« あわいち:③岩上の鵜 | トップページ | あわいち:⑤ どんぐりの鼓動が聞こえる »

あわいち:④ 宝楽焼を食べる

あわいち行って 宝楽焼を食べる。

0281
兵庫県淡路島

洲本市炬口 たけのくち って読むんだよ。

「やしま」

038

地産ブランド   数々の食材 

夏のこの時期は はもずくし がお勧めみたいですが

はもは 少しでよかったので・・・・・

宝楽焼

0361_4
地元のプリプリの  淡路由良産 天然岩もずく から始まり   

淡路牛 と 淡路たまねぎ

淡路産 はも

037_2
お腹いっぱいを通り越して パンパンでした。

0391
ケーキみたいな素焼きの蓋を開けると 

中に鯛

0401
鳴門鯛を余すとこなく 頂く

片身はお刺身で そして姿焼き

0451

お魚好きの2人は 黙々と食べる

0421
淡路島牛乳 冷たい茶碗蒸しは 喉越しすずしす

淡路 東岸産 蛸

あまりに食べるの夢中になって 写真撮るの忘れて

たこのから揚げ 気がつけば食べてしまった後だった。

024
調子に乗って走ると前の道は下り坂

炬口北 の交差点 間違いなく 通過し 洲本温泉の町に行ってしまった。

走り抜けて 気が付けば 更に通り過ぎていた。

引き返す。

025
自転車をとめて階段上がるだーさん正解paper

私は坂道を先に玄関に向けて上がったものだから 

自転車抱えて 玄関通って階段下りてきた。

0261
レトロな客室

0351_2
港が眼下

0331
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美味しいものを頂いて 自転車で走れる幸せに 感謝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  pisces宝楽焼き

奈良時代に宮人が三原へ狩猟に訪れたときに、

漁師が鳴門の海の幸を野焼きにして差し出したのが始まりと伝えられています。

昔は焼き石を浜辺に敷き詰め、その上に昆布で包んだ鯛を置き、砂をかけて焼き上げた料理です。

現在は素焼きの焙烙に、鯛、サザエ、えびなどを置き、蒸し焼きにして出される豪華絢爛な海の幸料理です。

                       兵庫県HP より参考
 

|

« あわいち:③岩上の鵜 | トップページ | あわいち:⑤ どんぐりの鼓動が聞こえる »

食とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/46412647

この記事へのトラックバック一覧です: あわいち:④ 宝楽焼を食べる:

« あわいち:③岩上の鵜 | トップページ | あわいち:⑤ どんぐりの鼓動が聞こえる »