« 山その19:②笛吹川~甲武信ヶ岳・・東沢 | トップページ | 山その19:④笛吹川~甲武信ヶ岳 ・下山 »

山その19:③笛吹川~甲武信ヶ岳・信州沢右俣を登る

  P9240042・・・・・・・・・・・・・・・・朝出発時 幕営地を振り返るとこんな感じ

本当は定番の釜ノ沢東俣 広河原 が予定地だったが、

1410 付近で幕営

快適安眠、次の日は6時過ぎから歩き始める

 さっそくの渡渉

そのうち、沢の出合 6時24分

進むべき釜ノ沢 出合いは沢に入って間もなく魚止滝と記録で読んだ

「魚止滝が無かったら間違い」

間違っていると思います・・・・を何度か言ったが。

「いずれにしても、こんな下でウロウロしている場合ではない」と言われ

・・・・・・・・黙る

P9240043_2・・・・・・・・・・・・・・・・・・写真正面は金山沢  右信州沢に入る

P9240044 多数決の原理

「納得しましたか?」と質問され・・・・

「納得してませんし、違うと思いますが、従います。」と返事する。

P9240045

ナメをジャバジャバ突き進む・・・楽しい

P9240046 ・・・・・・・・・・・振り返ると美しい ↑

P9240047 帰宅後、ネットで検索していたら、

釜の沢俣をのぼり翌日信州沢を懸垂下降を繰り返し降りてきた人の記事に

この場所の写真を見た。↑

P9240048信州沢 右俣

沢通しに右へ右へ

稜線の大岩壁を避けた。

最後の1本を左へとって、間もなく左の尾根に取り付いた。

最後の最後まで水があった。

P9240049

そこココのクラも避けて巻いて、甲武信ヶ岳の登山道の稜線に出たかった。

しかし、クラに突き当たり避けても岩の連続に阻まれながら、石楠花の藪コギした。

P9240050

P9240051 巻ききれなくなって、支尾根稜線を忠実に岩を登った。

トップは無理でも

ザイル張ってくれたら何処でも登れる 楽しい

P9240052

12時14分 登山道に出ました。P9240053

P9240055 休憩 ハーネス 沢シューズ脱ぎ 乾いた靴下に履き替える

釜ノ沢を突き上げ甲武信ヶ岳へ上っていればその後は下るだけだがあいにく残念

1時間半+1時間半  3時間の登り   山頂から下り4時間  計7時間    

 先は長い・・・・・・・

P9240057_3 P9240058

地図で展望良いという場所    登って来た沢と稜線と・・・

P9240059

甲武信ヶ岳頂上が見えた。

P9240060 P9240061_3

13時47分

富士見

看板ふりかえる

木ばっかり

富士山見えません

P9240062_2

14時27分

ミズシピーク  

看板あるけど読めません

P9240063_2 越えて甲武信ヶ岳まで ゆっくりゆっくり登る  楽しい

P9240064 左に下れば千曲川源流   行きたかったな~

P9240065

15時 甲武 信ヶ岳

P9240066

下り始めて振り返った山頂は、意外とそっけなかった。

|

« 山その19:②笛吹川~甲武信ヶ岳・・東沢 | トップページ | 山その19:④笛吹川~甲武信ヶ岳 ・下山 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/42017538

この記事へのトラックバック一覧です: 山その19:③笛吹川~甲武信ヶ岳・信州沢右俣を登る:

« 山その19:②笛吹川~甲武信ヶ岳・・東沢 | トップページ | 山その19:④笛吹川~甲武信ヶ岳 ・下山 »