« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

山:春日奥山 滝坂の道 柳生街道 ④石きり峠下る

2013年1月19日 春日奥山 滝坂の道 柳生街道 を歩いた。

0491滝坂の道から 峠の茶屋 石きり峠を下って誓多林

首切り地蔵にもあったが ここにもトイレあった。

東海自然歩道 要所にトイレが整備されている0501

池は凍っていた。

0541

天気は良く 早朝から歩いた訳ではないから 気温は上がっていたが

5日前に積って融け残った雪は 景色を変えてくれて嬉しかった。

0511_2
茶の上にも雪

0521_3
田も真っ白

0531
小豆や唐辛子や干し柿を軒先で売っていた。

買いたかったが 小銭が無い・・・・我慢した。

0551_2


調子に乗って直進してはいけません標識↑で左

「峠から緩やかな坂道を下り家並みを抜け 三叉路を左へ林の中を行く」

0561

0571
気温が下がる土地なんですね

0581
寂しい道    進む

0591_2
頻繁にある訳ではないが 標識があって 迷うことは無い

0601こんな道だと「何処かで標識見落としたか?」と思ったりするが進む

0611_2だーさんは トレッツキングシューズ 私はゴアのトレランシューズ

足元は大丈夫だが 深深冷える

0621_2
柳生の道 くのいち 気分と はしゃいでいたが靴をはいてもこの寒さ 

「子供の頃はしもやけによくなったから 昔に生れても足袋やぞうりでは走れません」

0631
子供の頃 再放送で「赤影」見ていた話

彼は 伊賀の忍者で 柳生とちょっと方面違うとか・・・・

0641_2
まだまだ 「円成寺 柳生」の標識に導かれて歩く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:春日奥山 滝坂の道 柳生街道 ③峠の茶屋で甘酒

春日奥山 滝坂の道 柳生街道 

0371_2
首切り地蔵はスルーして進む

0381奈良奥山ドライブウェイへ出た。

0391雪と土の道を進む

0401
この道路は有料ですの看板

0411
峠茶屋へ・・・・・

0421

突然 峠の茶屋

0431_2
2013年1月14日に 寒波  奈良の町では雨が降った。

この界隈は 雪が降った。

5日経ったが雪が積もった。

0441_2

休憩していた先行の二人を見送っていた茶店の男性に呼び止められた。

0461ストーブ点いた茶店内に勧めてくれたが 甘酒 400円 軒先の縁台で 頂いた。

0471
初めの一口は 重湯のうわずみ?

飲むうちに だんだん甘みを感じてくる

麹から作る手作り甘酒 砂糖は一切使っていないそうです。

温まって 昔を思って 雪の峠の茶屋は素敵でした。0481_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:春日奥山 滝坂の道 柳生街道 ② 滝坂の道

0151

2012年1月19日(土) 晴れ

春日奥山 滝坂の道~柳生街道~笠置山

0161
住宅地も抜けて  いつしか石畳

0171
誰のもいない冬の滝坂の道

0181_2
柳生の里をめざし 剣豪達が歩いたのだと思うと ワクワクする。

0191_2
気温が上がって新緑や 紅葉も素敵だろうけれど 

地のままの 寒い外歩きが好きです。

0201_2
1月14日に各地で雪が降った。

0211
5日経ったこの日は随分冬型が緩んでおりました。

0221
さすが奈良いい感じの木がいっぱい。

0231
雪が出てきた。

夕日観音

0241_2

0251_3

0251_4
少し離れているからお顔はよく見えませんが・・・・・

0261高い木の上から氷の塊がパラパラ落ちてきた。

0271
ちょっと不思議なこんな木も

0281

橋の上は凍っている

0291
木の上にも積もっている

5日経っても解けずに残っている0301少し残っているだけかと思ったが進めば進むだけ増えてきた。

0311_2

0321_2

0331
0341

0361
首切り地蔵は トイレがあって東屋もあって 男性二人が休憩していた。

切れた地蔵は撮っていない。
バス降りて モタモタしても 1時間

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山:春日奥山 滝坂の道 柳生街道  ① アプローチ

2012年1月19日(土) 晴れ

春日奥山 滝坂の道~柳生街道~笠置山

0021

笠置駅(京都府)=奈良駅(奈良県)=滝坂の道~柳生~笠置山~笠置

歩いて来ました。

山というには少々物足りませんが 

20歳の頃から いつか歩きたいと思っていた柳生街道。

笠置駅から電車で加茂駅まで更に大和環状線で2駅 JR奈良駅

9:21発・・・・・・・・・9:38発・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・320円

奈良駅前から市内循環の可愛いバスに乗り 破石(わりいし)バス停

10:00発・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

200円先払いでバスに乗る

0031
近鉄奈良駅=春日大社も過ぎて間もなく降りる

0041
破石バス停 で降りて少し戻り 「新薬師寺」へ導かれるままに 交差点を西に折れる  

0051

実は 曲がり角 1つ間違って 志賀直哉旧居 を通る細道を歩いた。

はじめっから 滝坂の道をきちっと調べていけばよかった。

いや、ちゃんと調べてプリントアウトして行ってたから・・・

適当に歩かずに 途中で資料を見ればよかっただけのこと。

そんな感じでもいつしか 道にいた人に聞きつつ

0061
まっすぐ まっすぐ 坂道を上っていく

0071
結構 歩いていくから 途中これで良いのかと 聞きたくなる。

0081
突き当たり 曲がると学校で この標識で左へ

0091_2
さらに どんどん進む

0111_2
こんな看板で 安心する

0121_2
スルーッと 山道に入っていく

0131_2

0141_3
滝坂の道 は  枯れ葉を踏みしめ 昔を思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山  ⑬洲本温泉

1581


諭鶴羽山から降りた。

洲本温泉に入った

1571

窓から見える洲本の海と夕焼け

対岸は霞んで見えない。

朝は早起きしないでダラダラノンビリ起き また温泉入る

1591_2
いいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山  ⑫ 下山後の夕陽

昼に灘黒岩バス停に着いた。

1541それから 諭鶴羽山へ往復 そして灘黒岩水仙郷に寄ったら陽が沈もうとしていた。

振り返ると真すぐな道

1551
1台も車は走ってこない。

後続車も無し

1561


洲本温泉に向けて 南あわじ水仙ロードを海沿いの道を北上する。

ここでも 日が沈みつくすまで居たかったな~

諭鶴羽はいと美し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子健康手帳:67 愛知県岡崎市 2013年

1661
愛知県岡崎市の母子健康手帳 2013

岡崎市から里帰りのママの母子健康手帳

母子健康手帳もかずかずあれども もっとも優しい印象を受ける。

みんな違ってみんないい。

ホワットした印象だったので 紗をかけて見ましたら 

とんでもなくボケボケの写真になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ENGRS WING 天使の羽・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ⑪おまけ 灘黒岩水仙郷つづき

1521
1191

1211
灘黒岩バス停方面が見える

1231兵庫県淡路島 諭鶴羽山を歩いた帰りに寄りましたが

決して登りや下りで寄れるものではありません。

1241
車で5分ほどで移動

1251
駐車場を見下ろすが北の斜面はまだまだ咲いていませんでした。

2週間経ったから今頃はきっと花は増えていることでしょう。1261
根の浅い 水仙の斜面は土が流れ出し 崩れたりしないのか・・・・なあ

12711291
入園は17時まで・・・・・

15時50分 駆け込むが 十分でした。

1341
夕陽待ち 少し粘ってみるが さほど広くも無く1351

山のかえりで用意なかったが 1371

もっと防寒して 温かい飲み物を持参して

もっと滞在したいものです。1381_3
入園した時は ほかにも2組いましたが そのうち誰もいなくなった。

1391_2入園料は500円 駐車場は無料でした。

1401_2
斜面を下り始めると 

それまでお日様に向かって 私達に背を向けていた水仙の花の正面に回った。

1411_2

夕飯の時間までに洲本温泉にチェックインしないと駄目だし

山越えして運転も心配だし

完全に沈むのを待つのはあきらめた。

1431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山  ⑩おまけ  山の帰り 黒岩水仙郷

1281


2013年1月11日

諭鶴羽山から下山

灘黒岩バス停から北へ4キロ 車であっという間の灘黒岩水仙郷に寄った。

1051
海から駐車場に登って行く

1061
車を置いて更に階段を上っていく

北の斜面の階段沿いはまだまだ咲いていない。

1071
見下ろしても 咲いていなかった。

今年は2月初旬が見頃と聞く

1081_2
入園は午後五時までだった。

1091_2
夕陽があたる。

1101_2
階段をのぼり 南向きの斜面に近くなると 甘い香りがしてチラホラ咲き始めた。

1121_2
海に向かって真っ逆さま 

1131_2
日に向かうものだからほとんどが背を向けて

1141

1151_2

1161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ビブリア古書堂の事件手帖」

先日 柳生街道(奈良県) 歩いて笠置山まで 来ました。

冬の春日大社から柳生の里を通り笠置まで歩いて来ました。

20歳の頃からいつか歩きたかったこのコース

最後の笠置山 岩壁の仏さまはずっと見たいと思い続けていました。

道中 いくつもの峠を越える。

その時 鎌倉切り通し そうそう鎌倉行ったな~と思い出した。 

無理やり引っ張って

        以下の話題  bleahてへ

1401

「ビブリア古書堂の事件手帖」 ドラマ始まりましたね。happy01heart04

北鎌倉 いや~   昨年歩いたばかりだから記憶に新しい。

本は 音楽と同じで 読んだ私の人生のその時々のいろいろがオーバーラップする。

そうだそうだconfident

原作が男性で 驚く。

事件がおどろおどろしくなくて疲れないhappy01◎楽しみ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

淡路まだまだ書きたいことあるのに寄り道ばかり・・・・・・happy01heart04

楽しみなこと 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山: 諭鶴羽山  ⑨諭鶴羽神社 表参道を下る

0911
2013年1月11日

 灘黒岩バス停諭鶴羽神社表参道諭鶴羽山 往復

0691_2


山頂は風が冷たかった。

少し下って日向でお弁当を食べ 神社で御参りして下山

0921落ち葉を踏みしめ穏やかに下る

午後の木漏れ日 陽が傾く

0931
杉の植林が無い この山は素敵happy01heart04

0941
下りは更に短い。

0951
紀伊水道から対岸は和歌山

0961
神社の諭鶴羽古道入り口から 下ること30分で 古道入り口看板

0971
↑ゲートで鹿     電線のこれ↓で がいるんだなと分かった。

09810991うちにも茫茫と生えているこんな強い植物も大事にされている。

周りの畑では いろんなものを作ってるみたい。

なるほど だから 野生動物と共に生きるため里の暮らしに必要だったんだ。

1001_3


県道の向こうに海が見えてきた。

1011

1021
振り返ると 鳥居の向こうに 諭鶴羽山頂が見える。

1031
古道入り口看板から更に10分で灘黒岩バス停

1041_2

ほ~ぉ!!!lovely 淡路島最高峰だったんだ~諭鶴羽山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ⑧諭鶴羽神社

0641


2012年1月11日(金)

兵庫県淡路島  諭鶴羽山 諭鶴羽古道 表参道 往復歩いて来ました。

諭鶴羽神社

0621_2
///////////////////////////諭鶴羽神社

0631
鳥居の近くに二町目石

0661_2
トイレ 駐車場綺麗に整備されている。

0671_2
お正月明けて間もないから その余韻

0681_2

お参りさせていただいた。

0871修験者の如く山を駆け抜けるつわもの達の勇姿はさぞ素敵でしょう~

0881


山を駆け上り駆け下るの好きだけれど

長く登り続けたいので故障をさせないように 大事に自重している。

私のお願いは ずっと山に行けますように・・・・ずっと仕事続けられますように・・・

その前に 安産で母児とも無事に・・・・ 良縁成就・・・・

0901


家内安全も お願いしてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中ですが・・・

1421


ちょっと 遊びすぎています。

今日  また 山に行くので UPする時間が無いのですが

ちょっと 先週行った 兵庫県 淡路島 灘黒岩水仙郷の水仙の写真でも・・・1281

昼に登山口について 諭鶴羽山往復して 夕刻に行ったので1361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ⑦山頂

2013年1月11日(金)快晴

兵庫県 淡路島 諭鶴羽山 行って来ました。

0791
灘黒岩バス停から諭鶴羽神社 表参道を頂上まで

初めから登山口を求めて 登る道を間違えたため少し時間を食いましたが

神社でトイレもして そんなこんなで1時間45分

0801_3
頂上は広くて明るくて 気持ちいい。

風が通る

東屋があった。

丁度 日陰で寒すぎたので登らずにこんな日だと日向の方が暖かいね。

0841_2パノラマ撮るのに手こずっていたら 裏参道から手ぶらの若い2人が登って来た。

往復するのに この二人意外は誰にも会わなかった。

贅沢な気分

0821_2
山頂で 海の景色は素敵です。



0801_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ⑥諭鶴羽山 諭鶴羽神社~山頂

2013年1月11日(金) 晴天

兵庫県 淡路島 諭鶴羽古道 表参道を 灘黒岩バス停から 往復しました。

昨日の表参道に続いて 神社を通過

0621
此処まで車で上がって来られる。

駐車j場も広くて綺麗。

0691_2

それにしても 

いい感じの古道を歩かない手は無いね。

表参道往復した感想

此処はゆっくり昔に思いを馳せて

登りに使うのがお勧めだhappy01


0701

0711_3
椿なのか山茶花なのか 

0721_2
木漏れ日の中 のんびり歩く

0731_2

0741_2/0751_3/木の間から鮮やかな海が見える。

0761_2
/

0771_3
頂上がポッカリ見えた。

0781_2神社から10分で 頂上へ着いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
灘黒岩バス停~表参道~裏参道~諭鶴羽ダム を通して歩けば完璧なんだけれど

●灘黒岩水仙郷 

●洲本温泉に入って美味しいものを食べる

●御香つくり体験

●北淡震災記念公園 行って 野島断層を見学

何とも欲深い旅の 途中でしたので 都合上 表参道往復にとどめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ⑤ 諭鶴羽古道 表参道 丁石地蔵

0121_2


2013年1月11日 

灘黒岩バス停~諭鶴羽神社表参道~諭鶴羽山 

往復 行って来ました。

鳥居を見がら直進

正面に山頂の電波塔を見ながら

アスファルトの坂を登って行く。

0201道沿いの民家の軒先に

丁石地蔵

 

 

 

 

 

 

0211_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・標識なかなか無いけれどこれでOK

0231カーブの突き当たり左に 入り口

0221_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そこからもしばらく コンクリートの道

0241_2

2つ目丁石地蔵

0251
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・振り返ると海

0261_2水仙はまだ少し早い

道には黄色い花が咲く

0271_4

0281
3つめ丁石地蔵

0321_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・防獣ネットと 石垣と コンクリートの道

0331
4つめ丁石地蔵

0341
足元の斜面には黄色い花  丁寧に寅ロープ

0351
いつの間にか土の道に変っていた。

0361_2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坊さま角

0381_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・海が見える

03915つ目 丁石地蔵

十丁

0411_3


6つめ 丁石地蔵

0421
石垣が崩れ 石がゴロゴロ

このままなところが うらぶれてそれはそれでいい。

0441
植林が全く無いのが素敵ですheart04

0451_2菊か店跡

0471
石の基礎がお店跡辺りでしょうか

0481_2七つ目

柴折り地蔵

八丁

0501_2

0541_2

0561

0571_2

0581_2

0601_4
明るく青空が見えて 諭鶴羽神社

1
足元に丁石地蔵

0911_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ④防獣ネットとゲート

2013年1月11日

兵庫県淡路島 諭鶴羽山 諭鶴羽神社 表参道

今年はまだまだ水仙は早い。

0291_4
防獣ネットの向こうの水仙もまだ咲いていない。

0301_2
防獣ゲートもそれはそれはしっかりしたものでした。

0311
ここにも 鹿 猪がいるんだね・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 ③ 表参道 灘黒岩バス停

2012年1月11日(金)晴れ

兵庫県淡路島 諭鶴羽山へ行ってきた。

0101諭鶴羽神社表参道を登る。

登山口

灘黒岩バス停前は 県道の向こうには 海が広がる。

 商店があり 前には自販機 ベンチもあって

 行動食も揃いそうです。

駐車スペースがある。

 水仙開花も今年は少し遅れているのでシーズンにはまだはやそう。

平日だし、1台も置いていなかった。

すぐ側に 鳥居と表示0111
標識の矢印は 右→ だから そのまま右折したが

本当は 諭鶴羽神社 表参道を登るので 山の頂上に向かって

直進の道でいいんです。

0121諭鶴羽山山頂は正面の電波塔が見える山↑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに 間違って右に曲がると 海が見えて 気持ちいい。

0131

景色がいいから 登山口無さそうだし方角が違うなと思ってからも思わず景色を写真撮り続けてしまう。

0151
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・振り返るとこんな感じ↑

0161_2県道の少し北へ4キロ 灘黒岩水仙郷入り口が見える↑

0181_2
半信半疑で登ってきては見たがそろそろ引き返そう。

0191_2
・・・・・・・・・遠く沼島が見える。

・・・・・・・パワースポットらしいから 1回行ってみたいものです。happy01

・・・・・・・なんだか小野不由美さんの小説に出てきそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 (兵庫県 淡路島) ②早駆け&早春登山

2013年1月11日 淡路島(兵庫県) 諭鶴羽山 へ行って来ました。

行動時間も短いのと 

アプローチに意外と時間かかるような気がしていましたのでなかなか行く機会が有りませんでした。

2年前 同僚達と計画してみましたが 前日に 雪が降りました。

あいにくその日はスタットレス履いていない車しか使えなかったので用心して中止した。

(淡路島は瀬戸内海 温暖でなかなか雪などで 路面が凍らないのかなとも思いましたが

私の地元でも雪が積もっていたので・・・・決行する気にもならず)

諭鶴羽山 素敵な山でしたよ。

諭鶴羽古道表参道を往復して来ました。

諭鶴羽神社で お参りして

安産成就良縁成就を祈願して「お守り」をいただいてきました。

神社でこんなチラシ見たので早速UPしてみます。

トレランか~いいな~

0011

福女は無理ですが      走れるものなら走ってみたいheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山:諭鶴羽山 (兵庫県 淡路島) ①南海フェリーに乗って

2013年1月11日(金)晴

兵庫県 淡路島の 諭鶴羽山へ 行ってきた。

相当のんびり ちょっときまに 随分楽しく 行って来ました。

0011

 阪神高速~明石海峡大橋~淡路島 ルートで登山口まで行ってもよかったんだけど

0021
和歌山港~南海フェーリー~徳島港↑鳴門海峡大橋↓=福良=灘黒岩バス停

0031
贅沢なアプローチで登山口まで行きました。

0071
南淡路ICで降りて

0101

灘黒岩バス停は すぐ分かった。

昨年 自転車で淡路島一周した時 逆走ではありますが南淡路水仙ロード

走りましたから・・・・・。

我ながら よく走ったものだと感心するこの界隈のUPダウンbicycle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機に乗らないのにセントレアへ行く

昨日 愛地球博記念公園で自転車乗ったことUPしました。

その続きで・・・・・

0311

恵那山(岐阜県)も激しい雨で登山口から降りてきて

折角 此処まで来たのだからと 知多半島へ・・・・

山へ行けなくなった途端にすっかりテンション下がり スイッチOFF

景色も見ずに バク睡

気が付けば 中部国際空港セントレアについた。

雨は更に激しく降り ホテルでお弁当を用意してもらってあったのでロビーで頂いた。

沖縄物産展催し物の為のテーブルと椅子 開店前なので使わせてもらった。

0321
デッキに出ると土砂降り それでも飛行機は離陸していく。

0331
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・思わず機影が見えなくなるまで見てしまう

0341
去年(2012年)のことなのですが開港7年のお祝いフラッグでにぎやかなディスプレイでした。

0351

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車:愛地球博記念公園で自転車に乗る

0691


昨年 秋にだーさんがプライベートで学会に参加した。

車で行くと言うので乗って行き 愛知を一人で自由に過ごせることになった。

自転車積んでいくのも良いかと思ったが天気が悪くなる予報だったのと

次の日の恵那山にいく時に積んだ自転車が邪魔になったら悪いので

 私は愛地球博記念公園に行くことにした。

リアルタイムで愛地球博へは 結局行かなくって 残念なことしました。

自転車でグルリと回った。0471

名古屋の大学に行っているとっとこ太郎の友達に聞くところによるとデートスポットとか。

そんな所へ一人で休みに自転車借りて走っているって・・・・相当変なおばさん。

いくら一人も好きだからって ちょっとやばかったかな・・・?

0481「サイクリングロード」表示の導かれるままに とことこ歩いていくと受付があった。

自分の自転車持ってきたら気持ちよく走らせられるんだ。

0491
楽しそうな貼紙に「次は孫と走りに来よう」

 当時孫のマも無い頃でしたのに思いました。(何だかちょこちょこそんな気がした昨年の秋)

0511_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1周100円

0521_3


借りた自転車0531_2

コースは綺麗

0541
ぐるっと回るだけだから 一本道

0551_2
それにしても綺麗にしている 落ち葉枯れ枝1つ落ちていない

0561_2

自転車1台走っていなくて・・・・少し寂しい

0571
あれが 「さつきとめいの家」か?

0581
さつきとめいの家 を見に行ったが 予約制で今予約をしたら12時半と言われた。

だーさんと約束の時間もあるしあきらめた。

0591
ここが最も変わり者だと思うのですが コンビニで美味しそうで思わず買ってしまった

おでんの玉子と大根と納豆巻 を 屋根つきのベンチで食べた。happy01

0601_2
自転車のかごに入れておくチケット

0611_3
折角だから ビューンと走りきるともったいないので チンタラ走る

0621_3

写真撮ってみては 又走る

0631_2

観覧車も楽しそう さすがに 一人では乗れなかったシャイなおばさん

0641_3ともかく広い  意外と何も無い・・・そこが良いと思うscissors

0651_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キッコロとモリゾー

0661_3

あっという間に スタートに戻ってしまった。

0671_2
自転車を返しておしまい。0681

駐車場代が要ったかな・・・・・

でも ぶらぶら歩けそうで ・・・・小さい子といっても1日遊べそうですね~ここheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良県 山辺郡山添町のお茶

フォレスト アドベンチャーへ行って 帰りに 奈良まちへ出かけた。

0081_2


地元の食材など売る店もあった。

是非何か買いたいと思った。

行ってきたばかりの奈良県山辺郡山添村

井窪さんのお写真が貼ってあったから買ってみた。

「環境にやさしい農業 エコファーマー 奈良県」  って何?

0181

 私どもの地元でも作られた方のお名前がプリントされている野菜が市場で売られる。 

顔もお歳も知らないけれど お名前覚えて買ってみたりするようになった。

お顔の写真が貼ってくれていたりすると ますます買ってしまいそうですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良まち へ行く




0071_2


山添村(奈良県)
フォレストアドベンチャーで 

「大人のアスレチック」(どんな所と聞かれたらそう説明するかな)に行った帰り 

名阪国道を 天理で降りて 奈良市内に向かい 奈良まちでランチを食べた。

奈良の野菜も美味しかった。

0081
予約をしなくても 平日の昼間の人出は ましでしたが それでもたくさんの観光客

東大寺は 就学旅行の制服姿の学生さんとガイドの人 ひしめく群れが途切れた。

0111_2鹿も 人もわんさか

あえて 写らない時 移らない方向を撮ると 寂しげでしょ

0101_2
技と腕とその気がないから 折角の紅葉の奈良もデにかかればこんなもの。

0091
鹿せんべいも持ってないのに けな気に 寄ってきてくれる鹿

 1頭だけ撮ろうとしたら

耳~切られて盛り上がってきた両角~耳に至るまで 省略

そしたら 鹿なんだか何なんだか 分からなくなった。

鹿って 耳と角に関心行くから こんな顔の作りなんだと 改めて知った。

足も意外と細く筋肉も少ない。

0121
銀杏の落ち葉が鮮やかで1日 ウロウロ歩き回れそうな日だった。

夕陽にゆらめく真黄色の銀杏をいつか存分に写真に撮ってみたいものだと思った。

0141

夕には職場まで戻らないと駄目だし 

夜から経ヶ岳・荒島岳(福井県)山登りに出発するので

15時には 奈良を出発し帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォレスト アドベンチャー 山添

0011_2フォレストアドベンチャー は日本の何箇所にもにあるみたいですね。


昨年11月 奈良県山辺郡山添村  

フォレスト アドベンチャー山添  

若い同僚に混じって行ってきました。

名阪国道 神野口(ICとは言わないのでしょうが・・・そんな感じの降り口)からすぐ。

0021ネットで予約  大人参加費 3150円

大学時代にクラブの面々と三年寝太郎も行ったと聞いていました。

山の杉の林の中の木の高いところに作ったアスレチックでした。

0031
140cm以上の小学生以上であれば参加OKらしい。

ハーネス付けて 

環付きカラビナや滑車を使って自分で安全を確保しながら

登ったり渡ったりぶら下がったり。

平日の午前中でしたが 決して私達だけではなく 参加していましたよ。

0041
私も山で ハーネス使って ザイルに触れることあるけれど 女性の髪の毛

登攀用具に巻き込んで危険

思わぬ事態でとんでもないことが起こるって聞いています。

私のような 髪型では心配ないけれど たとえ1つに束ねてても 少し気になった。

遊びで楽しむけれど 危険は同じだねcoldsweats01 老婆心

0051_2
高いところが怖くない そんな人ばかりだったので 

「急ぐこと無かれ 若者 もったいない!! 」

そう言いたくなるほど 3人はどんどん先に行く。

別に 遅れを取るような ではありませんが・・・・貧乏性なもので

せめて元取りたいと 記念写真撮ってみた。

006
みんな ここはだけ大喜びで キャッホ~ィと歓声を 上げていました。

ネットに飛び移る。

多分 終始 フタッフの方が絶えず 陰ながら見守ってくれていたみたいです。

0071

着いたら 説明聞いて 承諾書にサインして 緊急連絡先書いたり

参加費払って そんなこんなで2時間ほどでしょうか。

時間があれば もうワンクール回ってもいいみたいですが

なにぶん職場で17時から 勉強会に戻らないと駄目なもので

折角だから ランチもしたいし・・・・・タイムリミットは15時まで。

奈良まち へ 移動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災食

0641
日本列島 北の方で揺れてましたね。

それにも増して 体感する地震がめっきり減った地元が不気味です。

年末に 三年寝太郎が 職場から配布されて持ち帰った防災食

備蓄分が期限が迫り そのため更新され 試食するようにと言う事らしい。

食べたのは三年寝太郎だが・・・・

初めて目にしたので 写真に撮ってみた。 

0651
袋に溶剤入れて 溶液を加える

すると、ブクブク泡立ち始め 次第に熱を発して 暖めだした。

白ご飯に とりそぼろ 味噌汁

美味しいかどうだか 聞き忘れたが むしゃむしゃ食べてしまった。

どうやら美味しいのだろう。

眺めるデに「味見するか?」とも言わないで一人で食っちまった。

0691_2
うちの備蓄も見直さねば・・・・・

それにしても 夏でも冬でも 暖かいご飯を頂きたいよね。

命あればの話だけれど・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋根の上から幸せがやってきた

屋根の上のアンテナがへし折れた。

アンテナ??

折れた?

2012秋に大きな台風がやってきた。

猛烈な風が吹いた次の日 屋根の上ではへし折れて とんでもないことになった。

それでもテレビが映っていた。

映っているんだから まあいいか・・・と放って置いた。

木枯らしが吹く冬の日

それは突然 前触れも無くテレビが映らなくなった。

でも再び 何もしないのに映るようになったので・・・・またアンテナのことは忘れた。

さらに12月に入った日

テレビが見られない・・・・・・

だーさんが 電気屋さんを呼んでくれた。

見積もりだけ伝えて 治さず帰って行った。

なんじゃい!!!なんじゃい!!! 

そうこうしているまに 勝手に映った。

電気屋さんには断って 今度映らなくなったら工事してもらって eoとかjコムとかにしよう。

そう提案したのは私だった。

馬鹿だった。

12月28日 世の中は休みに入った。

映らなくなった。

年末 だーさんが屋根の上に上ってみたが再び映るようにはならなかった。

申し込んだが・・・・・・1ヶ月先に工事に来てくれる。

それまで、テレビはお預け。

要らない!!!紅白はラジオで聞こう・・・・。

本を読みまくろう!!!

年越し蕎麦を食べながら 5人はラジオに耳をそばだてる・・・・・。

誰も雑談は出来ない。

脳みそがフル回転

頭の中で 絵を書き 歌手の衣装の色を想像する・・・・・

人の集中力は 10分と聞く

そのうち、ラジオも紅白も どうでと良くなって・・・・・

とっとこ太郎が 「人生ゲーム」をしようと言い出した。

大晦日に大人5人

 ありえない展開に 戸惑う私

ぶっちぎりで ゴールするかに見えたは まさか・・・だーさんに抜かされ2着。

それでも総資産は優勝だった。

我が家の2人は きょうだい揃って

 ゴール前に25万ドルを払って 月へ飛んで行ってしまった。

宇宙兄弟だ!!!

最下位は三年寝太郎。

コンビニでみんなの希望のスイ-ツを買ってくる罰ゲーム

happy01屋根の上のアンテナがへし折れ 

我が家にますます幸せがやってきたscissors

今年も楽しく暮らせそうです。

0091_2

今どき屋根の上にアンテナがあって それがへし折れるなんて いつの時代じゃ~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元旦2013 幸せ気分いっぱいで

2013年元旦

0111いつもの通勤道

元旦の早朝 車は少ない 朝陽を浴びて それはそれは魂が元気になる。

雑煮を作り 出勤する。

昔 昼夜  日祭日 盆正月を問わず 仕事をする私を

姑は よく働く嫁さんで・・・・と 言ったことを思い出した。

人と違う生活をするのも発想を変えればとっても幸せ

元旦の朝の道はすいているし

浴びる朝陽はパワーが尋常じゃないし

正月手当てはなかなかのものだし

職場の食堂で食べた昼食は 300円とは思えないくらいのデイナー仕様のものでしたし

とても得した気分の1日でした。

0121
車を停めて 写真を撮っても 後続車は無し。

遠くで 寺の除夜の鐘が鳴り響く中 

歩いて氏神様へ5人で 初詣は済ませてあるし

今年も春から幸先いい

何だかいいこと待っています。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年元旦 

明けましておめでとうございます。

  おだやかで 健康にすごせますようにhappy01heart04

0521

                            2013年元旦

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »