・

三年寝太郎・・・・あんぐりする

デ: とっておきheart01 これどうよ・・・・

紀州産南校梅 三ツ矢梅

003

三年寝太郎:  それは、絶対 誰も飲まないと思うな~!!!

残ったら私が飲むのを楽しみにしているの!!!

最終日まで誰も選びませんように・・・・・heart04sunhappy01

毎日ラインナップを更新する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野本葛柿餅

大台ケ原に登ったとっとこ太郎のお姑さんが

お土産をくれた。

吉野本葛柿餅

001
山に再三 出かけていくが 買ったこと無かったな~と

新鮮な感激

上品な美味しさ。

見た目は生食帆立貝って感じ

002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶でてんパル

0011


いつの頃だったろう・・・・ネズミが走った。

何が効を奏したのか 駆除業者のお世話にならない間に居なくなった。

しかし、進入路はたった一つ・・・・・お風呂の追い炊き口・・・

どう見てもこんなところから???と物理的に不可能に思えるがソコしかない。

ご近所さんは建て替え。

それもありか・・・・とも思ったが・・・いつ地震や津波来るかもしれない・・・

この家を大事に住み続ける事になった。

間もなく田植えに向けて 田に水が入る。

その頃が再びネズミ進入の機会が増す。

それまでにリフォームお願いした。

0021
いよいよ今日から月曜日まで・・・。

はじめて見た 風呂場の壁の裏

建ててる時は、すべてだーさんに任せて1回も見に来たことがなかった。

近所の神主さんに来てもらって地鎮祭し棟上した時に参加して

次に来たのは引渡しの時だけだった。

ものぐさなもので・・・・・・。

阪神淡路大震災前に建った家には 筋交いは入っていないと 思っていた。

あれは筋交いだよね。

金具でちゃんと留められている。

山中大工さんのお陰なのか 頼んだ会社がちゃんとしてくれていたのか。

風呂の色とかクロスの色とか・・・・そんな事より

デの関心事は・・・・・

何時に出すの?何を出すの?どんだけ出すの?

いやはや・・・・お茶のこと。

誰かに聞くべきか・・・・と思ったが ネットで検索

「リホーム お茶 お菓子」

便利な時代だね・・・・・・

ちゃ~んと書いてくれている。

でも、飲み物何がいいかわからない。

何人お招きするの・・・というほどの色とりどりのペットボトルを選び並べて出した。

缶がいいかなと思い  微糖・加糖・無糖コーヒーまで並べてみた。

ミニドーナツとお手拭とすらっと取り揃えた飲み物を高椅子に置き

いい時に ご自由に飲んでくださいと言ってみた。

ミッション完了

0031
休憩されている間に 入り込んで眺める

物が無いと意外と広いのね。

明日も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんぱん

あんこがいっぱい詰まったあんぱん

007
和歌山県和歌山市

006

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アーベン

教えてもらって わざわざ買いに行った。

005
アンパンだというのに   パンが少ない。

アンコだらけ・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじが不漁と聞く

釣りの旅に出かけた 博父が早々と帰宅したと聞いた。

烏賊を釣る。

烏賊の餌は鯵。

今年はその鯵が取れないそうです。

自分で釣ってみても と思うが やはり鯵が釣れない。

毎年なら100円程度の生きた鯵も 少ないから200円近い値段するそうで

やめて帰って来たそうです。

死んだ鯵が餌でも釣れるそうだが 食用の鯵ですら 少ないので高いと聞く。

何のまえぶれか?

少し不安 相当怖い。194

小鯵の南蛮漬け食べたいなあ~

頭から丸かじり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デナリの母の日 雲山峰2013

 「何歳??」と聞くと 「誕生日で75歳」を力説する真知母

今年の母の日 プレゼント山歩き・・・・は、大阪府泉南市

0011
雲山峰へ歩きます。

JR西日本 山中渓駅 踏み切りそばの駐車場に車を預ける。

駐車代金は1日500円(17:00まで)

0031_2
歩き通せるかな~と思ったが余裕で全コース歩けました。

0041久しぶりに来ると 関西国際空港が見える展望所

木製のひな壇ができていた。

0061山に白い花

0081_3
南の山々

0091
同じ頃 同じように登り始めたご家族と 前後して ボチボチ登る。

0101_2
泉南の町が見える

0111
ストックを忘れたが 登山口辺りでひらった木の杖で ダブルストックで快調

0121_2
普段山に登らない高齢者でも 雲山峰は意外と行けるな~

0141_2
つつじは旬

0151_3


和歌山県和歌山市 紀ノ川が眼下に見える山の上の広場でおにぎりを食べる。

外国人の男性が山頂で休憩されていた。

こんにちは・・・と声かけた。

こんにちは・・・と返してくれたので 嬉しくなって

どちらから来られましたかと・・・・日本語で話しかけたら

話せないと言ってくれた。

どちらから?

旅行です?かと聞きたかったが

察したその方は ドイツ人だと話される。

ドイツと聞いてますます舞い上がる・・・・デ

奈良県橿原市から来られたらしい。

たった一人でこんな山にどうやって来たのか?ツアーですかと聞きたかった。

伝わったのか?

ネットで調べてこられたそうです。

和歌山方面に下山されました。

はやっぱり サッパリです。

0171

後姿を追いながら 元気で長生きしてくださいと 念を送る。

0191_2
JR紀伊駅方面 へ下山する

0201_3
JR紀伊駅~JR山中渓駅 

0211_3


 一駅.電車で戻る 170円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年 75歳母の日は高御位山に行こう!!!いや。富士山か?

健康で 元気でいてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都:夜の嵐山 桂川

0401_2


夜の嵐山公園

0371

渡月橋はライトUPされていて0381


水面に映って 綺麗です。

0361
自転車でも大阪から走ってきたっけ

0391

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都: 嵐山に泊まる 「花伝抄」

0211京都 嵐山へ戻った。

0221

渡月橋を渡り 歩いていく。

0261
阪急 嵐山駅

0271_2
駅前の「花伝抄」

0281_2
歩き疲れて ホッとする。

嵐山にも何度も何度も来たことあるが 宿泊は初めて。

0291夕方になる頃 雨が降って 明日は台風が向かってくる

0301_2
どんどん 運んできてくれる

0321_2飲む飲む 食べる食べる

0341_2浴衣を着て  下駄履いて  傘さして 夜の公園を散歩した。

0351_2いや~ 恋人同士ならいいのにね~

0431

お部屋には鉄瓶 0441_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都:ちりめん細工館

0191


嵐山まで戻ってきたら さすがに人・・・・・・

0201
思わず入ってみたくなる感じ・・・・

嵐山ちりめん細工館

0024人 おばちゃんたちも お揃いで買う

可愛い。

モビール好きな・・・・

綺麗な物好きな・・・・・

小さい物好きな・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都:嵯峨野の宮神社でおみくじひく

嵯峨 野の宮神社

0131宮をお参りして引き返した。

0141おみくじひく。

見たら絶対ひく。

0151

籠の中にいた小鳥が放されて自由に飛び歩く様に苦しみを逃れて楽しみの多い身となる運です。

世の為め人のために尽くしなさい。

幸福まして名も上ります。

0161


祈りをこめてなでると願いがかないます。

0171

撫でただろう・・・

昨年秋に何を願ったのか思い出せないけれど・・・自分のことじゃないのは確か。

0181

0121_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都:京都で遊ぶ

今度  とっても人のことが分かる占いさんを訪ねて友と出かけることになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうだ、秋に京都へ行ったこと思い出した。

9月29日

0041
昨秋 その友たちと 台風の最中・・・・直撃の直前日だったが・・京都に1泊旅に出た。

さすが京都です・・・・そんな日でも嵐山に観光客

0061_3
その日 猿は見かけなかったな~

0071
竹の道  

 ちはやふる  

全然 にはできるとは思えない小倉百人一首殿堂館 「時雨殿」

0081_2

 先は 保津峡か

0091
ただただ ぶら~っと歩く

0101_2竹の景色をみな写真に撮る

何を話す訳でもないが プラプラ歩く。

気づかうこともなく ゆっくり時間が流れるそんな日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都:「鴨、京都へ行く」

ドラマ「鴨、京都へ行く」

松下奈緒さん好きだから 見ています。

0111

画面でチョロっと映った旅館の玄関先

すぐ分った。

・・・・・・・・・・・・・・京都 晴鴨楼・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この旅館に泊まったことある~」と またまたテレビに向かって話しかける。  

何十年前に チェックアウトする時に貰ったスタンプカード。

金と銀 ?  灰色と茶色?  だったか・・・・

 つい先日まで ポイントカードの面々と一緒にして束ねてあったのに

このまえ整理して捨てたばかりだった。

千鳥のキャラクターだと思ったいたが 鴨だったのか?

まあ!!悔しい~

確かめたくて捜したが やっぱり無かった。捨てちまっていた。

高校の時から毎年 旅行に行く。

なかなか遠出できなかった子育て世代の頃・・・・私達の子供たちはどうしたんだろう?

思い出せないが 

近場に行こうと・・・・余裕で日帰りできる京都へ出かけた。

上げ膳 据え膳 素敵なお宿でした。

加茂川から一本入った通りだった。

同じ並びの 漬物屋さんでスグキの漬物買ったっけ。

湯豆腐屋さんで 生湯葉を豆乳すくって作って食べたり

京友禅の体験したっけ・・・・・・・あのふくさ・・・どこかにあるな~

旅館のドラマは いつもそんな感じ

舞台裏は とってもたいへんなんだな~

全然 ドラマのストーリーと関係ないコトを書いてみた・・・・・・私と晴鴨桜

0051

自分は写るの要らないと言いつつ・・・・友S・・・・UPしてごめん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線香: ④ 花琳 「渡月」

淡路島へ行った時  お香作った。

お土産に線香買った。

たくさんありすぎて どれにしようか選ぶのも楽しかった。

嗅ぎすぎて くらくら来た。

神戸 薫寿堂 花琳 渡月

そらだきのいとけぶたう薫りて 衣の音なひ いと華やかに ふるまいなして

                                    ー源氏物語ー

沈丁花の香りらしい

線香は モスグリーン

どうやら好みらしい・・・無意識に選ぶのはいつも沈丁花

003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線香: ③ 「香樹林」

004
多分 この線香が 今のところデナリ NO1

正和堂   「香樹林」  大阪府

初めは 数本だけ入ったお試し小箱を他の線香を買った時に貰った。

その時に この香りは好きだと思った。

線香はレンガ色

だから大箱買った。

なかなか無くならないのよね。

INCENSE STICK

線香STICK じゃないのね・・・そりゃそうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・heart01

もっと、楽しみな香りが欲しい~。

遂に 線香の銘柄 までUPし始めました。

どれだけカテゴリーを増やせば気がすむのか・・・・

それは随分前にもUPしていました。

紀三井寺(和歌山県和歌山市)

    ① 福桜香 http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_b08c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶:ゴーヤ茶

001
石垣の甥は小学校に入学した。

可愛い写真と 楽しい絵と ゴーヤ茶が 届いた。

このお茶パック飲んだことあった。

食べたゴーヤの苦味はなく ぎょっとする様なインパクトはない。

美味しいから飲んでみてんsign03

////////////////////////////////////////////////////

そう言えば 昔 このお茶を バラで貰ったことあったな。

デナリ1 で  お茶を UPしていた。

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat3158769/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 桐

0061

2013年 4月29日

今年の桐の花は満開です。

0031
強い風が吹いて ポロンポロンと 花が地面に落ちた。

0041_2
それは まるで 椿か 躑躅か 藤の花か・・・・ 

0051_2
今年も 大きな桐の木に花は満開です。

0071

少し離れると 綺麗

0081_2
も少し離れると なお綺麗

0091_2
子供の頃から好きだった  この季節の藤色  

0101_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »