« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

幸せな香り

早いねもう11月

今年もあと2ヶ月

早い早い。

一昨日生まれたあかちゃんは 

世界で70億人目の赤ちゃん

誕生おめでとう。

私の職場でも2人が生まれている。

Pa100051_2 幸せな香り。

洗濯物が幸せな香りがする。

お風呂に入ると幸せな香りがする。

どんな散財贅沢した時よりも・・・

服を着る時に 「おやっ??」 と 自分の衣類からいい香りが漂った時

自分が豊かなんだとプチリッチ感がする。

お風呂上り  布団の上に寝っころがってホッとする時に入浴剤の香りを感じた時

ささやかな幸せを感じる。

臭覚が私の脳内ホルモンを分泌させ

ささやかな幸せを更にUPさせてくれる。

心がほぐれるよlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もしものときは

Pa240004 まち母がだーさんの見舞いに家に来てくれた・・・ようだった。

私は仕事

家族は誰もおらず、にいのみだった・・・ようだった。

 デパ地下で買って来てくれたお惣菜

 バラの花束

 野菜各種

帰宅してドンだけ楽させてもらったことか・・・・ありがたい。

何だか嬉しかった。

誰も居なかったから、母は凄まじい。

裏に置いているポリバケツのゴミ箱内に・・・・動物たちから守るために。

とっとこ太郎が・・・・

「おばあちゃんがゴミ箱におかず入れていった」・・と目を丸くしていた。coldsweats01

ところで・・・・

だーさんから、クリアファイルに挟まった書類を渡された。

タイトルは・・・・・

「デナリさま 緊急、もしもの時は次の人に連絡してください  2011年10月

ズラズラと連絡して欲しい人々の電話番号が印刷されてある

先日の自転車で転倒・骨折・手術の事件で、人生に思うところがあったのだろう。

ココに来て、このリストを渡された私の感想・・・・・

アノ歳になるまで・・・死を意識したことは無かったのだろうか?

ゲラゲラ笑ってしまった。

こんなこと書いたら、又無口になって・・・気分を害するだろうが

彼は正解です。

下手したら・・・私が誰にも連絡しないで家族だけでお通夜・葬式しかねない。

・・・と危機を感じたのかもしれません。

どこか捜したら公正証書が出てくるかもしれませんね。

借金は無いけれど、財産も無いから、遺言など残しても意味が無いので

書いていないとは思うけれど。coldsweats01

もしどこかに書いていたら又ゲラゲラ笑いそう。

リストの中に私はかけないであろう電話先が2軒あった。

同僚と雑談した時、「こんな時どうする?」って聞いたら・・・・

「デナリが嫌だったら電話かけなくていいん違う???」って言った。

その意見を採用しようと思っている。

それは、困ると思ったら・・・・・私より長く生き・・・子供たちに頼んで置くことねbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その20:蛇谷(三重県)⑤遠足尾根下る

2011年10月11日

蛇谷を上り竜ヶ岳山頂から遠足尾根に新しく整備された登山道を下ってきた。

Pa110127 笹別れで尾根の方に進む

しばらくは、笹の道が踏み跡と色のテープが導いてくれる

Pa110128 ともかく1回歩けば、もう不安に思うことも無いが、ともかくテープを捜す

Pa110129 冬はどれ位、雪で埋まるのでしょうね

Pa110130Pa110131  Pa110132 方向を変えてようやく遠足尾根を下り始める↑

Pa110133 竜ヶ岳山頂はあんなに遠くなった。→

/

/

/

/

/

/

Pa110134/

/

/

←北に見える山肌は、

   ここも削られています

Pa110135 Pa110136

・・・・・・・・・また竜ヶ岳を見る→

Pa110137 Pa110138 Pa110139 Pa110140

馬酔木のトンネルがあったり

いい感じの木があったり

岩がゴロゴロのところがあったり

変化が楽しみ

春の花の時期には期待できそう。

Pa110141 杉の植林を下り始めると、つまらなくなる。

Pa110142 そこからが、延々と意外と長い

Pa110143 朝、入山の時に通過した遠足尾根の登山口が杉の植林帯だったから、

下山途中から杉の植林が出てきた時には

もう間もなく出口か?と期待したが・・・catface

Pa110144 結構、急だったりする

雨の下りは、滑りそう。

Pa110145 Pa110146 また岩ゴロゴロを登ると休憩ポイント↑

竜ヶ岳が見える

でも頂上どれだか・・・・・・Pa110147

Pa110148 振り返ればこんな感じをしっかり下ってきたのね。

この尾根登りに使いたくないな・・・・と口に出したら・・・・

登れば意外と平気かも・・・と返ってきた。

そうかもしれないと・・・・確かに思った・・・冬か~?

Pa110149 ようやく出た。

笹別れ14:16~遠足尾根登山口15:37

この登山道はこの夏、作ったのだとか。

6月に来た時は、確かにできてなかったな~。

遠足尾根の下り・・・・ 休憩入れて1時間20分

・・・・登山口振り返ればPa110150 、こんな感じ→

Pa110151 Pa110152

宇賀渓駐車場に戻った。15:51

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その20:蛇谷(三重県)④竜ヶ岳山頂~注意・笹別れ

Pa110114_2 2011年10月11日

蛇谷を遡行し、笹を掻き分け、竜ヶ岳山頂に突き上げた。13:00

濡れた靴を履き替え、乾いた靴下を履くと心地よかった。

風が吹き、体温下る

歩き出すと暑かったので結局そのまま自然乾燥もいい選択だった。

折角持ってきていたし、山頂には人は無く、ちょちょちょと着替えた。

曇っていて見渡せないが、わずかに山が見て取れる。

Pa110115 三角点

Pa110116 竜ヶ岳山頂 1099m

Pa110117 昼食を食べて、遠足尾根を下るため、裏道登山道方面に下り始める13:36

向こうのこやまのその向こうが遠足尾根

Pa110118 6月にシロヤシオの羊の群れを見に来た時は、

時期がわずかに早くて分かりにくかったが、

秋の今は茶色くなった木の色であれが白く変わるのねと羊の群れが想像できた。

Pa110119

竜ヶ岳を振り返ってみるといい感じ →

/

/

/

/

/

/

/

/

Pa110120 ←もっと下って

・・・・・竜ヶ岳山頂をまた振り返った。

Pa110121Pa110122

春来た時も

この辺

いい感じだったなあと思い出す。

Pa110123 裏道登山道遠足尾根分岐笹別れで分かれる。

その分岐は、下から登ってくるといずれのコースも迷うことは無いが

山頂から下ると、まんまと裏道登山道を下ってしまい見落とす。

Pa110126 ココが笹別れ

軽く右にカーブして裏道登山道

左に折れると遠足尾根

Pa110124 気持ちよく下ってしまい見落としてしまったことに気づいて戻る

Pa110125 よくよく見るとテープ

テープがたとえ無くっても、

その気になればもう見落とすことは無いくらい分かりやすい。

しかし、看板あればいいのにね。wink

そのうち付けてくれる日もあるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その20:蛇谷(三重県)③竜ヶ岳まで

Pa110095 ウネウネと続く蛇谷は滝の連続

ドンドン登る

Pa110096 Pa110097

ひたすら小岩を渡り

登り始めると

なんだもう滝は無いのかと

沢に少し飽きてくる。

Pa110098  トリカブトの花が咲く

Pa110099

Pa110100 紅葉の季節には早いが赤い木は何だか鮮やか

Pa110101 水量が減り、ガラガラの岩

沢の終わりが近いことがひしひし分かる

Pa110102_2 同じ景色が続き

少しダレテクル

Pa110103単調な登りが続き

沢に飽きてくる

少しでも早く

目先が変わって欲しくて

黙々と登る

Pa110104 Pa110105 Pa110106 後ろを振り返ってみる。

天気が良かったら伊勢湾が見えるのだろうか?

Pa110107 沢も終わりに近い12:27

ちょっと休憩  

稜線の登山道に突き上げるルートを取らず、山頂を目指し左の沢に入る

Pa110108 尾根に取り付き

登り始める12:43

笹こぎ

Pa110109 振り返ると

遠足尾根が見える

Pa110110 山頂へ

笹こぎ

笹こぎ

Pa110111

Pa110112 頂上直下の

中道登山道に出る13:06

Pa110113 すぐ山頂 13:09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その20:蛇谷(三重県)②竜ヶ岳山頂まで

Pa110052 2011年10月11日(火)

竜ヶ岳(三重県)に突き上げる

員弁川水系 宇賀川

を沢登りしてきました。

四日市ICで高速降りて

宇賀渓駐車場

春にシロヤシオ

「羊の群れ」を見に来たが

少し早くて残念ながら

見られませんでした。

あれは6月だったでしょうか。

駐車場の管理人さんが

●台風の影響で荒れた登山道の状況

●新しく出来た遠足尾根の登山道

情報を教えてくれました。

登山届けをポストに出す。

Pa1100538:00出発

同行:はちえもんさん・花さん

駐車場にも登山道にも

他の登山者なし

今日も貸切の山になりそうな予感

Pa110054Pa110055

教えて貰ったとおり 大学の研究施設の手前

道は崩落・・・・・・ガードレールの外を歩き進む

Pa110056 新しく出来た遠足尾根の登山道入り口8:20

馬酔木の白い花が咲く頃や

シロヤシオの咲く頃は

この尾根に行くと綺麗でしょう・・・・竜ヶ岳からの下山に使うのもお勧めかもheart04

Pa110057 裏道登山道入り口8:22

Pa110058 間もなく

白竜吊橋 渡る8:22

Pa110059_2 橋を渡り

ほんの少し登って右

沢に降りていく。

沢装備に変える

Pa110060 沢歩き始まり8:36

宇賀川本流

Pa110061_3

Pa110062

Pa110063魚止滝8:42

右岸巻き

巻きも無く

へつったり直登したり

腰までおかまいなしで

シャワーもありで

水が冷たくなくて楽しい限りですheart04

Pa110064 梯子を登り大きな平らな岩の上に乗ってみたり

Pa110065_2

Pa110066

Pa110067Pa110068

つばめ滝9:20

直登はできないけれど

つばめ滝は右岸を登れるのね。

蛇谷出合↓

Pa110069

Pa110070 水量が少ないお陰で

スルッと進んでいけるhappy01感謝

「天気と水量で、えらい違いだわ。」

ついつい先日の笛吹川

思い出して比べてしまう。

Pa110071

Pa110072 Pa110073

Pa110074  Pa110077

Pa110078 再び登山道に五階滝で出会う9:37 

五階滝左岸巻いたっけ?資料によると右岸だな・・・もう忘れてる・・・。

この登山道、6月に来た時、下山時に歩いたんだけど・・・。

Pa110079

Pa110080

Pa110081 初めの頃の

躊躇も用心もだんだん薄れ

濡れることに無頓着になる私

「巻くくらいなら一瞬泳ぐほうがマシマシ」とだんだん思ってくる。

たまには、こんな感じも厭いません。

Pa110082

Pa110083

Pa110084_2

Pa110086

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

Pa110087

Pa110088 1回

「先行って写真撮りましょう」と

高巻きしたことがあった。

しかし

直登のはちえもんさんの方が早かった。

Pa110089

次々楽しい登りが続くからPa110090

休憩も忘れてしまう。

登り方は1つじゃない

沢はコレだから好きheart04

/

/

/

/

/

/

/

/

/

Pa110091 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

/

Pa110092_2/

/

/

/

/

/

/

Pa110093 /

シャワーも身体の正面で

まともに受け過ぎると

登りきる前に

息が出来ず

呼吸続かなくなる。

全身

ずぶ濡れになり

何度も挑戦するが

あきらめて右に逃げる。

Pa110094

| | コメント (2) | トラックバック (0)

住吉大社の夫婦楠

Pa160043住吉大社

御神木 夫婦楠

Pa160042

先週は、毎日住吉住吉と言い続けて来ましたが

だーさんは随分良くなってきました。

毎日リハビリに遠路ハルバル、大阪市住吉まで通っていました。

路面電車に乗って天王寺まで行ってジュンク堂へ寄ったり。

病院帰りに、

再び住吉大社へお礼参りさせてもらったみたいでした。

私に交通安全のお守りも戴いてきてましたわ。

住吉さんにお参りする時間あるのなら今度は

フカフカな落ち葉を踏んできてみてん・・・と言ったら

本当に踏みに行ったみたいでした。

Pa210001_2

そんでもって、こんな頂き物を買ってきました。

46体そろえるほど、お参りすれば満願成就するそうです。

Pa210002

死なないでくれてありがとう。

治る怪我でとどめてくれてありがとう。

私の代わりに被ってくれてありがとう。

子どもたちでなくて被ってくれてありがとう。

通勤途中の労災扱い治療休暇が終わり

昨日から仕事復帰し出勤始めました。

プレートとビスが入っていますが、粉々に砕けた骨が再生して

しっかり治ってくれるのを待つのみです。

だーさん右手骨折事件はコレにて終了

明日から鈴鹿山系・竜ヶ岳 蛇谷 行ったことをUPしてみよう~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おもかる石(大阪市住吉区)

Pa160047 住吉大社から歩いて数分

張り紙に導かれるままに行ってみた。

/

おもかる石

確か、2礼 石を持ち上げる 念じて2拍 再び石を持ち上げる

軽く感じたら願いごとは叶う

重く感じたら成さないとか。

この説明読んで、重く感じる人がいるのだろうか?

欲張っては叶うまいと・・・・

だーさんの手が早くちゃんと癒えます様にと

タダそれだけを念じた。

石は三個有りますが、1個にしてねと貼りがみあった。

人もいなくて3コお願いできたが、しなかった。

何だかね~え

1個にしても・・・・

今から思えば、自分の事をお願いすればよかったなあ~happy01

Pa160046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住吉大社周辺を歩く

Pa160034 雨の昨日には無かった露店

晴れの日曜日同じ時間でも大違い。

何だか趣ある。

Pa160036_2 天気いい~

Pa160037 「神様にカメラを向けるなんてばちあたりな」って言われたことがあるから、

裏から撮ってみた。

Pa160038 どの木もこの木もいい感じ

住吉大社の周りにはお散歩スポットがいろいろ有って楽しかったよ。

Pa160045 Pa160048 Pa160049

その昔、清水の湧く大きな池があり浅沢と呼ばれ

奈良の猿沢京都の大沢とならぶ近畿の名勝であった。

昭和に入って、浅沢は枯れたのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンモクセイの花が散る

Pa160031

キンモクセイの花が散る。

旅と言うには少々違うが、

だーさんの右手骨折に伴う大阪での手術の一件

大阪に度々出かけた。

お陰で初めて行った大阪市住吉

住吉大社の前の道を隔てて

南海本線住吉大社駅の西

住吉公園も散策した。

Pa160032 日曜は、人が多くて賑わう。

運動会

犬の散歩

朝抜きでついて来てくれた三年寝太郎と駅のパン屋さんでコーヒーとパンを食べた。

両手を包帯でぐるぐる巻かれていた日は、

何だか可哀相で哀れで労わってあげたくなりました。

しかし、次の日には、

勝手に左手の包帯と添え木を取ってしまって使っていました。
12に骨折→13・14は家で養生→15に入院手術→ 16に退院

その16日朝に迎えに行ったのに、

ちょっと、住吉公園でウロウロしている間に、

「帰れる時間が近づいたら携帯に電話して呼び戻してね」と言っておいたのに、

待てど暮らせど電話鳴らないから病室に戻ると

既に退院してベットは空になっていました。

一人で職場に挨拶に行って事故の自転車を回収していました。

何だか行き違いが凄く腹が立って、

労わる事を一切やめることにしました!!!

「可哀相な状況の夫」と思うと何でもないことが、

何だ元気じゃん・・・と思うと、腹が立つ気持ちが湧き上がる。

人間って不思議なものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市の路面電車

だーさんが退院する朝、

両手怪我しているから荷物を持って帰ってくるのは大変だろうと

同僚に仕事を代わって貰って朝から車で三年寝太郎と迎えに行った。

10時と言われていたのに8時についた。

まだ、朝の抗生物質の点滴も始まっていないし退院までは時間がある。

駅前で朝食食べたり、住吉大社に住吉公園を散歩したりした。

日曜日の朝は、人がたくさん。

思い思いに過ごしていい感じでした。

Pa160053_2 大阪市住吉区の路面電車

走って来る電車のカラフルなこと

大きなカメラを持って写真を撮る人の多いこと

路面電車は絵になるね。

Pa160054 南海電車 住吉大社駅

Pa160055

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪市役所~毛馬の閘門~淀川・仁和寺駐車場

・・・・・・・・・・大阪・・・・・・・・・・

は、生まれも育ちも別の町

高速通過で通るのみ

私にとっては縁もゆかりもない町まちですが・・・家族はお世話になっていますhappy01

自転車であっちこっちを走り回るようになって大阪は身近な街になりました。

ココに来て、だーさんが手術で入院したり・・・・・

興味があって関心持っていると話題の中心

大阪マラソン

そして

11月27日大阪府知事・大阪市長 の同時選挙。

テレビのニュースも関心はそちらで・・・否応なしに耳に入る。

大阪は良くも悪くもお隣さん

そう言えばと、2011年6月に自転車で走ったことを思い出してUPしてみる。

P6260002_2 2011年6月 大阪市を自転車で走った。

大阪市役所近くのコインパーキングに車を置いた。12:06

P6260003  中央公会堂12:10P6260004_2 中ノ島はいい感じ

P6260005 大阪城が見える

P6260006 整備された走りやすい道

P6260007 毛馬の閘門

P6260008 だーさんは、我が夫ながら方向音痴だと思う。

行き先もさだかではなく付いて来た私は、地図も持たず事前知識も無い。

彼について走るのみ・・・・・疑問にも思わず走る走る

P6260009 毛馬のこうもんで、淀川を上流に行くつもりなのに

気がつけばひたすら河口に向かって走っていた。

間違いに気づいて引き返すこと30分

ぶつぶつ文句言いながらモクモクと走る。

暑い6月・・・・・・ジリジリ日が照った日でありました。

P6260010_2 P6260011 P6260013 P6260014天気いいので

お弁当広げてベンチで食べた。

P6260015近くには蕪村生誕の地

歌碑もあった。

・・・・・・・・春風や堤長うして家遠し  蕪村・・・・・・・・・・・・・・

P6260016蕪村は享保(きょうほう)元年(1716)この付近、毛馬村で生まれた。

17、8歳ごろ江戸に出て俳諧を学んだ。

P6260017  毛馬のこうもんから上流に走り、以前走った淀川のスタート地点にした

仁和寺野草地区駐車場まで走って引き返した。

大阪湾まで19.4km

P6260018 P6260019_2 P6260020 P6260021  走ってきた道を戻るのは、つまらないと思うかもしれませんが、

山とは違って、まるっきり景色が違うので意外と新鮮

P6260022コインパーキングに帰ってきました。

中ノ島公園では、楽しそうなイベントが催されていた。

P6260023

帰りの高速道路を走っているとき、虹が綺麗だった。

次の日から2日間、琵琶湖を1周しました。

3日も走り続けたので、お尻が最終日には痛くなりました。

大阪の川沿いの道は、ほんと気持ち良かった~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住吉の神に心をかけぬまぞなき

何事をまつとはなしに住吉の神に心をかけぬまぞなき 

                                  法眼静賢

Pa160052_2

2日目住吉さんにお参り行きました。

おみくじひきました。

結ぶ所が無いので持って帰りました。

このみくじに逢う人、平穏無事な生涯を得易い・・・・scissors嬉しい。

対人運・・・・・paperはーい。

仕事運・・・・・good肝に銘じておきます。

体調運・・・・・了解confident

幸運の鍵 感謝

「法眼静賢検索したら何処かの誰かさんも同じ住吉大社のおみくじ引いてられました。

午後から桂米朝さんたちの落語会があるとか

行きたかったがだーさん連れて帰るほうが大事と我慢した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から日常に戻る

先週 蛇谷(三重県)で楽しく過ごしてきた。

次の日から始まっただーさんの自転車転倒事故。

4日経ちようやく、日常に戻った。

次の日に開くはずだった荷物を解き、ビックリ

ハーネス・シュリンゲ等の臭いこと・・・・・・・。

いいのか悪いのか、洗濯機で洗剤入れて柔軟剤も入れて洗濯してみた。

爽やかな香りと軟らかいつかみ心地。

心がリセットされて、普通の毎日が始まった。

Pa160056_2 思い出した。

竜ヶ岳(鈴鹿山系)に突き上げる蛇谷は私レベルの者には、楽しく遊べる沢でありました。

蛭おらず(同行の花さんは、竜ヶ岳山頂で沢シューズを脱いだ時に0.5mm大のわずかに吸血した蛭が転がり出たが・・1匹のみ)

水も冷たくなかったので、へつりも直登もシャワーも快適

水の落ち口を忠実に登っていく

もう、結構登った頃、沢の中に鹿の死体が浮かんでいた。

水は流れて沢を流れて落ちる。

そんな事も露知らず・・・・・・

嬉しがって浴びていたのね・・・・不謹慎だが目の裏に焼きついた浮いた鹿が頭に浮かび

吐き気を催す。

アカンタレなデは、リセットできず、吐き気に苛まれた。

いや~、ほんと私ってチキン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

踏んでみてん・・・幸せな気分になるから

Pa160039

だーさんが手の骨折で入院・手術した日は

小雨が降るなか

無事と成功を祈って住吉大社にお参りした。

1泊2日

次の日退院すると言うので迎えに行った。

早くについたので再びお礼にお参りした。

「初辰まいり」の幟がたくさん。

狐さまがお守りする大きな木

Pa160040

それはそれは、立派な木でありました。

Pa160041_2

木の下に立っているだけでパワーを貰えそうです。

住吉大社

綺麗に掃き清められて落ち葉は落ちていない境内に、

ココだけ落ち葉が敷き詰められてフカフカな一角がある

Pa160044 踏んでみて幸せな気分になるからheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝の住吉大社にお参りする

Pa150026_2土曜の朝

早朝の住吉大社(大阪府大阪市)にお参りした。

Pa150027_2

境内は掃き清められ、それはそれはすがすがしい。

Pa150024_2雨で濡れた太鼓橋は、用心深く渡る。

私が大阪市民だったなら、この神社で結婚式もありかもね。

Pa150021_2

いやいや、その前に・・・生まれ変わったら・・・とでも言って置くしかないね。

Pa150020_2

手術の無事を祈ってお参りする。

Pa150023_2  退院の朝も、おかげさまでとお参りしよう。

Pa150022_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橈骨遠位部骨折

橈骨遠位部骨折(とうこつえんいぶ骨折)

観血的整復術

高齢者が転倒して手をついた時によく起こると言われている骨折

親指側の太いほうの骨(橈骨)の手首に近い部分の骨折で、

細いほうの骨(尺骨)の一部も骨折を伴うことがあります。

Pa150028_2_2   

だーさんは、今日手術受けました。

朝絶食で9時入院

10時半手出棟

伝達麻酔で手術をしたので、

昼食は手術室から帰室した12時半から食べることが出来ました。

昼食後から、歩いてトイレに行き排尿しました。

無口な彼を看護婦さんに

「いつもこんな感じですか?」と聞かれた。

「そうですね、我慢強いほうだと思います」と答えた。

左手の脱臼は

誕生日の次の日には勝手に固定も外して使ってしまっていましたから、

普通に使っています。

Pa150029_2

病室のベットサイドから、路面電車のパンタグラフが見える。

遮断機が上がると黄色と黒のシマシマ棒が見え

遮断機の音が聞こえる。

術後尋ねる事にだけ答えていただけだったが

夕方になって、ようやく自分から話し始めた。

手術中、OP場にはずっと竹内まりあ曲が流れていた。

1泊2日

明日午前中に退院します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し腫れた右頬と。

毎日 やりたいこと 楽しいこと 楽しみにしていること 好きなこと 続けていること 

数々ある。

このブログもしかり。

それにしても 人生は面白い

書きたいことが 山ほどあるのに 書ききれない。

蛇谷超楽しかったこと書きたいんだけれど~

追いつかないから・・・・もう、どうでもよくなった。

書けない日は仕方が無い。

ひとまず・・・・・最も 最新の面白がっていること

昨日はだーさんの誕生日だった。

HAPPY BIRTHDAY heart04

ひさびさに、家族が全員揃った。

無口なだーさんがとても朗らかだった。

なんだかとても幸せだった。

こんなこと書くと、「お~お~そうですか!!」

人の幸せを不快に思う人もいるでしょう。

おっかしいhappy01

だーさん誕生日の朝、通勤途中 

間もなく職場という路上

減速した単車を避けるために だーさんは急ブレーキをかけた。

前輪の制動に 乗った自転車は前に1回転して前に投げ出された。

両手をついて、どんぐさい彼は、倒れた。

単車は走り去り、誰にも気づかれないまま、立ち上がり。

自転車をついて、職場まで歩いて行った。

職場の人に病院に連れて行って貰い・・・・・

右手首骨折

左手脱臼

右頬に10円玉大の擦り傷

入院することなく

職場で昼食食べ、電車で帰ってきた。

その日は、誕生日だった。

両手添え木と包帯固定のぐるぐる巻き

指が出ているのは、左手の中指・薬指・小指だけでした。

まるで、シザーハンズです。

誕生日のせいか、怪我のせいか、彼の口数が増えた。

彼が食べやすいものをと・・・回転寿司を買ってきた。

左手の3本の指でフォークを使い食べてみる。

それでも、固定の包帯が醤油に浸かり・・・はなはだ厄介

苛立つ事が無いところが、彼の長所だと思います。

家族でカラカイながら、バースディー・ケーキにロウソクつけて、写真を撮ってみた。

生きててくれてありがとう。

帰って来てくれてありがとう。

笑ってくれてありがとう。

護られていた事に感謝しよう。

Photo_4

誕生日おめでとう。

週末に入院にして手術です。

遠くの町まで車で送っていくことになりました。

付き添えるのかな~知らない町の知らない病院

不安よりも・・・おもしろがり、UPする楽しみが増えました。

ほほほ・・・・。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その20:①蛇谷~竜ヶ岳~遠足尾根(三重県)

2011年10月11日

宇賀渓駐車場~蛇谷竜ヶ岳遠足尾根宇賀渓駐車場

昨日、数年前に中止になって行けていない蛇谷を沢登りに行ってきました。

ザイル出して貰うことなしの直登ばかりで、面白い。

朝、駐車場の管理人さんに教えてもらった

新しく開通した遠足尾根登山道を下山しました。

紅葉には、まだ早いけれど

蛭なし シャワーしても寒くなくて 楽しい1日でした。

詳しくは明日から~

Pa110062 ・・・・・・・・・・・・・・・・宇賀川本流 魚止滝・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切って挿した

P8200010 夏のある日植木鉢にボウボウに伸びた。

刈り取り、花瓶にさした。

下の葉は、小さくて可愛いのでガラスに浮かべてみました。

/

度重なった台風の被害お見舞い申し上げます。

キンモクセイの花が香る秋が来て、少しは状況が改善されたでしょうか。

のろのろ時速15km/H

私たちの地元も雨が降り続きました。

それに加えて、上流の山域では相当量の雨が降り、こちらで雨が降っていないときから既に警戒水位を上回っている有様でした。

そんな台風がこちらに向かう夜、夜勤でした。

台風のありように似ているなかなか進まないお産が4件ありました。

疲れた重い足でノタノタと車で自宅へ帰りました。

あれから

先日遅ればせながら和歌山県水害ボランティアに参加してきました。

土日祭日は、たくさんの参加者が期待できると聞きます。

平日に参加してきました。

観光バス1台に17人

2人席には、一人で座り。

何回か参加していた人は、初日はこのバスに10人だったと教えてくれました。

帰宅直後の虚無感

多分、激震災害に認定される日が来たら、一軒あたり100万円が支給される。

全壊のお宅にも半壊のお宅にも同額支給。

泥に埋もれた屋根と壊れた柱の家が残った半壊家庭は、支給額の中から解体費用を出さなければならない。

それで、解体費用が泥の有る無しで代わる事もあるので壊す家の床を剥ぎ、床下に残った分厚い泥を外に出す依頼がボランティアセンターに来る。

90件未着手とか聞いたが・・・・・。

求められることをする。

だーさんは、阪神淡路大震災の後、淡路島に行き、ご老人の住まわれる家の泥除けを行ってきた。

その家は住み続ける為の泥除け作業であったと聞く。

今回はそれとは、ちょっと違う。

家を解体するとき、泥があると何で値段がUPするのだろう?

そうなのかな?

他所に住居を移し誰も居なくなった集落に、ボランティアの姿と業者の姿

行った時期がそういう時期になったからそうなのだろうが、

本当に意味の有るのもなのか私の心が意味を問う。

それでも、心を込めて夢中になって泥をかき出してきました。

10人がかりで1件の泥を外に出す。

求められれば提供する・・・それが

ボランティアとだーさんが言う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

災害ボランティアとメンドクサイ私

Pa060046

行ってきましたわ。

天気はいいし。

行った先の災害ボランティアセンターの方々の対応

災害ボランティアのバスの乗車仲間の方々も爽やかで

行き帰りも楽しくお話させてもらって

家に帰って我に帰るまで何も思っていませんでしたが

何だかモヤモヤする~

それが何なのか、良く解らないのが、自分自身不可解です。

山から降りた爽快感も 仕事帰りの充実感も

何かそんな感じかと思いきや・・・うっすらもや~っとする心もち

夕飯食べながら・・・・・そんな事をだーさんに話すと

ボランティアはそもそも自己満足

最後は、心も自己完結しなければ駄目

とか言い放たれた・・・・・・。

現地スタッフの方々が・・・帰りのバスを見送ってくれた。

スタート地点の和歌山市に戻ると、夜にも関わらず和歌山県の職員の方でしょうか

出迎えてくれました。

そんな1日を・・・・・モヤモヤとは、これいかに。

ちょっと疲れただけなのかな~

三年寝太郎が帰って来て、楽しかった?と聞いた。

又行きたい?と聞かれた。

何だかはっきりしない心もち。

寝よう~

めんどくさい奴だ私は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うさぎドロップ」観て来ました。

Pa040019

まち母と やっとうさぎドロップ見に行ってきました。

泣くと言うより、気持ちがじ~んと伝わってきて涙がポロポロ流れました。

こんな母性を備えた独身男がおるだろうか?

アニメもこの映画もとっても好きだが・・・・はなはだ疑問heart04

まち母に泣けるようなところ、あったか?と聞かれました。

ランチ食べに行って来ました。

前菜・スープ・パスタ・ドリンクバー・ケーキ三種のコース 二人前注文して

私が1.5人前食べたようなものですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うのはな

P1010077 うのはな

おからは便利です。

繊維もタップリ  たんぱく質もバッチリ

佐用町に自転車で走りに行った時、道の駅で見つけたから買ってみた。

どこどこでも、見かけたときは手に取るように決めている。

その割には、スーパーではその手前に置いてある豆腐止まりなんですが。

味噌汁に隠し具材として入れてみたり

ハンバーグに混ぜてみたり

また買ってこよう~kissmark

| | コメント (2) | トラックバック (0)

備蓄 缶パン ②

P9250011

昨日に続き・・・・・・缶パンの話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開いた段ボール箱の中には、期限が切れた缶パン

あずきのパン

プレーンのパン

おいものパン

コーヒーのパン

P9250013

プルトップの蓋を開けたら、中からコロンとパンが出た。

P9250014 切って食べてみた。

5年も期限が過ぎているのに、意外と美味しい。

期限内に食べられていたならば、さぞかし上手いことが想像できた。

また注文したいけれど・・・今年は東北大震災と台風12号の水害

今年は、タイミングが悪すぎる・・・・きっと受注しても、受けてもらえないと思うの

山道具屋には、白米のアルファー米が売れてしまって補充がなかなか無いそうだ。

P9250015他にも期限が切れた備蓄P9250016  そうそう、。

先日遊びに来てくれた友に、期限が5年も過ぎたんだけどと・・・・と言いつつ

食べられるでしょう・・・・と、実際に食べて貰って、その上に

無理やり数缶引き取ってもらった。

家族にその事を話すと

「よくまあそんな事をしたなあ~」と呆れられました。

食べられたよとメール貰いました。

食べてくれてありがとう。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備蓄 缶パン①

P9250010

写真内のダンボール箱のメモが読めるだろうか?

缶パン  2006.12月 8日まで

P9250008

私が、台風去った笛吹川ですったもんだと楽しんできた日

だーさん、家の裏の物置に収めていた災害時の備蓄物品の点検をした。

山から降りると我が家のリビングにはダンボール箱ともろもろの物品が並べられていた。

缶パン

これは、10年ほど昔、

私がテレビショッピングで阪神淡路大震災が起こるまだ前に、買って備蓄していたものだった。

ともかく期限切れて久しい。

5年も放って置いたなんて面目ない。

買った当時、地元の看護協会主催の災害時看護の研修に行った後だった。

それ以前の子どもたちが小さい頃から、私には絶えず危機感にさいなまれていた。

今から思うと少々病んでいたのかもしれない。

子どもたちを守ること、子どもを守ることの出きる自分が生き抜くこと

そんな事ばかり不安に思っていた。

初めの頃は、カップヌードル一箱買って備蓄していた。

期限が切れ、容器は変質していた。

それで次は学んで、缶パンにしてみた。

結構いい値段したような気がするが、食べやすかろうと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日へ続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこ焼きに凹む

関東から地元に戻って来た友だちが、生まれて間もない赤ちゃんと ちいさい可愛いお姉ちゃんを連れて遊びに来てくれることになった。happy01

何したらいいか迷った末、たこ焼き作って遊ぼうと考えた。

それで、夫とふたり・・・事前に別日・・・たこ焼きの練習した。

意外と上手くできた。

よっし!!!本番はこれでOK

 P9250017 そして、本番

何だかいまいち・・・・

それでも、時は流れ・・・・・

帰ってから気がついた。

タマゴ入れるの忘れていた。

だから上手く焼けなかったのか????

タレでごまかして様なもの

ちょっと、後悔・・・相当凹む

まずいもの食わせてゴメンナサイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山県災害ボランティアに行こうと思っています

Pa010018 休憩時間に、災害ボランティアの話題になった。

地元の人が東北の災害ボランティアに参加希望したら、和歌山県を助けに行ってくださいと言われたという話を同僚に聞いた。

そうよね・・・・必要だよね・・・と思った。

話はちょっと飛ぶけれど

スーパーのバス旅行が当たった。

まち母も葉書来た事あると言うほどの

当たったと言うより、どんどん招待しているので応募したら当選葉書が誰にでも来るようなツアーだそうです。

当たった本人しか参加資格ないし、誰かと行きたいと思ったら同伴者の参加費が1万円の旅らしい。

それでは、実質5000円の日帰りツアーのなのね・・・・。

「一人で無料で招待してもらおうかしら・・・・・」と思って、返信した。

そして、予定日の休みを希望した。

すると、-ツアー前に1日・ツアー後ろに1日の三連休になった。

1日目: まち母と映画「うさぎドロップ」を見に行って、夜は職場で勉強会

2日目: ツアー

さて・・・もう1日空いた。

予定が空いたから・・・と言うのも甚だ不謹慎だが・・・・東北にたくさんの人が割かれている現状で和歌山の水害ボランティアも足りないと聞いている。

もちろん土日には、希望してくれる人が多いが平日となるとなかなか・・・とか。

和歌山県社協・災害ボランティアセンターを検索して、

連絡先に連絡して、今朝、申し込んだ。

和歌山県和歌山市 ビック愛 7階

オリエンテーションを聞きに今日行きました。(1回は行ける人で無いと駄目みたい)

ボランティア保険加入しました。

当日車で集合場所まで行くと言うと車の駐車場の証明書をくれました。

10月3日(月)~7日(金)の募集で

朝5時半バス出発 5時10分までに受付

和歌山市に戻ってくるのは、20時~21時予定

食料飲み物は自己完結

朝昼夜食と水分2~3L持参・・・・・要るね~

長靴に長袖長ズボン 帽子

健康と体力に自信のない方は遠慮してください

写真は撮らない

私の前に、若い男性1人が説明を聞いて帰っていった。

説明終わり頃に、若い男性2人と女性1人のグループがやってきた。

たまたま同時に説明を聞いた女性が・・・・・

「古い登山靴を履いていっていいですか?」って質問していた。

この年配の女性も山に行くのか・・・・

「そんな事、自分で判断すればいいのに・・・」と、チラッと思った。

参加日が違うから一足先に失礼した。

同僚に聞いた話だが・・・・

「ボランティアさんは雑談もせず黙々と作業してくれる」って聞きました。

私も、「誰かと一緒でないと行けない」

・・なんて言わずに・・・寡黙にしっかり仕事を全うしてきますわ~。

頑張りすぎないこと~って書いていました。

無理しないようにheart04

とか言っても・・・今夜は夜勤・・・・同僚と勤務代わったんだ・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »