« 堪えた以上のもの | トップページ | 「残穢」  「鬼談百景」 »

私のソウルメイト

「つるかめ助産院」 始まりましたね。

ソウルメイト について話していましたね。

/

私とあなた

/

運命的な

魂と魂が深いところでつながっている

場所世代を超えて出会うべくして出会った私とあなた

095_2

助産師の好みそうな 私とあなた の話

私のソウルメイト

自分の家族をソウルメイトに入れるんだろうか?

だれにもソウルメイトがいる

私にも確かにソウルメイトがいるな。

私の人生の方向を決定付ける人と言えば そりゃ~子供

確かにだーさん1番のソウルメイト 

私が考えるそれは ぴったりすぎて 少し違う気がする。

そして思い浮かぶのは・・・・

一人は 今は亡き大先輩の助産師

1回目の出会いは私が母のお腹の中にいた時

       初回の検診で母は助産院を受診した。

       そして、母は思うところがあって産婦人科病院に変えた。

2回目に出合ったのは二十数年後 

      助産学生のとき助産所実習で開業助産師の下で助産 を学ぶカリキュラム

     再び訪れた。

    「ご縁があったら結婚するのよ」 と言っていた。

3回目に出会ったのは 

    地元にいのちの電話が開設して  

    だーさんの勧めでカウンセリングの勉強の為に開設された養成講座 

    その会場で同席した。

 

4回目に出会ったのは

     三年寝太郎を妊娠し  

     二人目を出産する同僚先輩助産師が分娩先に選んでいたので  

     真似して迷いも無く私も受診し 

     大先輩助産師の助産所で 無事出産した。

  「助産師止めちゃ駄目よどんな形でも 続けるのよ」

 ・・・・とよく言ってくれた。

助産師を想う時 1番に思い出すのは その大先輩。

まち母に対して 昔 

「その助産所で私も産んでおいてくれたら良かったのに」と思ったことがありました。

ソウルメイトと呼ぶにはおこがましいですが

長く長くご縁のある大先輩でした。

大好きな山に行き続けている。

そして、まさに縁ある山友も ソウルメイトと呼べる。

さて 山が今月も目白押し・・・・・happy01

|

« 堪えた以上のもの | トップページ | 「残穢」  「鬼談百景」 »

取り上げババ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/46870996

この記事へのトラックバック一覧です: 私のソウルメイト:

« 堪えた以上のもの | トップページ | 「残穢」  「鬼談百景」 »