« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

白山:⑮苔の上の蜘蛛の巣

白山 御池めぐりルートから 大汝山に向かう辺り

霜か?雪か?と目を凝らした。

1081
黄緑のじゅうたんの上に球形の白い塊

1091
よくよく見ると苔の上の蜘蛛の巣

広い範囲でたくさんのくもの巣

水玉模様で可愛かったので写真に撮りたかったが もっと広く撮れば良かったな~

可愛さが表現できないや・・・・グスンweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:⑭ お池をめぐり大汝山を巻く

御池めぐり

0861_3
白山 御前峰から真下に見えた池

1021
9月も中旬になると 雪は残っていなかったが 池のほとりにわずかにポッチリ

1031_2
解けてしまう前に 今年の冬の雪が間もなく降り始めるでしょうか

初雪は9月下旬と聞く

うっすら雪の舞う白山の登山を思い浮かべてみた。

この界隈は ガスったり ホワイトアウトしたりすると 道見失い進むべき方向が分からなくなりそうです。

地図では  のマーク

1041_3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・翠ヶ池↑  ↓千蛇ヶ池

1061凍って 雪が降ったらこの池もお化粧するのでしょうなあ~

1051

さて、室堂を直で来る道に出会う

 

1071

いよいよ 加賀禅定道

ハイ松と高山植物の迫る細い登山道を朝露を払いながら歩きます。

御池めぐりを通り抜け ハイ松の間を歩き始める頃 

早いかな?と思っても

雨具のズボンを履くといいよ。

季節と天候にもよるのでしょうが、露払いも日が高くなれば乾くと思うでしょうが

初めのうちは我慢していたが 一向に乾く気配なく ますますビショビショになり

遂にはズボンは乾いたところもなくなった。

あきらめて履いたら 暖かく 後に乾いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:⑬ 御来光

御前峰 から 大汝へ向かう

0911092109310941_2

0901
大汝山の雲がはれた。

0951
5時34分 ようやく日が昇ってきた。

0961_2
白山 御前峰と剣が峰の間  雲平線から・・・・

0981_2
赤く染まった山の真ん中で 冷たい赤い空気を吸う

0971_3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・剣が峰も

1011
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・御前峰も

0991・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大汝山も


| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:⑫ 御来光待ちきれなくて

白山 室堂に宿泊者の多くがご来光を見に御前峰に上がった。

私たちは、白山一里野温泉まで 

ご来光を見て お池めぐり歩いて 加賀禅定道を下り 

温泉に入って 家に帰る。

ちょっと 気合入れて歩くと決めていた。

0761
4時半 続々とランプが続く

みなさんは、空荷で登り下山後に朝食を摂る予定みたいです。

0771_2
起きて間が無い 食べて間が無い 

用心しながら 他の人たちが元気に登っていくスピードにつられないように

ボチボチ登る。

それでも 30分程で あっさり奥宮 

無事をお願いする。

0781_2
山頂三角点   誰も居なかった。0791


人々はみんな太陽が昇るのを東の端で待ち構えている。

0811


歩いている時 太陽を見ましょうと 先へ進む

0821_2
0831_2唯一の記念撮影

お願いしたら お願いされて 

シャッター

0851
室堂が足元に見える

0841_2
はちえもんさんは、剣が峰へ登るふみ跡に 進みたそうだったけれど

下山時間が気になるので

進む先は お池めぐり↓ ガスでぼんやり大汝山

0861_2
ガラガラの浮石 ジグザグに下る

賽の河原みたいなところを下る時 いつも何故だかワクワクする。

0871_3
御来光待ちきれなくて 下る下る

0881_2

下山してから思えば 剣が峰 行けたかも と  欲が沸く
0891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山: ⑪ 室堂の夕日

白山 室堂に泊まる。

0661

テント場はない(少し下の 南竜が馬場 まで下るしかない)

小屋の泊まりは快適です。

0561

雨に濡れた装備・衣服も乾燥室があって使える。

0581_30591_3

 早くに着いて1番のりの面々の中には 午後から山頂に登る人たちもいる。 

0681


尻目に せっせと乾かす。

 

明るくなったり 曇ったり 真裏の御前峰2702.2m は七変化する。

 

 

0611
プラプラ散歩したり 飽きることは無い。

 

 

0671
乾いた装備を明日に向けて パッキングする

 

 

 

余裕のある平日は 全てに広々使えてありがたい。

 

 

 

それでも 高校の山岳部の面々や 高齢者の団体とか ガイドツアーの人だろうか思い思いの山

 

 

 

明日の朝は 御来光

 

 

 

0731

うっかり油断していたら 陽は沈んでしまったweep グスン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白山: ⑩白山室堂 夕食と 早発朝食お弁当

市ヶ瀬を早朝に発ち  白山室堂に昼に着いた。

750人泊まれると聞く。

花が咲き乱れる最盛期は小屋も凄く賑わいは 凄いことだろう。

それでも のんびり ぐだぐだ していたら 17時 楽しみな夕食の時間になった。

0631
今日は すきすきの広い食堂

ハンバーグと魚を選べる。

ご飯と御汁はお変わり自由だったっけ・・・

おつけものもテーブルの上の大きな容器から取り放題

山では完食しますがあまり食べたくないので丁度いいです。

同室の方のお隣に同席する

朝は早だちするので お弁当

夕飯後に 渡してくれます。

0721半分だけ 出発前に食べて 残りは私はお昼に食べました。

竹の皮で包んでくれていてゴミもカサ高くなくて助かり

0751_3
炊き方なのか すし飯の味付けなのか 食べやすく硬くなく

美味しくいただけました。happy01

テント泊 自炊も悪く無いけれど 小屋のご飯も美味しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山: ⑨白山 室堂

0481

白山 阿弥陀が原を背に五葉坂をのぼることわずか・・・・

049105010511_20521

0531
ハイ松の向こう 山との間に 屋根がわずかに見え始める。

0541_2
市ヶ瀬 5時半に出て 6時間半  12時 白山室堂ビジターセンターに着いた。

0551_2

お部屋に案内してくれる。

センターを通り抜けて 

0601_3
御前荘

0711_2
お部屋は1番のり あとから ご夫婦が到着

9月の中旬 前夜は雨 早朝の歩き始めは雨の平日

部屋は結局4人だった。

広い広い部屋 2階も使わず余裕の小屋泊まりとなりました。

平日登山は これだから やめられません。

0621_2
0741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:⑧ 白山 阿弥陀が原

2012年9月

白山 阿弥陀が原の入り口には 山でみかけるカウンターがありました。

0341

保護のために木道

0371
人気の花の季節も終わり 秋雨前線の位置によっては 雨が降る9月

阿弥陀が原は 黄色く染まっていました。

03810391
花も咲いて向かう先はこんな感じ↓

0401
振り返るとこんな感じ↓

0421
0411
左に 異様なシルエット

0431
南竜が馬場からエコーラインが合流すると

登りにかかり 間もなく 白山 室堂ビジターセンター

1日目 昼ごはんは 小屋で食べた。

いよいよお目当ての 

白山 頂上から北へ下る禅定道は明日





| | コメント (2) | トラックバック (0)

あなたへ 

白山の記事を 剣尾山のように マウイのように 

ブツ切れでそのままにしないぞと決めていた。

それから 恵那山にも 行った。

愛地球博記念公園 にも行って 自転車で走ってきた。

ちたいち (←知多半島一周・・・勝手にネーミング)下見行ったんだ。

「あなたへ 」  高倉健さん 素敵でございました。

まち母と 映画を観に行ったんだ~。

 

友と旅も待っているし

 

楽しみな山も待っているし

 

 

書きたいことはかずかずあれど

 

そんなのUPしきれないや~

 

 

でもあえて・・・・伝えておきたい人がいるから・・・・・

 

今日 高御位山(兵庫県)全山縦走 行って来ました。

 

あなたと共に彼と3人で高御位山の景色を見に行く為に 行って来ましたよ。

 

まずは 全山縦走してきました。

 

そのうち、違う登山口から 登って降りて 踏査しに行きます。

 

冬が来る前に 本番を迎えられますように・・・・

 

 

0211
伝えておきたくて

 お知らせまで・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

白山:⑦ 観光新道 黒ぼこ岩まで

観光新道を登る

0231
下のほうを見ると  甚之助避難小屋が見える。

天気と時間の加減で 一張りも無い

0241馬のたてがみ

歩き易い登山道が続く

0251真夏の華々しい色合いの花々は咲いていないが

9月の花々が咲き 素敵ですheart04

02610271028102910301
蛇塚 標高2248m  通過する

0311
まだまだ 蕾がいっぱい 咲くのを今か今かと待っている

9月中旬~下旬には雪も降ることがあると聞く 秋は短い

0321
下から見えていた 岩陰は やっぱり 黒ぼこ岩でした。

岩の上には 鳥がとまり 

2羽がとっても可愛かったのでカメラを向けたら飛んでしまった。

二羽の写真撮りたかったわ~

0331

何故 そんな風にネーミングしたのか分からないけれど

市ヶ瀬から登ってきた加賀禅定道は別当坂分岐から 観光新道と名前が代わり

その名の通り ワクワク 花咲き 目先が変わって 飽きること無い。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:⑥でっかい蝸牛 2012

2012年9月11日(火) 白山 加賀禅定道

0141
森林限界を超えると ひたすら笹 

石の登山道

0151
でかい でんでんむし

ほんとうに 大きい 

栄養満点

だから どうってことも無いんだけれど 

こんな でんでんむし が 見られる山は豊かなんだと実感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:⑤ 観光新道 殿ヶ池避難小屋 2012.9.11

2012年9月11日 雨~曇り

白山 観光新道

 

今日みたいな雨の9月の平日は

誰も山小屋には居ないんじゃ無いだろうか・・と思った。

それまでの越前定禅道の静寂とは裏腹に

別当坂分岐を過ぎて 観光新道に入ると

白山室堂から下ってくる人に  少ないながらもすれ違うようになった。

「避難小屋で休憩」と言われていましたので 目標に歩く

0171
すれ違う人に「避難小屋はもうすぐですか?」聞いてみた。

一人の女性は そんなのなかったと言い 

次の人に聞くと 「プレハブがあり 中にも入れるし トイレもある」と教えてくれた。

 

着いた仮設小屋の中に入れると思い

周囲を確認して回ったが 何処も閉まっていた。

トイレも無い・・・・ハテ??

0181

持参した地図を見ると

「 2012年夏~秋 新築工事の為 避難小屋使用不可」と 書いてあった。

なん~だ・・・・・・ 雨も止み 外でもどっちでもいいので

外で休憩

0191
周りは 花がたくさん

0201
立ち休憩後 

少し登ると仮設避難小屋

  下山の人に聞いた話は こちらの建物のことだったんだと・・・納得

綺麗

トイレも使えた

中にも入れた

0211
重機が見える

建設資材を運ぶヘリポートでしょうか?

0221
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2012年9月11日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:④可愛い おごじょ 2012

越前禅定道を 市ノ瀬から登り 別当坂分岐で 観光新道

雨も止み 楽しいのぼりが続いた。

白山 室堂ビジターセンターに泊まった。

小屋の受付に 

2012年10月1日 NHK で

白山 が放送されるよ・・・と紹介してあった。

かわいいおごじょも登場するよ・・・・・。

小屋に到着するちょっと前に 出会ったおごじょのことだと 嬉しくなった。

0441
阿弥陀ヶ原をつっきり エコーライン登山道と合流し 

階段の登りにかかって

先行く はちえもんさんを よそに 

0451

振り返り 振り返り 綺麗な景色を堪能して

パノラマ写真などを ぼんやり撮っている

0461
ちょこちょこと・・・可愛いのが駆け下りて来て 通り過ぎた。

どっかに行ってしまったと思っていたら

動きがすばしこいので 見失ったが

どうやら私の周りをぐるぐる回っていたらしい。

0471_2
そこそこ・・・と言われても 近すぎて 確認できない。

ようやく撮れた おごじょ 

まんまる目玉が特徴的

むかしむかしに 北アルプス朝日岳へ向かう登山道で 見ましたね。

それきりですなあ~。

おごじょが「出たら山が荒れると言われたそうだ」とはちえもんさんに聞く。

前に見た時は 暑い暑い夏の日でした。

御巣鷹山に飛行機が墜落した悲しい日だったことを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:③越前禅定道 登る

0021
白山 山頂へは たくさんルートがある。

夏の登山シーズンは、入山制限で

          市ノ瀬よりバスに乗り換えて 別当出合まで進む。

しかし、9月になると土日祭日以外は別当出合までも車で行くことができるようになる。

あえて、市ノ瀬から入山する 越前禅定道

0031
雨は降る

0051
あっさり六万山   6:00

0041
昔の人は この道を踏んで白山に登り 更に北に進んだのでしょう。

思いを馳せて想像すると なんてこと無い登りも

 感慨深い

0061
雨は シトシト降っているかに感じるが 木の間に落ちてくる雨水はダダダダ・・・・

大きな木々が守ってくれているよう

しかし、サウナ

9月でこれだから・・・・花の季節は雨ではきつそう・・・・

0071指尾  6:50

どんなところかと楽しみにしていたが 天気が良いと違うのだろうが

単なる通過点  すいすい進む

稜線に出ると 階段 石畳 

階段は木で それも微妙にバランス悪く傾斜している

雨で登る私が言うのも何ですが 下りたくないな~この階段

雨で濡れるといっそう怖い

0081

0091
別当出合を見下ろす

0101
どんどん標高稼ぐ雲が下に

0111
熊鈴鳴らし 進むが 白山の2日間 全然気配なく

いるし見かける話は聞くけれど・・・・

笹が増えて 慶松平 森林限界を超える頃 雨が止んだ。

0121
別当出合から登ってくる砂防新道と合流  別当坂分岐 7:30

ここからは観光新道と呼ばれるよう。

0131_2

9月・平日・雨  そんな日の 

市ノ瀬から 別当坂分岐までの 越前禅定道は誰にも会わず

静かな静かな 山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:② 市ノ瀬駐車場~越前禅定道登山口

市ノ瀬駐車場~越前禅定道登山口

2012年9月10日

仕事を終えて 18時出発 途中で夕飯

福井北ICで高速道路を降り  R416~R157で 石川県白山市 市ノ瀬に 

翌 0時過ぎに到着

福井には大雨洪水警報が出ていたものの 雨足はゆるかった。

 駐車場(無料)には1台車が止まっているだけでした。

朝にはもう1台到着したものの 計3台

0011
朝5時起床 

駐車場には 水洗トイレあり 綺麗

別当出合への道をしばらく歩くと 左手に登山口

合羽を着て雨の中出発する

0021
翌日  北へ 縦走した後 タクシーで1時間 車を回収に戻ってくる計画 スタート

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白山:① 越前禅定道~加賀禅定道

2012年9月11~12日

白山(福井県~石川県) 行って来ました。

0641

禅定道 

 9/11 越前禅定道(~観光新道)

            市ノ瀬 5:40~白山室堂12:00  (6時間20分 休憩含)

 9/12 加賀禅定道 

            白山室堂 4:40~白山一里野温泉 14:20 (9時間40分 休憩含)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白山(越前) 禅定道

 福井県勝山市 平泉寺 を起点とする昔の越前禅定道として長い歴史を持つこの道は別当出合まで車道が延びた後も旧道と称して使われていたが次第に荒廃し、1999年に復元されたものである。

加賀禅定道

平安時代に美濃、越前の各禅定道と共に開かれたとされる歴史ある道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が子を泣かす

この夏 無謀にも 酷い日焼けをしました。

無茶すぎるよ シミが増えるよと 言われたものですが

シミで思い出したことがありました。

そういえば 昔 我が子を泣かしたことがあります。
思い出しました。

191

ある時 小さい小さい三年寝太郎
私の何処かのシミを指して
「これ 何?」と聞きました。

無頓着な私は 
   「死にホクロ」
   「歳をとったらね 出来るんだよ」

適当に 正直に答えた。
私のホクロを数えたり触ったりする可愛い年頃でした。

「おかあさん 死なんといて!!!」 
顔をくしゃくしゃにして泣きだした。

あんまり可愛くて ギューっと抱きしめながら
可笑しくてゲラゲラ笑ってしまいました。

しかし、今から思えば ほんとに酷い母親でしたわ~。
シミも私の人生において 楽しい思い出です。

元気に感謝happy01

幸せな思い出に感謝scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウイ島:サトウキビ畑

129_2


マウイ島   見渡す限りサトウキビ畑

128
広い広い畑がずっと続きます

130
砂糖のお土産買ってきて 飲み物に入れて頂いて見たかったと

帰ってきてから気が付いた。

127_4
砂糖工場は とってもレトロ

何だか根拠もなく 「トムソーヤの冒険」 思い出した。

ハックルベリー・フィン

インジャン・ジョー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウイ島:ハレアカラ山下る自転車

117


ハレアカラ山を自転車で下ると言うツアーがある。

ハレアカラ山に行くからには 自転車で下ってもいいとも思ったが 

ちょっと怪我でもしまいかと不安で 腰が引けた。

116_2
車でおとなしくホテルへ連れて帰ってもらった。

118車が山から下る自転車の列を追い越す。

どっちもスピード速いからカメラに収まりませんでした。

119_2

自転車も広いハワイで楽しそう

120
ツアーばかり 欲張って参加ばかりすると疲れるからと 

他には何も予定せずに気ままでのんびり楽しかったけれど

何度も行く機会があったなら 自転車も楽しそうだと思いました。

121
走る走る

123_2
こっちは車の中 

ウトウト寝ている人もいます。

125
あいにくの曇り空

旅の空の下なら それもいと楽しい

126_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウイ島:みんな続々と朝走る

マウイ島 ウエスティンマウイ へ泊まった。

朝 浜辺を散歩に出ると 途中 たくさんの人

(日本人が少なくて最終日に2組の人とすれ違っただけだった)が

素敵なウェアー着てさっそうと走って行った。

リゾートに来て ジョギング

いとお洒落な外人さんばかり

190

ともかくやたらと走っていた。

カッコいい

真似したい~heart04

185

海に沿って 気持ちいい道です

176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウイ島:ハレアカラ山 下る

だーさんが言った。

ハワイ島には 4000m級の山があったのに 何でマウイ島ハレアカラだったの?

島によって色が違うと聞く

ショッピング興味ないし 別に泳げなくても惜しくないから・・・・

日本人少なく ハレアカラサンライズツアー の ガイドを読んだから・・・。

いつも 旅の目的は たった1点

あとは、ホテルで何にもしなくても満足する。

だーさんの質問で ハレアカラ 途中で放ってあるから続きもUPしよう。

グズグズしていたら 来年になってしまいかねないな。

105
☆ ホテル玄関に 2時迎えに来てくれて 星を見たり 朝陽が登るのを見たり

   歩いたり・・・・・・。

106

太陽は昇り 集合時間

 車に乗せてもらって 下山開始

108
何か希望が無いですか?と 出発した頃に 聞いてくれる

107_2

向こうの山頂にも行けたら行きたいと言えば良かったかな。

110_2
車は ジグザグに下っていく

雲の中に 飛んでいきそうです。

111_2車酔いも気になったが ホテルで深夜に軽く食べてきた。

大事をとって 1時半に酔い止め薬も飲んだ。

車に酔うこともなく 眠気を催すこともなく

109
ガイドさんは 下山後に頂く朝食の希望を聞いてくれる。

メニューのチョイスは何通りもあって 先に注文しておいてくれるようでした。

 

 

112_2山からの景色は 数々見るけれど 何だか新鮮

山の陰と 雲海  雲の陰 

134ゴルフ場のクラブハウスで 朝食

135_2
雲が厚いこの日でしたが 日の出も見れて 良かった。

137_2
車酔いも気になったが ホテルで深夜に軽く食べた。

大事をとって 1時半に酔い止め薬も飲んだ。

車に酔うこともなく 眠気を催すこともなく 無事下山

美味しく出された朝食を頂きました。

138_3

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子健康手帳:65 大分県大分市 

0091

母子健康手帳 65

大分県大分市 から里帰りのママの母子健康手帳

楽しそうで可愛いね

日本は広い

遠くの日本で可愛い母子健康手帳

ぽつぽつ 現役母子健康手帳に出会える楽しみを見つけてから

楽しみは増えるheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「残穢」  「鬼談百景」

小野不由美さんの本を頼んだ。

家に届いた。

013
「残穢」

 

「鬼談百景」     

読む時間が無いけれど 楽しみで仕方が無いhappy01heart04

小野不由美さんの世界に朝から晩までどっぷり浸かれる秋の1日

いつ出来るかな~ ふふふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のソウルメイト

「つるかめ助産院」 始まりましたね。

ソウルメイト について話していましたね。

/

私とあなた

/

運命的な

魂と魂が深いところでつながっている

場所世代を超えて出会うべくして出会った私とあなた

095_2

助産師の好みそうな 私とあなた の話

私のソウルメイト

自分の家族をソウルメイトに入れるんだろうか?

だれにもソウルメイトがいる

私にも確かにソウルメイトがいるな。

私の人生の方向を決定付ける人と言えば そりゃ~子供

確かにだーさん1番のソウルメイト 

私が考えるそれは ぴったりすぎて 少し違う気がする。

そして思い浮かぶのは・・・・

一人は 今は亡き大先輩の助産師

1回目の出会いは私が母のお腹の中にいた時

       初回の検診で母は助産院を受診した。

       そして、母は思うところがあって産婦人科病院に変えた。

2回目に出合ったのは二十数年後 

      助産学生のとき助産所実習で開業助産師の下で助産 を学ぶカリキュラム

     再び訪れた。

    「ご縁があったら結婚するのよ」 と言っていた。

3回目に出会ったのは 

    地元にいのちの電話が開設して  

    だーさんの勧めでカウンセリングの勉強の為に開設された養成講座 

    その会場で同席した。

 

4回目に出会ったのは

     三年寝太郎を妊娠し  

     二人目を出産する同僚先輩助産師が分娩先に選んでいたので  

     真似して迷いも無く私も受診し 

     大先輩助産師の助産所で 無事出産した。

  「助産師止めちゃ駄目よどんな形でも 続けるのよ」

 ・・・・とよく言ってくれた。

助産師を想う時 1番に思い出すのは その大先輩。

まち母に対して 昔 

「その助産所で私も産んでおいてくれたら良かったのに」と思ったことがありました。

ソウルメイトと呼ぶにはおこがましいですが

長く長くご縁のある大先輩でした。

大好きな山に行き続けている。

そして、まさに縁ある山友も ソウルメイトと呼べる。

さて 山が今月も目白押し・・・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堪えた以上のもの

もそっと 好きに目を向けなさい

 堪えた以上のものが手に入りますよ

アニメの中の 古田佐助が言った。

0021

生活を正して スキッとしようと 断シャリ

徐々に溜まり まめに整理しないから 物が増える

整理しようと古い書類を捨てるものと置いておくものを選別していたら

胸部レントゲンで診断受けて縦隔腫瘍CTを撮った時の診断書。

これを持って 大病院へ行って造影MRIやもろもろ検査を受けた。

最終的には手術してもしなくても[悪いものではない]手術前日の夜に説明受けた。

休みをとって、入院して明日が手術日と言うのに 「してもしなくてもどっちでもいい」

言われても ありがたくない。

0033
だからって、どうと言うことも無いのだが 日付けを見て ちょっと驚いた。

何だか記憶のどこかで 10年位前の出来事のように感じていましたが

手術受けたのは 平成20年 だった。

まだ4年しか経っていないんだ。

この前の出来事のようには思えない

この診断書は保存しておかないと きっとすっかり忘れてしまうだろうな。

保管した。いずれも スルーして 今に至っている。

受けておいて良かったことがある・・・・分娩介助に時間がかかると決まって胸の裏の背骨が凝って痛かった・・・それを通り過ぎると胸が悪くなった・・全く無くなった。感謝heart04

今年の健康診断尾結果は  

●コレステロール 高い  ● LDL 高い   →  B判定

● 赤血球 今年も高い

健康診断の前の夜・・・・・

明日は健康診断だから嫌だな~と言いつつ 

結婚記念のご馳走をたらふく食ったのがいけなかったのかも。

どう考えても血液はドロドロしている。

かつてがり過ぎて倒れそうになることがあった血圧は

 最高血圧が100以下になることは無くなり 立ちくらみすることは無くなった。

周期が伸び経血量が減り 献血も断られる様な貧血も無くなった。

鉄を採る必要も無くなった。

ますますドロドロになる私の血・・・・・

気をつけなさいと・・・・自転車事故と頭痛が

体が私に教えてくれたんだと思う

歳をとるということは・・・・堪えることなのかもしれないな

それにしても 意外としぶとく 健康的 で 感謝happy01heart04

こらえた以上の好きで楽しいものを手にして見せますわpunchhappy01

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「岳18」

遂にクライマックス

014三歩さん 凄過ぎです。

無謀です。

ありえません。

ぶち切れたお話の終わり

何ですノン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅんとするにい復活する

にいが戻ってきて 週間

刺激的だった3日間は夢のよう。

至極つまらない にいの日常がもどった。

0011帰宅後間もなくの頃は 何かの下にもぐりこんで 

まわりの気配にびんびんに気を配っていた。

大きな目を開き くだけた姿勢でも 戦闘態勢をとっていた。

近頃はまったり・・・・

同じ姿勢でも耳は立っていない

しかし、いつの間にか車の下にもぐりこむのが好きになったようだ。

耳は寝て まったりすることしばしば

0141_2


それでも カメラは嫌いなようで・・・・

新しいカメラは 犬撮り機能がついていて

にいにカメラを向けて置くと 勝手にベストショットで パシャパシャ 撮ってくれる。

うんざりですって顔をするのが可笑しくて 延々撮り続けた。

0211_2上目使いで 辟易した顔が親馬鹿ですが 楽しくて

0311_2
これでもか~と 撮り続けると たまに シャキ~ンとするが

にいも 緊張は続かず すぐダレル

0361_2誰もいない お盆の昼間 

にいに嫌がられながら カメラ機能を堪能した。

ちなみに 猫機能もある 何処かに猫は居ないものだろうか

生まれてこのかた 猫と暮らしたことは無い

犬と猫は 何処が違うのだろうか?

0021_2
ほらね・・・もうしっかり リラックスdog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルームーンのきみきみたち

ブルームーン

月の満ち欠けは、平均約29.5日を周期として繰り返されます。

 

月の初日に満月なると、その月の終わりに再び巡ってきます。

 

1回目「ファーストムーン」、 2回目 「ブルームーン」と呼びます。
「ブルームーン」は、天文用語では無い 月が青くなるわけでも無い。

「ブルームーン」は満月になった瞬間、見える地域に限定され それぞれの地域、国によって「ブルームーン」だったり、違ったり。

 

「ブルームーン」は3年に1度くらい起こります。

 

1月1日「ファーストムーン」 になると1月30日 「ブルームーン」

この年の3月1日「ファーストムーン」3月30日「ブルームーン」

年に2回「ブルームーン」が発生します。

詳しくないが

過去にブルームーンの日から 大変な災害と事件が発生したそうです。

今年(2012年)8月31日 

    ブルームーン見た人はいますか。

ただの満月なんですが 私は夜勤でした

095_2

ブルームーンの夜勤は 出勤そうそう・・・・

●予定日超過 体重増加 低身長 陣痛無しのママ

●臍帯巻絡4回 予定日超過 のママ

2人とも陣痛促進剤の点滴で朝から誘発していました。

それまでにもいろいろあったみたいで 病棟は騒然としていました。

どちらのママも帝王切開手術になりそう・・・今か今かと 

 フタッフが準備整えて

手術が決定するのをギリギリ GOサインが出るのを見守っていました。

それが、動き始めた。

夕刻遅く 帝王切開の手術は回避

無事に二人とも お産になりました。

さすが満月 ブルームーンぱわ~

時を同じくして 

切迫早産で長く長く入院していたママ

37週になったのでようやく朝に退院したばかりなのに

自宅で1泊もしない間に

陣痛が始まり戻ってきてあっという間にお産になった。

ブルームーン生まれのきみきみたち

パワ~みなぎり その後も続々と陣痛や破水のママたちの入院がひっきりなし

 

ひさびさに・・・・きみきみ元気で大きくなあれ

ブルームーン

2015年7月31日

その次は2018年1月31日さらにその年は2018年3月31日

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀シャリくん

手作りジェラート  チルコドーロ  

009ご飯のアイス  銀シャリくん

010
ひとくちアイスを口に運ぶ

チーズの小さな欠片が混ざっているのかと 感じるほどに お米はクリーミー

銀シャリくん

だーさん お知り合いが送ってくださった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼリーでも食べるかとやさぐれる

健康の為に 夕飯は早い時間に食べるように心がけている。

夜は睡眠のゴールデンタイム 22時~2時 寝ることにしている。

しかし 何やかんやと寝そびれた時 ひもじさに耐えかねて よしゃあいいのに

何か食べるものは無いかと ごそごそ深夜に物色始める。

002

もともと、飴もグミもぜりーも好きじゃない。

だから、職場で貰ってきた 大きな飴の詰め合わせ開封せずに 放ってあった。

深夜 何も無い。

自分が買わないから この家に間食に適した食べ物はあるはずも無く。

しぶしぶ・・・・これでも食べるか・・・・・

開いて・・・・知った・・・・花形の石鹸だった。

キャンディーと石鹸の詰め合わせかあ~

お風呂で飴舐めろと???

そう言えば 

松井和代さんはテレビで お風呂で物を食べるなんて運気が下がると言っていたなあ~

私はアイスを食べるんだが・・・テヘ・・・・・・・

そう、思ったことを思い出した。

そんなこと考えながら・・・・特大飴を手に取った。

何だ・・・・少しだけ柔らかい。

砂糖菓子だったか・・・・・

それにしても大きいなあ・・・・・

セロハンをむこうとするが なかなかむけない。

何だか不親切な・・・・・

端っつこが 分かりにくい・・・・

シールが貼ってある・・・・・・そのシールもはがしにくい・・・何と不親切

ぷんぷん・・・憤って・・・・それでも頬張りたくて・・・・開こうとする

あれ????

長い間の格闘の末・・・・ようやく・・・・小さな小さな文字に気が付いた。

シールが指し示す先に

使用上の注意

本品は石鹸です。食べ物ではありません。

誤ってくちに口に入れないように注意してでください。

間一髪 危うく頬張るところでした。

口は好きでもないが砂糖菓子を期待していたから・・・・心はやさぐれた。

普通 もっと早くに気が付くでしょう・・・・・

ここまで、気が付かなかった私は 相当ひもじかったんだねhappy01

石鹸に八つ当たりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐るべし地黒

この夏

私は脱皮した。

手の甲が 会う人会う人 誰もが聞く

「どうしたん?」

山をたった1日歩いただけでこうなった。

日焼け止めも撃沈

午後に塗り重ねるのを忘れただけでこうなりました。

はじめは まさに やけどをしたように手の甲全体が真っ赤に腫れた。

赤い色を通り越して 何だか紫がかっていた。

聞かれるの面倒で 持続点滴の留置針を固定する大きな絆創膏を張ってみた。

馬鹿だった。

手洗い頻回な私たち すぐにベロンベロンになった。

しかし、剥がれることなく 見苦しい。

仕方が無いから むしってみた。

案の定 皮がべろりんと すっこりむけた。

その下の皮も赤く 私の手の甲は永久に赤いままかと心配になった。

背中と首の境目も 皮がめくれた。

006

若くないんだから、戻らなくなるで・・。

皆に呆れられた。

もともと地黒

心配をよそに すっかり元に戻った。

やれやれcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »