« 山その19:①笛吹川から甲武信ヶ岳 | トップページ | 山その19:③笛吹川~甲武信ヶ岳・信州沢右俣を登る »

山その19:②笛吹川~甲武信ヶ岳・・東沢

22日20時半頃こちらを出発し3人で交代で高速を走り
現地へ4時頃着きましたか。
仮眠後、雨に戸惑い、リーダーの決断を待ちました。

P1010009

P1010010_2  いや~

台風15号影響が去り

予報は

9時くらいまで小雨残るものの

昼から好天

P1010012 ●二俣吊橋はご覧の通り

P1010013 P1010014P1010015

吊橋渡って、右へ沢に降りて行きました。

P1010016 鶏冠谷出合 さっそく 股までの渡渉

渡渉終了が鶏冠山登山道の入り口

テープに導かれて、登山道を登りだす。

違うと分かってからも更に登る。

イヤイヤついて上る。

再び鶏冠谷出合に戻るP9230019

沢をわずかに行くとすぐ道に入った。

P9230020 腰まで、時には極たまに一瞬胸までの渡渉

P9230021 渡渉と高巻きの連続

P9230022 このルート、こんなに大変だったの?

P9230023

●ほら貝のゴルジュ  11時

P9230026 P9230027

●山ノ神 11時40分

P9230028

P9230029 ●乙女の滝

ネットで見る乙女の滝はショロショロと落ちていたような・・・・・

P9230030 13時  やっと青空

しかし、太陽は23日 1回も姿を見なかった。

P9230031 ●鶏冠岩って言うのかな 

P9230032 ●東のナメ滝

P9230033

P9230033_2

P9230034 P9230035 P9230036 P9230037 ●西のナメ沢

P9230040_3 西のナメ沢  過ぎて釜の沢の手前

右岸 高まき ようやく再び沢におり立ち 深い渡渉

  1410付近  16時30分終了    幕営

全身ずぶ濡れ  すっこり着替える  鍋食べる   美味しいheart01感謝

P9230041

|

« 山その19:①笛吹川から甲武信ヶ岳 | トップページ | 山その19:③笛吹川~甲武信ヶ岳・信州沢右俣を登る »

」カテゴリの記事

コメント

ホラの貝と言い,乙女の滝と言い随分な水量ですね!
山の神までのコースも近年の大雨続きでさらに荒れてしまったのかも知れませんね。
山頂までは一度しか行ったことはありませんが,途中まではその後,秋に二度ほど写真を撮りに行きましたが,いつも穏やかでした。

投稿: flugelGT | 2011年9月26日 (月) 20時31分

Flugel GTさまへ    デナリ

こんにちは。
思いのほか、楽しい山行きになりました。
紅葉のころはさぞかし美しいでしょうね。
釜ノ沢へ入れずに、信州沢右俣を直登しました。
いい勉強できました。

関東はいいですね。
高い山が目白押し
より取り見取りで登りたいだけ登れそうで。

happy01
水量の少ない穏やかな笛吹川 
いつか行ければいいな~とか思います。

 

投稿: flugel GTさまへ | 2011年9月28日 (水) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/42017490

この記事へのトラックバック一覧です: 山その19:②笛吹川~甲武信ヶ岳・・東沢:

« 山その19:①笛吹川から甲武信ヶ岳 | トップページ | 山その19:③笛吹川~甲武信ヶ岳・信州沢右俣を登る »