« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

高知2011:⑨梼原に向かって走ってみた

P7220096ゆすはら

四万十川の源流点を懐に抱く 不入山から下山後

車で四万十川の河口も見てから、高知市内に戻ってみたかった。

で、お昼ご飯も食べたくて、龍馬脱藩の道を先へ進んだ。

が・・・どうやら、回り道したら、とっても遠いらしい。

ガソリン入れて引き返すことになった。

P7220092_2

雲の上のホテルで定食を食べた。

P7220094震災の影響で温水プールもお休みしていた。

台風通過の影響で天気は不安定だし

お昼時から外れていたせいか、お客さんは私たちだけだった。

P7220096_2 駐車場はとっても広かった。

先の梼原町内で龍馬故郷博のイベントしていた。

行きたいと思ったが、翌日予定があったので

いつものだーさんお得意

「ダメダメ引き返す」

と言って引き返すことになった。

ともかく、いつかゆっくりいけたらいいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:⑧龍馬の「脱藩の道」を走る

P7220087 高知県

 不入山のアプローチ

下山後の帰り道

坂本龍馬の脱藩の道

P7220088 「坂本龍馬を歩く」 (山と渓谷社) より

龍馬が土佐を脱藩したのは、文久2年3月のこと。

龍馬と沢村惣之丞は、「土佐のチベット」と呼ばれる厳しい山道を踏み分けながら、宮野々番所(高知県高岡郡梼原町)で土佐の国境を越えた。

P7220089龍馬らは伊予路に入り長浜から瀬戸内海を渡り周防(長州藩の一部)に向かった。

その脱藩の道は、今、整備が進み歩くものが多い。

P7220090 P7220091

結局、私たちは

高知市内とは逆方向なんだけれど

龍馬脱藩の方向

梼原に行ってみた。

P7220097 歩きでも

自転車でもなく

車でちょちょちょいと。

そこまで行かなかったんだけど

2011年の夏

梼原ではイベントしていました。

P7220098 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:⑨不入山のアプローチ

高知県 不入山のアプローチ

P7220019

登山口までの県道は、綺麗にアスファルトの舗装路

県道の登山口は、数台車を置ける広さ

登山から更に林道に入り、ゲートがある。

P7220072 携帯電話通話可能と書いてある。

P7220077 下山時に撮った写真ばかりなので、入山時の方向とは逆になるが、駐車地はこんな感じ

P7220076P7220073

ゲートといってもこんな感じ

看板があって

分かりやすい。

P7220078 県道は路肩の工事中でしたが、通行には支障ありませんでした。

P7220079_2 その辺にあった標識・看板等を撮ってみた。

P7220080 P7220081多分工事の関係でしょうか仮設トイレも2011年にはありました。

P7220082 使っていいみたいで、水が出る蛇口もありました。

P7220083 雨がわずかにこぼれる。

早々と車に乗り込んで

下りました。

不入山の県道は良い道でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:⑧不入山の自然

P72200252011年7月 台風6号が去った直後。

ようやく雨が止んだ日、高知県 不入山に登った。

山自体は、標高も高くないし、半日で登って降りてこられる。

ネットで検索したら、ヒットしたのが遭難者が出たと2009年あたりの記事

どんなリスクがある山なのか覚悟したが、普通の山だった。

四万十川の源流点を抱くと聞くから行っては見たが、自然豊かな里の山だった。

県道から奥に入り登山道へ続く林道は、台風の影響で倒れた木で遮られていた。

P7220033自然を研究されるカメラ

兎も角、山で変わったものを見たら

興味津々

側によらずにはいられない。

カメラの撮影範囲に進入したものがあれば撮る様になっているのか?

どんな生き物がこの道を往来するのだろう。

私も知りたい。

不用意に近づいた私の足が写っていたらゴメンナサイ。

P7220038 何を撮りたかったのか?私

苔むして・・もっと標高高く森深ければ、屋久島の白谷雲水郷のようだと思った。

いやいや、そりゃ言い過ぎ全然違うか?

P7220041  不入山のきのこ

P7220042 赤い木肌

P7220043 たくさんの花が落ちていた

P7220048 あれが山頂かなあ~

P7220049 P7220050

暑い真夏 P7220051

地味な花々

P7220052

鳴いている蝉は、ツクツクボーシではなく

ヒグラシがいい雰囲気をかもしていた。P7220071 逢った動物はなく。

糞も見ず。

頂上付近の尾根道の登山道の笹の中で・・・動物の匂いが1回した。

それだけ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

母子健康手帳 58:広島県広島市

P7280206 母子健康手帳 58

広島県広島市からの里帰りのママの母子健康手帳

前にも写真撮らせてもらったことあったっけ?

半信半疑で一応撮ってみた。

ひとまずUPしてみて後でチェックしましょう。

⇒まだでした・・・・HAPPYheart04happy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや~。

ブログをはじめた頃、職場で母子健康手帳を撮りはじめた。

58冊目の母子健康手帳まで来ましたね。

もう、近頃は緊張感もなくなって、ゆるゆるにUPしているようになっていますが

当時は地元ネタを書くのは、少しはばかられて、母子健康手帳1~9は自治体名を書かなかった。

このたび、地元母子健康手帳も久々にモデルチェンジをしたと聞いた。

そのうち、チェンジした母子健康手帳を引っさげてママたちが分娩に来る日も近いことだろう。

楽しみな限りです。

母子健康手帳のブログ他所にもあるんだね。

時々、訪ねてみることあるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子健康手帳57:東京都杉並区

母子健康手帳 

 東京都杉並区から里帰り分娩のママの母子健康手帳

携帯で撮ったから画面が粗くて、おまけに回転させたらもっと粗くなった。

ママの名前が入らないように撮ろうとしたから

水溜りに書かれていた絵が写らなかったのだけど

全体に何の絵か分からないところがオリジナルで面白いね。

Image233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子健康手帳56:宮崎県宮崎市

母子健康手帳:56

宮崎県宮崎市からの里帰り分娩のママの親子健康手帳

大き目の手帳ですね。

何だかかわいいよ。

Miyaszaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:⑦義堂・絶海

P7220085 義堂・絶海

室町・南北朝時代の高僧で、

将軍足利義満の信任も厚く、

五山文学の双壁といわれた二人は、

ともに船戸地区の出身。

「せいらんの里」の入り口に

二人の銅像が立っています。

/

P7220084_2
四国 高知 四万十川源流点をもつ 入不山に登った。

道沿いの小高い丘に 銅像を見た。

山を背に 太平洋か?遠くを見るお二人。

ともかく、高知で見た銅像は、どのお方も南を向いておられるか。

P7220086

気持ちよく流れ出ていました。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:⑥高知空港に荷物は飛んでいく

P7220099 先日、高知県へ行った。

だーさんが他の用があって、車で行くという。

その車に乗って、まんまと高知入りを果たした。

はりまやばしに行って写真を撮った。

雨が降っていたが、おかまいなしに自転車で夕方の高知市内を散策した。

高知市内に来たのは初めてじゃないのに はりまやばしすら来る時間がなかった。

P7220100

思い起こすこと・・・・25年前の大失敗

書いたことがあっただろうか。

母乳に関する学会だった。

病院からの研修だった。

早くから飛行機も予約していた。

前日の午前中に高知入りして、街を見たいねと言っていた。

当時、関西空港は無かった。

伊丹空港から高知空港へは、1日2便

その日の朝、余裕を持って空港に着いた。

搭乗手続きし、随分時間があった。

お茶でもしようと、その場を離れ、いつもの感覚でゲートに向かった。

私と同僚はアングリ。

高知便の出発は、伊丹空港の端の滑走路だったようで、

バスに乗って飛行機の側まで送ってもらっていた。

そのバスは眼下にあった。

しかし乗り遅れた。

まだ、そこにあるバスが飛行機まで走っていくのを見送った。

そして、夕方の便をキャンセル待ちした。

荷物は既に飛行機に搭乗して高知空港に飛んで行った。

半日コンベアーの上をクルクル回っていたのだろうか?

ずっと、待機。

夕方の便に無事乗って、翌日から2日間の学会参加には問題無かった。

帰ってきて、職場で「さすが~」とか・・・茶化されて同僚と2人笑われた。

本当に搭乗手続きしたとき、ガイドしてもらったのを私と同僚は2人して聞き逃したのだろうか?

当時から今日まで疑問に思ったことも無かったが、

そんなに私たち御馬鹿だったのかなあ~?と、今更に思う。

その同僚は、産婦人科ドクターと結婚して病院経営に携わっている。

若気の至りと言えるが、今までそんな経験はそれきり1回も無い。

どんなことも初めての経験ばかりで

何でもキャ~キャ~いって、コロコロ笑って楽しんだ時代の出来事であった。

飛行機乗れていたら、こうなる前の橋に来ていたんだなあ~

その日の大騒ぎをふっと形ばかりの橋で思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久方ぶりに暖かい飲み物を

P5220032 P5220031

いやはや。

この3連休も雨

お尻は完治したのに、

沢は中止となった。

無理に行ききりたいと

望むつもりもない。

何度でもチャンスがある。

雨も風も全然平気だが、心配かける必要ないと山は辞退する。

仕事が続く日は、見る気力がない戦争ものの映画やドラマ

見たいけれど悲しくて辛くてやりきれない気分になる

でも、こんな日は時間が余りある。

一気に涼しくなったね。

過ごしやすい。

遂に我が家は、1回もエアコンをつけなかった。

家の周囲の状況と涼しい家屋・暑くても乗り切れる若さと健康な家族構成だからこそ出きる状況にあっただけのことだが

4人の意志でもあったかもしれない。happy01

ちょっと何だか大した事ないのにプチしあわせ

涼しくなったね久方ぶりに暖かい飲み物を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:⑤自転車で高知城に行った

P7220101 不入山(高知県)から降りて、

高知市内のホテルにチェックインする。

自転車を車から降ろして、小雨降る高知市内を走りに出かけた。

P7220102 まずは、高知城

天守閣は時間遅くて見学できませんでした。

P7220104天守閣には、登城している人たちが大勢見えた。

時間切れで、下から見るだけの人も大勢いた。

P7220105 雨は止んだ。

でも、空は暗かった。

P7220106   

山之内一豊の妻像もあったが、何だか写真撮る気にならなかった。

良妻賢母に無意識に抵抗しているのか~??私

P7220110

そんなこと思いつつ行って帰りにはやっぱり撮ってしまった。

軟弱者です。

P7220108 空襲免れたのですね。

高知城

P7220107 P7220109

P7220111 城に歴史あり

名前を知る歴史の面々は

お城に上がったのかしら。

この道を歩いたのかしら。

デの地元のお城を歩いてもミーハーな事を思うことも無いが、

大河ドラマに出てくるような歴史上人物が俳優さんに変身してゾロゾロ頭に浮かんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よさこいどうだったかな~。

さぞかし、高知はにぎやかだったでしょうね。

高知に想いを馳せてみよ~と、書き始めてみたものの、それでもずいぶん前だな。

そういえば、阪神タイガースの秋季キャンプは、安芸市から撤退になったのですね。

高知の方々は、さぞかし残念なことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐用町:あさひるばんちゃ

P1010076 あさひるばんちゃ

兵庫県佐用郡佐用町 のひまわり畑に行った。

帰りに道の駅 に寄った。

ネーミングに飛びついて買っては見たが、販売元が佐用町三日月 ツガサキ 

お茶は、佐用町で取れたものかな?と調べてみたら、

岡山県のお茶どころ美作市海田地区でありました。

な~んだと言いつつ、朝昼晩・・・飲みましょう~happy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むらさきしきぶを刈られ家出を思いとどまる

ちょっと前の出来事

何かもう何か嫌になってしまって・・・・家出したくなった。

誰にも告げず、山に出かけようかと思うほど・・・・。

お尻がこんなことになっていなかったら・・・出て行っていましたね。

私の楽しみな むらさきしきぶ

春に枝を伸ばし葉を茂らす

夏を越えて花を咲かす。

すると、椿咲く寒い春・・・・

色が少ない季節に

可愛い紫の実が・・・・絵になる。

その日を楽しみに苗木を植える。

が、枯らしてしまうことが何回か続いた。

ようやく育ったむらさきしきぶ

まだ1回も紫の実を見たこと無い。

だーさんが真夏になると切ってしまい花が咲かない。

1年目は・・・・・

ちゃんと私が言ってなかったから、雑草と区別がつかず刈られてしまった。

私が迂闊だったとあきらめた。

2年目・・・・・・・

そろそろ危ないなと思ったある日、

「去年みたいに、むらさきしきぶは絶対に刈らないでね」と念を押した。

にもかかわらず、夏の暑い日に、刈られてしまっていた。

2010年の出来事はこちらのほうで↓

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-d221.html

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-74b9.html

「この人は生き物を観察したり育てたりする力は皆無だ」と、能力の無さにがっかりした。病んでいるかのように・・・・年に2回(炎天下と厳冬期)必ず植物の生命力が落ちるその時期に決まって刈り込み、容赦なく切り刻んで葉を落とす。

お陰さまで、有用な多くの花木を枯れ株にしてしまう。

そんな経験も年を重ねる毎に蓄積しないのか、今年もまた、むらさきしきぶも刈られてしまった。

そして3回目の今年・・・・

さすがに大きくなってきた。

「刈らないでね」と今年になってからも念を押した。

毎朝どんなに忙しい日も米のとぎ汁の水やりを欠かさない。

先日

自転車で仕事から帰ると、むらさきしきぶは根元は残っているが

まるでこの1年間の成長が何も無かったかのように変わり果てた姿

P1010007 毎年毎年ここまで愛のない刈り方をするから、全然大きくならない。

大きくなれないから雑草と判別出来ないのだろうか?

自然薯のむかごの蔓とアサガオに埋もれて、見る影もなし・・・。

気力が失せた。

夕飯食べながら・・・思った。

エベレストに連れて行けとか・・・

ヒマラヤに連れて行けとか・・・

キリマンジェロに連れて行けとか・・・無理は言わない。

「むらさきしきぶは刈らないでね」というささやかな望み

それすら聞いてやれない夫ってドンだけ~???

引き抜いて良いような害鳥どもが糞に混じって落としていった種で育った雑木の苗木は、すくすくと育っている。

その木こそ刈り取って引っこ抜いてくれればいいのに。

coldsweats01

今、紫の花が咲いている。

P1010004

その木をむらさきしきぶと思ったらしいのだが・・・・・

P1010006

世の中には、プチ・・花の名前、木の名前・・・博士が五万といるのに

せめて、刈ると妻がぎゃ~ぎゃ~怒るむらさきしきぶという木はどんなものなのか

触れて知って覚える気は無いものだろうか・・・・

待て待て・・・・

今度刈ったらタダじゃ済まない・・・・

妻が居る時に確認してから刈ることにしよう・・・とか、

知恵は回らないものだろうか???

P1010008

この木なんか、小さな植木鉢の苗木を昨年植えただけなのに、災いから逃れること2年で玄関ポーチを乗り越えて空にそびえる程に育ってしまった。来年刈られたらマジで家出しようcoldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

得をしたね

P8100078

仕事の帰り道

母乳外来担当で、予約外のママのマッサージしていて終了時刻の17時を過ぎた。

そして、後片付け。

さらに、母乳外来終了後、女性当直医師の布団を敷きシーツを交換する。

30分の残業。

そうこうしていると職場を出るのが、少し遅くなった。

ひたすら、夕陽を背に自転車をこぐ。

誰もいない、河川敷の道

珍しく自転車の男性・・・反対向きに走っていった。

チラッと振り返ると、夕陽が綺麗だった。

残業して小銭を稼いで、

おまけに夕陽のご褒美・・・・・・得をした。

P8100079

●大阪市役所から淀川自転車で走った。

●高知行った時のこと

●高野龍神スカイラインのヒルクライム 自転車

●可愛い子のこと

ともかく書きたいこといっぱい。

書いた記事も溜まりすぎて、8月末までいっぱいになってしまった。

そして、

間もなく次の山が待っている。

天気が良ければ沢の中で1泊できる。

天気・・・中途半端・・・・どうなることやら・・・・。

/

だから、記事ますます溜まりそう。

家族へ文句タラタラ書きたくないんだけれど・・・・怒り!!!

長くなりそうなので・・・・・・明日にするweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山はあきらめる

P5120006 予談ですが・・・・・・・


先月行った四国の山

虫に咬まれ、

ダンボearのように耳が腫れました。

そして、耳下腺が腫れました。

以前吸血した山ダニを皮膚科で切開して出した経験もあり、念のため病院に行きました。

「山ダニは、口が残るから、引きちぎったら駄目だ!」と何度も言われましたが

虫は引きちぎってないし・・・・・。

明らかに感染が起こっていましたから抗生物質が3日間出ました。

薬を飲んだ・・・・

汚くなるような場所ではないのに

飲み始めたその夜から仙骨部・・・お尻(しっぽが生える辺り)が痒くなりました。
毎日無意識にズボンの上からボリボリ掻いていました。

/

蒙古斑のある辺り

もちろん。この歳になると蒙古斑が あるはずも無いのですが

・・・遂には苺のように真っ赤になり、

「猿の尻」の一歩手前のありさま。(肛門周囲は無事ですcoldsweats01

思い出し掻き始めると 痒いこと!!

P7290207 お見苦しい写真撮り、UPしようと写真を家族に見せたら「そんな必要がある?」「誰も見たくない!」と言われた。bearing

風呂に入らず4日間も汗かいて山で過ごしたら・・・・どうなることか。

山に行くのを思案。

強行して山に行き無事下山出来ても、

こんな尻では温泉も行けません。

真っ赤に腫れた耳は、抗生物質のお陰で完治しました。

Image232

「抗生物質」の副作用で、体中の菌がやっつけられて最後に生き残ったシブトイ真菌・カビ等の細菌

弱った身体にはびこった様です。

ひとえに、「清潔」と「休養」で身体の抵抗力を増し、負けない身体を回復するしかありません。

限局した狭いお尻の一部分に止まっている。

清潔を怠り、今以上に広がることを避けたい。

何としても下に、広がるのは絶対に阻止したい。

完治に日数を要したら4連休は全滅です。

扇沢から扇沢へ行ったことのないコースを7月31日~8月3日の4日間周遊しようかと思っていました。

私にとって、なかなかこのコースは実現できない鬼門のようです。

計画して休み取れてもなお、毎回いけたためしがない。

weepついてない・・・・・・・・・・・・・・・・・。

山は逃げない・・・・。

結局、女医さんの別の皮膚科(休診が多いのでなかなかタイミングが合わないからつい別の皮膚科に行っちゃうんだけれど)に行った。

塗り薬が出た。

毎日家のお風呂に入れる計画で

別の楽しみ見つけてましたら良くなりましたわ~。

やれやれcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑯先が見えて元気復活

P6280126 琵琶いち

sun暑い暑いと自転車をこぐ。

写真を撮るのに、一旦止まると、走り出しの助走が疲れる。

それが登り坂の途中なら、わずかな勾配でも止まるのを厭う。

写真なんかいらないヤイ!と止まらない。

暑さに嫌気が差し、フーフー言っていても、それでも止まって写真撮る時がある。

14:30 滋賀県 愛知川

数日後、この川の上流へ沢登りの計画があった。

結局、天気悪く中止になったのだが、コリャ河口も撮っておかねばと止まって上流の山を見てみた。P6280127アスファルトの照り返し

乾いた熱い向かい風

こんな日は自転車よりシャワークライミングと釜や淵を泳ぎたい。

チャプチャプ水を手で浴びる自分を想像したりした。

こりゃ~ほとんど妄想

P6280128峠道の直進の県道と

岬をめぐって琵琶湖を臨む道の分岐に差し掛かると

もう真っ直ぐ行きたくなる。

だって、岬へは決まって延々登り坂がセットになっているもの。

山で言うなら、ショートカットするか迷うようなもの。

だーさん迷わず岬へcrying

一応証拠写真  15:00  「休暇村近江八幡」

P6280129_2 自分が可笑しくなるくらい、

回り込んで先が見えると、「やっぱりこっちへ来て良かった」と、

下りのスピードに乗りながら思うのであります。

対岸が見えると「先は見えたぞ!!」と元気が出るのであります。

とほほ。

P6280130 16:00    琵琶湖大橋はあの向こう位か?

Photo この橋を渡ったら、駄目だと分かっちゃいるけど、どうでもよくなった。

Photo_2 16:25 米プラザ到着  

暑い1日が終わった。

eye 目がコロコロ痛くて、涙がポロポロ勝手に流れる。

目薬持ってなかった。

eyeglass 真夏の琵琶いちはサングラスが要るね。weep

かくして、

ゆっくり散策したい街並みをすっ飛ばして

な~んちゃって琵琶いちが終わった。

good 自転車なんか貧乏臭くて大嫌いbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑮不満タラタラ走るデ

P6280085 びわいち  だーさんと共に 琵琶湖一周自転車で走る。

山に行かないで・・・と言われましょうが

山は山の楽しみがあり

自転車で走れば自転車の楽しみがある

要は欲張りなのかもしれません。

山も自転車も、行ければ行くで楽しいんじゃないかなと思う今日この頃。

だが~

疲れていたのでしょうか・・・・・・

P6280109 ともかく走る。

P6280110 何か異常に蒸暑いし

顔はジリジリ痛いし熱いし

向かい風で気持ちよく前に進まなかったり

延々同じ景色で飽きてきたり

彼のせいではないけれど、相手の自転車のほうが性能よくって楽こいでそうに思えて

スイスイスピード上げる後姿をずっと追っていると、

うんざりして意味もなく腹が立ってきたりして。

P6280111 暑いし~

ランチ食べに入りたいし~

小じゃれたお店があったりしても、

スルーして、ただただ自転車こぐだーさんに 怒り心頭

P6280112 お目当ての道の駅のレストランがお休みで、おあずけになって

さらに走り出し

P6280115 挙句の果てに、コンビニなんか入って、おにぎり買おうものなら

あ~!!嫌だ嫌だ!ケチ!!!!と、

心の中で叫び

口きいてなるものかと思う。

びわいち、時間制限ある・・・・日没までに車へ戻るため

・・・ランチに1時間も賭けるのは、もったいないと言いたいのだろうが、

向こうも何も言わないから

余計、意味もなく腹が立つ。

P6280113 P6280114 城跡があったりすると、

車で来て

ガイド本片手に

歴史を紐解いて

史跡めぐりも楽しかろうと

ドラマを思い出し

「江」のイベントにも

立ち寄ってみたいと思いつつ

長浜を散策したかったなと

思えば

更に暑さが身にこたえた。

何の因果か????

ヤダヤダ

自転車なんて貧乏臭くて

最低~!!!!

P6280122_2 山が見える。

アレは伊吹か霊山か御在所か・・・・

暑くてダラけているから、正常な判断しない。

山だったらこんなに暑くないっつ~の!!!

山だったらこんなに辛くないっつ~の!!!

P6280123 お城があったり、

P6280124 大仏があったり、

気もまぎれつつ・・・・ひたすらこいだ。

尿意があるのに公衆トイレに行っても尿は出ず

お尻は痛い。

お尻をかばうと別のところが痛い。

自転車は女性の運動じゃない。

と、ぶつぶつ思う。

日が経って

おかしいぐらいに・・・この日の気持ちを思い出す。

1日目・・・・・淀川走って

2日目・・・・・湖西走って

3日目・・・・・湖東走った。

3日間は、皮膚によろしくないと思い知った。

く~!!!!weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑭真っ直ぐな道

Photo琵琶いち していて、真っ直ぐな道を走ったよ。

うれしくて写真撮ってみた。

びわいちは、原則、道も真っ直ぐでUPダウンもない。

それでも、ここは真っ直ぐだな~って思ったよ。

琵琶湖の北の北

滋賀県長浜市 西浅井町 岩熊~塩津浜

奥琵琶湖パークウェイを降りてきて、間もなくの道だった。

P8110080 帰って来て地図で見たら、やっぱりまっすぐだった。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑬琵琶湖 沖の植物

P6270048 琵琶湖を自転車で一周した。

今年の梅雨のことなのだが、もう随分前になった気分。

P6270049 時々沖を見る。

アレは何?と写真を撮った。

沖の波よけでもあるまいに・・・・。

P6280087 沖にあるのは、こんなものか?

琵琶湖畔の波打ち際に並んで生える植物に、人の手を介した植物の感じがした。

島というには、細く長く

浅瀬というには沖に深い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑫まろやか干し梅

暑い暑い夏

脱水・熱中症予防に梅干はいいと聞く。

そう聞いて、去年北鎌尾根に行った時は、カリカリ梅。

カリカリ梅は塩っぱくって酸っぱくって

噛み砕いて我慢できずに水で飲み込んだっけ。

先日、琵琶いち行きました。

荷物は、山よりも最小限

かりかり梅も持たなかった。

こんな御土産を国民宿舎つづらお荘で見つけました。

梅干なのに甘いの。

結構良いかもね。

「種なしまろやか干し梅」

P7010001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑪奥琵琶湖パークウェイ

P6280094 奥琵琶湖パークウェイ

びわいち・・・・・最も登って降りた道でありました。

一日で琵琶湖を自転車で一周回る人はココまで入ってこないかもしれませんね。

P6280100 国民宿舎 つづらお荘で1泊させてもらって元気だから、

引き返してトンネル行くより、折角の景色楽しもうと登っていった。

見下ろすとつづらお荘の全景が見えた。

P6280098

車で走ると気付かずスルーしていることも身近に感じられる。

自然豊かな奥琵琶湖

野生の猿もいれば、リスも走る

P6280097自然は厳しい

一羽の弱った猛禽類の鳥が、仲間に襲われていた。

P6280101

P6280102 つづらお崎

猿も群れていた。

何故だか恐竜もいた。

P6280103 静かな朝

奥琵琶湖パークウェイはいい感じでした。

P6280104 奥琵琶湖パークウェイは一方通行です。

一車線になっているところも多く。

ビュンビュン飛ばすと危ないよ。

P6280105_2 P6280106 奥琵琶湖パークウェイは、夜間進入禁止です。

P6280107 過去に有料道路だったそうです。

しかし、土砂崩れ等が頻発するので、採算が合わないので無料化されたと聞きます。

その分、豊かな自然感じられる場所なのかもしれませんね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑩ととあわせ 琵琶湖淀川水系 

自転車で びわいち しているのに、

荷物増えると自転車こぐ身にこたえると

考え無しに、お土産を買ってしまった。

それも自分に・・・とほほcoldsweats01

国民宿舎つづらお荘売店で・・・

P6300001

「ととあわせ 琵琶湖淀川水系」 

琵琶湖・淀川のお魚大集合!

遊びながら知恵がつく

新しいカードゲームです。

面白そうだし、魚が綺麗で買ってしまった。

つづらお荘のお食事は、地元の食材のご馳走でした。

カルタで遊んでみましたが、

琵琶湖のの刺身

琵琶湖の(琵琶)の刺身

琵琶湖の

美味しかった~。

臭くなかったね鯉も・・・だーさん言ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談だが見つけてしまった。

琵琶いちの後。

8月1日に和歌山県 高野龍神スカイラインをヒルクライム~と言って

自転車で走りに行った。

その時、ととあわせ紀州版も売っていた。

何だかちょっと、ガックシ来た。

何だか

中、同じそうな気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐用町のひまわり④ひまわりのうなじ

P1010039ひまわりの花は、一輪それだけで存在感あるが、

たくさん咲いている個性が埋もれる気がした。

P1010050

みんな同じ方向を向き、

1本たりとも反目しないと思うけれど、

意外ととっちらかって変な方も向いちゃっているひまわりもあるのね・・・。

別に裏へ回ったわけではないけれど、周囲の道路の加減で真後ろ。

意外と素敵。

P1010040 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑨つづらお荘の夕食

P6270078_2

奥琵琶湖・国民宿舎 つづらお荘 の夕食は食堂で食べた。

P6280084

琵琶湖・竹生島を眺めながらいただく。

琵琶湖の鱒・鯉・鮎に近江米

P6270079  お風呂に入って、

美味しいものいただいて

自転車で琵琶湖見ながら走るなんて・・・幸せ者でございました。

出された器に、出された食材は・・・絶対に残さない私たち

ペロリといただきました。

P6270080_2 cherryblossomは桜並木が大人気だそうです。

1回、来て見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑧湖北水鳥ステイション

P6280116 琵琶湖を自転車で回る。

それはそれは、暑~うございます。

アスファルトの照り返し

水辺の反射

P6280120

写真も撮りたいし

先も急がねば日が暮れちまう。

P6280119

湖西にも湖東にも水鳥観察センターという名の施設があり

マッタリしたい所がいくつもあって、後ろ髪引かれるだーさんでありました。

施設の前で思案していましたが・・・

覗く事すらままならぬ「琵琶いち」の最中でした。

だーさん、危うく入って時間忘れていってしまいそうな・・・・。

P6280117

本当に鳥を撮影したい人には、

「こんな道からでは、何にも撮れないよ」と言われそうですが

それはそれは大きなカメラを構えている方もお見受けしましたわ。

P6280118

私たちが立ち寄りたいのは、もっぱら喉の渇きを癒す道の駅

道の駅にもそんな名がつくくらい、水鳥の宝庫なんでしょう。

  P6280121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐用町のひまわり③

P1010072

兵庫県佐用郡佐用町 ひまわり畑 は、

開花の時期が微妙に調整されているのか

咲き終わった畑もあるみたいですが看板や幟が、見ごろの畑へ誘導してくれていた。

P1010033

朝、三年寝太郎佐用町のひまわり見に連れってくれるんだってと話したら、

P1010036 何故だか、詳しく知っていて

●2年前の水害のこと

●炎天下で日陰が無いこと

●観光地ではないこと

●売店などはなく自販機が何処にでもある訳ではないこと

●本部にはこじんまり物産などが販売されているものの、水など自分で持って行っておいたほうがいいらしいこと。

教えてくれた。

P1010071  車道駐車禁止と書かれていたりする。

日曜などの休みになると、さぞかし賑わい、交通の支障をきたすのだろう。

P1010070 平日は、ご覧の通り

P1010062

それでも、家族連れの人たちとすれ違うことがありますが、

写真を写したいので人が去るのを待つなんてことは皆無でしたわ。

P1010052

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐用町のひまわり②

P1010025 2011年8月3日

中国自動車道 佐用ICで降りて兵庫県佐用郡佐用町に着いた。

着いたはいいが、どこへ行けばいいか、さっぱり。

ひとまず佐用駅に行ってだーさん案内板見てみる。

地元の人に訊ねてくれた。

親切に教えてもらって迷わず到着できた。

P1010031 国道373号~179号を南下し

千種川沿いに県道53号を北上。

西下野のひまわり畑まで車で行った。

P1010030_2

千種川の下流のいくつかある会場は、すでにひまわりの花は終了していた。

これから満開のひまわり畑もあった。

P1010032 太陽に葉を向けるために、花もいっせいに方向を定めると聞く。

P1010046 いや~ま~、はしゃぎすぎて訳の分からない写真ばかり撮る。

P1010026 3本100円で売っていました。

大事そうにひまわりを抱えた人もいました。

P1010035 とうの昔に、

だーさんに引き抜かれて捨てられてしまった

我が家に咲いたたった2本のひまわりを思い出した。

P1010042

兵庫県佐用郡佐用町ひまわり畑は、

西下野漆野が 咲いていて綺麗でした。

P1010027

千種川のほとりを

「南光スポーツ公園若あゆランドまで

県道53号線往復を自転車で走った。

P1010029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐用町(兵庫県佐用郡)のひまわり①

P1010034

ドラえもんには「どこでもドア」

私たちには、「どこでも自転車」

P1010044 昨日ね

朝、突然、いつものことながら・・・・・・

「佐用町のひまわり見に行こう~」とだーさんが言った。

P1010028

兵庫県佐用郡佐用町は、

2009年8月9日台風9号に伴う記録的豪雨で、佐用川、莫山川、千種川など町内を流れる川が氾濫し、10人を越える死者不明者が出たそうです。

P1010024

7月末には、ひまわり祭り行われました。

まだ、これからひまわりの花の綺麗に咲く会場があると言うので、川沿いの道を走って来ました。

P1010037

ひまわりとても綺麗でした~。

P1010049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑦奥琵琶湖 国民宿舎 つづらお荘

P6280088 奥琵琶湖 国民宿舎 つづらお荘に琵琶湖一周で泊まった。

自転車で琵琶湖一周を「びわいち」と言う。

P6270073

1日でグルリと回るツワモノの面々もおられるでしょうが、

は、優雅に梅雨の晴れ間に1泊しました。

P627007515時からチェックインOK

早々と到着

温泉に一番乗りさせてもらいました。

だーれもいないので、気兼ねなくのびのび~

P6270076 静かな琵琶湖を見ながら、疲れを癒す。

P6270077_2   P6270078

| | コメント (2) | トラックバック (0)

びわいち:⑥葉桜の海津大崎 重機に感動する

P6270069 P6270057 びわいち走ってきました。

琵琶湖右回り、湖西岸沿いを走り北へ北へ

P6270058

琵琶湖の北の山々が見え、琵琶湖の奥が見え始めた。

先に海津大崎その先に

P6270059 2011年6月通行止めになった。

この界隈は土砂崩れがあるらしい。

訪れた6月27日は何処も問題なく通れた。

P6270060 木陰は気持ちいい。

快適な走り

気持ちいいから御機嫌になる。

UPダウンもない

P6270061 海津大崎は桜の名所

桜の季節にはこの道は一方通行になり、凄い人出になると聞く。

P6270062 湖と葉桜でも綺麗だった。

梅雨のこの時期、まして小雨パラつくこの日、車も通らずただただ走る。

言うことなし。

P6270063

ちょっと苦手なトンネルもそれなりに、ドキドキした。

それにしても、春はトンネルも交通渋滞のネックだね。

P6270064 P6270066 P6270067_2

P6270069 P6270068 小雨は近江今津辺りから止んだ。

P6270070

P6270072 通行止めになっていたのはココだったのか

トランスフォーマーの様なSFを地でいく面白い重機

土砂崩れの斜面の工事をしていた。

この重機で記事書こうとしたが、拡大した写真UPできないのがとっても残念

キャタピラーは小さくコンパクト

地面にピッケルみたいなのを突き立てて車体を固定するアームがあるのよ。

ロボット映画のようなシルエット

立ちすくんでじっと眺めて居たり写真撮りたかったな~。

急いで通過

するとその日の宿・国民宿舎つづらお荘に着いた。P6280088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

献血で血圧下り、ふーっとなる。

昨日、「コクリコ坂から」 観て来ました。

映画観終わって、スタバでお茶して根菜サンドを食べて15時半。

帰りに呼び込む・・・呼び込む献血車。

「あと1時間で終了します」・・・・大騒ぎで呼び込んでいる。

まるで、お祭りか?

ふら~っと歩いていたら、何気に引き込まれ・・・・・。

特別、体調良い訳ではないのだけれど・・・・・

「献血車では、成分献血が出来ません。

         400mlお願いします。」

「血液が不足しています」

・・・・の言葉に背中を押されて同意書にサインする。

血圧測る・・・・・150/90

高い・・・・・こんなに高いことは初めてかもしれない。

「こんな事もあります」・・・・と再検しないドクター。

「Hb12,5mg/dl 以上ないと400ml献血は出来ません」

前の人は献血を断られて、献血車を降りていきました。

デ:先日の職場の健康診断では、12.1mg/dl  だったから無理かもしれない。

12.6mg/dl  ですから、400ml献血お願いします。」

と言われた。

献血する。

無事400ml献血は終了した。

抜針した頃から、頭がぼーっとし始めた。

水分足りないのだと、あわてて貰ってあったアクエリアスを飲もうとしたが

飲み口のフタすら握れない、力が入らない。

気分が悪いと伝えると、頭を下げ足を挙上した。

恐ろしくあくびを連発した。

勝手に涙が流れた。

何度も血圧を測られている。

あとで、記録を覗き見たら最高血圧が86mmHgだった。

何分横になっていただろうか。

少しマシになった頃、

あのドクターが側に来て、

「血液を抜いたせいではなく、迷走神経反射です」

それだけ言った。

しばらくそのままで寝ていた。

そのうち、気分悪いのも落ち着いて来て、普通の状態に戻った。

献血前に手渡されていたアクエリアスを300g座って飲んだ。

状態良くなって、飲む時は、難なくフタは開けることが出来た。

問診のドクターのところに行って血圧を再度測ったら110/60になっていた。

戻るまでに相当時間を要した。

献血車での献血はもう絶対にしないと決めた。

真夏の献血もうしない。

P8010210

アンケートに答えてタオル貰って終了した。

映画の余韻も吹き飛んだ。

だーさんと、三年寝太郎と待ち合わせしていた。

ほんと随分待たせてしまいました。

さんざんな献血でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »