« 「のぼうの城」 | トップページ | 山:名草山 (和歌山県和歌山市) ③再び名草山へ »

くまもんで思い出し 生れ来る子供たちのために

くまもんの沐浴剤を三年寝太郎が貰ってきた。

熊本のユルキャラ

入浴が楽しみです。

0181

くまもん見て思い出した。

熊本じゃないけれど 今年も九州行くんだった。

秋のある日  ピーチで張り切って「山に登ろう」と格安航空券を予約した。

予約は意外と簡単だった。

確かに安かった。

私の行ききるぞ!!という決意の表れで 変更不可のプランを予約した。

支払いはカードで・・・・

そして その往復航空券の請求が先日来た。

12月初め 楽しみにしていた山行きを急遽逃した。

もう1つ山旅も逃してしまった。

しかし、何も悔いは無い。

その代わり家族が1人増え 来年にはもう1人増えるのだからheart04

それにしても今年はこんなこと・・・多かったな~

12月「1泊2日の山行」 と 「2泊3日のピーチに乗る山行」も 

まんまと逃してしまったのは

悔いないと言いつつも 結構 きついなあ・・・・・

もっともっと山行きたいな~

ヘロヘロになるような・・・・・happy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気楽な事を書いていて ごめんなさい。

自分の事じゃないからとか 遠く離れているからとか

そんな気は全く無いのです。

無関心な訳じゃないのです。

あたりまえだろと言われそうですが

福島で たいへんなことは何も変ってはいないのですね。

双葉町長さんの記事 タロウの母さまのところで知りました。

そう言えば アメリカの海兵隊員さんたちが訴訟起こしたニュースをラジオで聞きました。

脱原発は何処へ行ってしまったのでしょうねえ。

声高に意見を述べれば排除されるのでしょうか・・・

今日はそれ以来

 オフコース「生れ来る子供たちのために」

曲がグルグル私の頭の中に流れ続けています。

歌詞を口ずさめば 涙がポロポロこぼれてきます。

♪ 君よ愛する人を 守りたまえ

大きく手を広げて子供たちを抱きたまえ

|

« 「のぼうの城」 | トップページ | 山:名草山 (和歌山県和歌山市) ③再び名草山へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発事故のこと なんだか もうなかったことのようですよねぇ
次世代に残したいものであるかどうか
本当に真剣にみんなに考えて欲しい と思います
(特に原発で潤っている人たちに)

↓の野村さん
本業の狂言のお芝居もいいですよ~
声と目が特にいいな~と思います

投稿: タロウの母 | 2012年12月29日 (土) 09時37分

タロウの母さまへ  デナリ

こんにちは。
早ッ・・・・happy01
あまりのコメントの早さに 
遠く離れていることを忘れてしまいます。

狂言も守備範囲内ですか 母さま流石ですね~

投稿: タロウの母さまへ     | 2012年12月29日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/48413432

この記事へのトラックバック一覧です: くまもんで思い出し 生れ来る子供たちのために:

« 「のぼうの城」 | トップページ | 山:名草山 (和歌山県和歌山市) ③再び名草山へ »