« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

山その18:⑦不入山から四万十川源流点

P7220039_2 源流地点へ行っていないのに、こんな記事を書くのも何なんですが

↑上りで確認したときの写真

高知県  不入山

四万十川源流の碑へは、

同じ県道を走ってきて、途中で分岐があり

その終点に車を置き登ること25分で着くようです。

さらに上流へ登ると四万十川源流地点があるようです。

P7220059_2

←頂上から

この標識方向に

熊笹を下って行くと

P7220040 happy01こちらへ降りてくるみたいですね。

源流点へは、途中の分岐を更に下るみたい。

別ルートをココまで下山した時、

「これから登って下って、写真撮って、再び登り返してココへ戻って来たい」

「1時間くらいかな・・・・。」

だーさんに言っては見たけど・・・・

「待ってる」と言われた。

一人で行くべきか迷う・・・・大いに迷ったがあきらめた。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:⑥不入山の幽玄コース下る

P7220061 高知県 不入山(いらずやま)に行った。

上りは尾根をあがった。

下りは、「幽玄コース」と登山道にあった標識に貼ってあった張り紙に書いてあった谷沿いのコースを下った。

頂上から同じ登山道を少し下り

「上の分岐」で右におれた。10:37

P7220062 夏の茂る時期でも見落とすことは無い。

踏み跡。

P7220063←10:44

少し降りて振り返るとこんな感じ

P7220064 こっちだよと、苔むした道が招いてくれていい感じと思う間もなく

P7220066 あっという間に

10:59

「下の分岐」に 出てしまった。

P7220065_2 降りてきた道を振り返るとこんな感じ↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:⑤不入山の白い石

P7220046 四国・高知県 不入山 標高1336.1m

四万十川源流の山 

高野槙の多い尾根を登る。

ふっと見える山は、一瞬、目を見開いて釘漬けになった。

え???残雪???

な~訳ないよね。

予期していなかったから驚いただけ。

少し離れているものの四国カルストという地もある。

直線的に切れて白くなった山は、石灰岩

帰り道林道にもコロコロ落ちていた石ころは、白くて角張ったもろそうな四角石でした。

P7220075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:④不入山山頂

P7220053 2011年7月22日

高知県 不入山 登って来た。

道の駅ー(20分車)ー駐車・登山口ー(55分)-水場・林道終点ー(尾根道・1時間)ー頂上ー上の分岐まで戻って幽玄コース・谷を降りるー(20分)-下の分岐ー(1時間)-登山口P7220054 山頂は見晴らし良いと言うわけでもないが、狭くも無い

ベンチと祠があった。

虫がぶんぶん顔にまとわりついた。

P7220055P7220056

わずかに開けた2方向を見たがあいにくの天気でご覧の通りだった。

P7220058_2 虫などおかまいなしのだーさんは座ってムシャムシャパンを食べた。

嫌いなデは、立ったままでちょちょっとかじった。

P7220057_2祠の向こうに、源流へ 降りていく道があった。

P7220059 降りていく先は分かっていたが、登山口に車はある。

四万十川の源流点まで降りると、

何処の道から行っても車へは上り返すのだろうと思った。

時間はわずかだが天気と台風での荒れ具合の未知の土地なので止めて計画通りに降りた。

谷沿いの道も距離も短く、台風通過の翌日にもかかわらず水も無く

ガレ場も小さく落石もなく

大きな杉が倒れて塞がれていたが容易く通過できたし

あっさりしたものだった。

P7220060 車に戻るとパラッと落ちたが結局降らなかった。

知らない山域、天候も不安定、台風一過の直後、思いっきり用心したが

もうちょっと、強引に「モミの木」「源流点」も押さえて来れば良かった。

少し残念。

でも、早く下山したお陰で、龍馬脱藩の道もドライブしたし、はりまやばしで写真撮り、高知城行ったし、高知市内自転車で走って龍馬生誕の地へ行き、龍馬の生まれた街記念館行く時間時間できたんでまあいいか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:③不入山(高知県)に登る

P7220074  P7220026 高知県不入山へ行ってきました。

四万十川の源流点を抱くこの山は

標高も高くないし、

行動時間も短い。

高知県

アプローチに時間がかかる。

何処かの山と併せていく訳にも行かなかった。

高知へ行ったとしても他の山に行くだろう。

あえてこのチャンスに登っておかないと

もう行くことはないと思った。

P7220024 江戸時代材木は

土佐藩の重要な資源であった。

藩は材木確保のため、

この山への立ち入りを禁止したのが

山名の由来

(「関西の山歩き100選」より)

P7220028  四万十源流のモミ の木がある。

森の巨人たち100選 という木が100本あるようだが、ワザワザ寄らないと合えないので行かなかったのだけれど。

P7220034 登山口から歩くこと1時間

・・・ようやく林道の終点近くにはベンチと水場があり

P7220035 表示もちゃんとあり、止まり地図を出して思案するような迷うところも無い。

P7220036 新旧の看板も面白い

P7220037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:②不入山 台風6号のあと

P7220027 P7220029 2011年7月22日

不入山に行った。

県道を走り、車を置き、ゲートから林道を1時間歩く。

台風6号の通った後では、恐らく1番のり

林道には、岩がゴロゴロ落ちていた。

木々の小枝も散乱していた。

P7220030 大きな枝がへしおれていた。

斜面が崩れて

林道は半分の幅になっていた。

車はゲートから入れないが

一般車両のみならずこの幅では

もはや奥には入れないね。

轍のあとも元々無い道だけれど。

P7220031

P7220032  大きな木も倒れ

小さな枝も林道を通せんぼする。

P7220044 P7220047 大きなまつぼっくりと、驚いたが、高野マキの実のようだ。

林道終点から、す~っと登山道に入る。

登山道も折れた木や落ちた枝で塞がれていた。

P7220068 P7220069P7220070 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その18:①四万十川源流 トレッキング 不入山(高知県)登山口

徳島港に着いた。

徳島自動車道 徳島ICから2時間で 高知自動車道 須崎東ICに着いた。

台風6号の影響が心配で、四万十川を自転車で走るのを迷った。

もう一案は、四万十川の源流 以前から登りたいと思っていた不入山に行くこと。

到着した深夜は雨が降っていた。

高知県高岡郡四万十町 「ゆういんぐ四万十」の駐車場で朝を待った。

道の駅かと思ったが、営業中ではない時間は、トイレも無かった。

朝、小雨が降っていた。

自転車は中止になった。

中村街道 国道56号線を七子峠に戻り、県道41号線~19号線を走る。

渡川で沈下橋を見かける。

P7220016_2 船戸を経て、布施ヶ坂 についた。

P7220018_2 高知県

道の駅

四万十川源流の駅

布施ヶ坂

P7220017雨も止み

天気は良くなりそうだった。

はじめから、

不入山登山を決めて

須崎から直接、

布施ヶ坂に来たら良かった。

P7220020少し船戸方面に戻って

県道376号線を北上する。

未舗装の箇所もあるのかと覚悟していたが、綺麗な道だった。

側溝の工事をしていた。

四万十川源流地の登山口ヘ行かず更に進む。

車を道沿いに置く。

工事の事務所があった。

P7220021_2 工事の方に、車置かせてもらって良いですか?とだーさんが尋ねたら、良いと言ってもらっていた。

道の駅から20分ほどだったか。

不入山登山口にはゲートがあり

分かりやすかった。

P7220022

P7220023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:④日本一高い防波堤

P7230190 高知県 芸西郡から室戸岬を往復した。

自転車で走っていたら、こんな防波堤見ました。

P7230189

東海・東南海・南海大地震来ないと良いね。

プレートずれたら、スグ津波来そうですね。

人事じゃないよ私たちも・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:③室戸岬へ走る 土佐ロイヤルホテル出発

阪神タイガースの秋季キャンプの合宿所になると聞く

土佐ロイヤルホテル   高知県安芸郡芸西村西分甲 

ホテル 11時過ぎ出発

P7230170

山というか丘と言うか、高いところに建ってあるホテルは、津波が来ても大丈夫

行きは、自転車に乗って、スルーっと下る。

P7230173 前は国道55号線

目の前に 土佐よさこい鉄道の高架と

その向こうに太平洋が見える。

ホテルのお部屋からはもっともっと景色が良いでしょう。

P7230174

P7230176 テルの前を通る国道沿いに

西(安安芸・室戸)に

東(高知市内)に

自転車道(歩行者通行)通っている。

しかし、

海沿いの サイクリングロードが更にある。

そのサイクリングロードを

安芸市に向けて走りたくて

土佐よさこい鉄道 西分駅へ

坂道を上がる。

西分駅で下車した若いグループの男性に土佐ロイヤルホテルを聞かれた。

「地元のものではないので」と断って、「どちらをお探しですか?」と尋ねた。

振り返ると山の上にホテルが見えた。

P7230175_2

無人駅、高いところに見上げるホームは、どんなところだろうと興味深々で登ってみた。

目の前には、太平洋が広がり、水平線が見渡す限り広がっていた。

電車に乗る訳ではないので下へ降り、自転車で走り出す。

P7230177 気持ちよく少し走ると 芸西村堀切

安芸市まで11.6キロの看板

P7230178松が浜の松林

寄りたいと思っていた坂本龍馬の妻 お龍と妹の君枝の像も浜辺に建っていた。

P7230179  P7230180 P7230181 P7230182 この自転車道は、

安芸市までの短距離

安芸の町やいろんな施設をプラプラしようと思っていたから、この界隈を走る私はのんびりポタリング

止まっては写真を撮ったり

気楽なのものでした。

P7230183

前見ても

後ろを振り返っても

見渡す限り太平洋

誰とも会わない

貸し切り一人で

平日の海

P7230184 突然、自転車道が通行止めの表示

台風6号により、崩落

写真も撮っていないし、よく読まなかったが安芸市までこの自転車道を通ってはいけないと理解した。

国道55号線と平行に走っているのでイザというときは国道に出ればいいやとそのまま突っ切った。

しかし、復旧工事現場は、ガードマンさんがいて国道に誘導された。

P7230185P7230186こんな看板見ながら、

国道を走る。

ところどころに、

自転車道への誘導看板

そろそろ戻れるかな?と誘われて行って見るがどこもロープが張られていて通行不可

 

P7230187 ようやく自転車道に戻れるようになったかと思って通行止めの区間を振り返ったら、

あの岬の向こうまででした。

P7230188 12時。

安芸市にもう入ってしまっていた。

走るのも、もう終わりかと思ったら残念になった。

6時半にホテルに戻る予定。

あと6時間半・・・何しようか?

そこでP7230192

室戸岬まで行って戻って来ようと思いついた。

道の駅 大山

無理と止める人もいない。

3時に引き返せばいいやと

真面目に走り始めた。

P7230193

P7230194 室戸市に入った。

室戸市に着いても、岬は何キロも先だと分かったがもう止めるつもりは無かった。

P7230195 あの岬の先の岬か?と思って写真を撮っては見たものの

実はその岬の向こうの岬でしたの。

P7230196 15:00 室戸岬着きました。

中岡慎太郎の銅像が迎えてくれました。

ツーリングのライダー

観光バスの観光客の団体

ドライブの家族

たくさんいました。

P7230199

P7230197 岩場へ行ったらさぞかし面白かろうと思った。

しかし、18時半までにホテルに戻りたい。

だーさんから、「いい加減に戻って来い」とメールが来た。

Image231_2

時間までに帰れると思うと返信した。

  往時は4時間でプラプラ着いた。

猛烈に走ったら

あと3時間半で帰れると思った。

P7230198 P7230200灯台は登ってあがった所にあるらしい。

P7230201 日没までに戻りたい。

灯台へ行くのははじめから考えて無い。

引き返して走り始めた。

P7230202 サイクルコンピューターが無いのは惜しかった。

ドンだけの距離を走ったのか分からなかった。

11km+48km+8kmくらいでしょうか・・・・片道計67km

往復で×2・・・・・134km

再び道の駅大山に着いた時、先が見えた。

1キロ毎に高知まで何キロと表示がある。

時計を見ると、1キロ2分~3分でずっと走り続けた。

1時間で20km

P7230203_2夕陽の中に

小さいホテルの建物が見えた。

心の中で

ガッツポーズrock

P7230205 18時20分ホテルに到着した。

帰りは、距離稼ぎたかったので、もっぱら車道のみ走った。

デナリのプチトライ

高知まで行って景色も見ず、観光もせず・・・何してんだか・・・・。bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛んでったサイクルコンピューター

先日 通勤途中 アスファルトのたるみに乗って 自転車がジャンプした。

波を越えるように

馬に乗るように

機嫌よく走り続けた。

ハンドルにかけていたチェーンロックが跳ねた。

カチンと買い換えたばかりのサイクルコンピュータに当たった。

カツン カツン と2回音がした。

ピンと来なくて少し走った。

サイクルコンピューターが無い。

止まって振り返ったが見当たらない。

川か田に落ちたか?

遅刻するから、あきらめた。

次の日、行って探したが遂には見つからなかった。

残念

少し切なかった。Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:②和歌山フェーリーに乗る

P7210013 四国にフェリーで渡った。

高速道路1000円が終了した。

各地に不本意ながら撤退した航路もあったことだろう。

和歌山フェーリーは耐えた。

きっと、ホッとされたことだろう。

そんな噂話しながら、

昼間と言うのに暗い空

P7210014

中止にして私は残るべきだったか?と不安に思う

雨の中の出発だった。

紀伊水道は、驚くほど濁っていた。

乗用車5m未満 9300円(往復仕様で復路で1000円引き)

運転手以外1名2000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知2011:①土佐の桂浜

P7230150

だーさんが、四国・高知に用があって車で行くと早くから決まっていた。

それを聞き・・・・私も乗って行くことにして休みをとっていた。

台風六号の通過で出発を1日遅らせた。

四万十川源流 不入山(高知県)に登って

龍馬脱藩の道をを通って高知市内へ

そして室戸岬まで自転車で往復100Kmプラス走ってきた。

何だかあわただしく駆け抜けてきましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年健康診断トピックス②

2011年の健康診断

トピックスその2

「子宮筋腫が相当大きくなっていますね。」

「排便毎日ありますか?」と言われた。

「そうですか相当大きくなっていますか。」

驚くほどのことも無かった。

P7150039

三年寝太郎を妊娠していた妊娠初期、出血など無いがお腹が良く張った。

大学病院に勤務していたので1週間安静の診断書が出て欠勤した。

その時に診察してもらったドクターに子宮筋腫ありますねと言われた。

経血が多く、食べ物に気をつけてもヘモグロビンがさほどUPしないのは、そのせいだと理解していた。

子供を2人無事出産して、献血もたまに出来ないこともあるが

どうにかこうにか今まで貧血の治療を要することも無く

よくぞ私の体・・・頑張ってくれた。

今さら大きくなってもそれほど問題無い。

快便。

間違いなく、更に状況は良くなっていくだろう。

P7150040

それにしても、毎年毎年ドクターは変わる。

専門が違うのだろうが、視点も変わる。

指摘受けるポイントが変わる。

いいのか悪いのか・・・・子宮筋腫は確かにある。

しかし、今まで言われたことがなかった。

大きくなったから目立ったのだろう。

健康診断って何なんだろうね。

自分の身体を確認するきっかけになるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断に行ってきた2011年

P7150037 いや~あ。

今年も職場の健康診断行ってきました。

随分前から意識していたにもかかわらず残念な敗退

強い意志くじけない粘りなでしこジャパンおめでとうhappy01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・が羨ましいであります。

「この値から1キロひかせてもらいます」そう言ってもらいましたが

デジタルの体重値を見もせず・・・・・。

読み上げられた腹囲はさんざんな値でございましたcoldsweats01

今年の結果は戻って来ていませんが、

トピックスは2点

まず、事前に採便して持参するのですが採便キットが変わったこと。

P7190005 採便シート  らくとりシート

説明書をきちっと読まない派の残念な女は、

こんな便利なものをセットしてくれているのに

わざわざ新聞紙に排便いたしました。

この紙・・・・・洋式の便座に敷き、

排便・採便後はそのまま流せる優れものheart04

そうよね・・・・・

こんなに便利な時代だもの

・・・半世紀昔も変わっていないなんてナンセンス

「あなたの所は今頃ですか?」と言われそうだね

田舎者happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒れ狂う川が静まる

P7200009 台風6号のお陰で沢へ行けなかった。

しかし、こちらでは風も雨もさほどではなく、警報出て休校相次ぎましたが、

被害は見聞きせず。

みなさま、ご無事でしょうか。

こちらは異常なし。

台風が直撃するのでは無いかと懸念した昨日、交通は混乱して出勤に支障出はしないか気にした。

雨が降らなかったので自転車で2時間前に出勤しました。

河川敷が浸水していたら危険とひたすら堤防の道を走りました。

P7200008 帰りには写真のように、荒れ狂う川も少し静まりました。

P7200010 家には、一番の夏花が咲き始めました。

P7200011

台風一過 P7200012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都2011:お寺のユルキャラ

途切れることなく遊び呆けることに余念無い毎日で

書きたいことも、見て聞いて知って感じたことを写真に撮ったら

UPしたいんですが、時間がないとなかなか整理つかない。

7月の連休は仕事でよく働きました。

さあ~行けるぞ~!!!と思ったら

そんな私に、とっても不本意ながら台風が時間をくれた。

沢へは行きとうございました。weep

暑い暑い梅雨の晴れ間に

親鸞聖人750回 法要に行った。

京都 西本願寺はお祭りだった。

帰りに東本願寺にもおまいりした。

お寺さんにもユルキャラがいた。

微笑ましさが、まさに今どきなのでクスッと笑って写真を撮った。

お寺のユルキャラ

P6150021_2 西本願寺

P6150029 東本願寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワハラな私そ~でちゅか・・・と開き直り

パワーハラスメント

自分の意地悪な部分と言うか

自分の厳しい部分と言うか

自分の冷たい部分と言うか

そういう部分を自覚する時がある。

たとえば、母乳確立するために

妊娠中からのお手入れを勧める。

人は、十人十色、乳頭も人それぞれ大きさ形伸びやわらかさ

母乳外来に来る妊娠20週を越える頃

既に母乳が出ている人もいる

10本近く乳頭の先から母乳が出てくる人もいれば、

分娩して赤ちゃんが吸っても2日も経って尚、全く出てこない人もいる

個性もあるが手入れも人それぞれ

こうして欲しいと説明すれば一心不乱に手入れする人もいれば

してなかったんだろうなと思える人もいる

そんな人それぞれのかかわりの中で

あらゆる事態に寄り添う

寄り添うだけでは問題は解決しない時がある。

けなげに我が子のために我慢し通す人もいれば

思いのままにならない事態を歯がゆく思い涙する人もいる

そんな人に関わるのはそれなりに体力気力が要る

それでも自分のモチベーションを上げ目的意識をもち背筋を伸ばして接し続ける

それでも、時に・・・・意地悪な悪魔がささやく

「リバウンド」ってドラマが先日まで放送されていたが

主人公の相武紗季さんが、 

そうでちゅか・・・・と幼児言葉で逆切れしハッキリ意見を言い切る時がある。

そのシーンを見て以来

真似して・・・・そーでちゅか・・・・・と心の中で、あくまで心の中でだが

言っているときがある。

そうでちゅか

お~お~

そういう事態になったのは誰のせい?

そういうこの子はどちらの子?

思うようにならなくても・・それが子育てなの・・・・。

腹くくらんかい!

歯食いしばらんかい!

そんな風に逆切れする悪魔の私がパワーハラスメントな心で

そうでちゅか・・・・・を連呼し、胸の奥で波が立つ

いまだ持って、理性とプロ根性が負けたことは無いから・・・安心してhappy01

P1010058

| | コメント (2) | トラックバック (0)

耳に聞こえるは

チューリップの心の旅を聴くと小5

カーペンターズのイエスタデイ・ワンス・モア  聴くと 中1

サイモンとガーファンクルのサウンドオブサイレンス聴くと高1

サザンの勝手にシンドバットを聴くと高2

オフコースのさよならを聴くと高3

ワインレッドの心を聴くと 北アルプス 遠見尾根Photo 歌を聴けば、当時のワンシーンが思い出される。

不思議なものですね。

私も 歳をとったってことでしょうか・・・・・。

それでも、今は 私のIポットからは懐かしいどの曲も流れない。

・・・もっぱら耳に聞こえるは Kポップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草1本も残さずに

P7130035心地よい、炎天下の出勤

自転車は風を切り、汗だくのは今日も元気です。

P7130034

  刈り取りしてくれて、狭く雑草に脅かされていた自転車道もすっきりする。

張り出した草で、「狭いんだよ~も~お!!」と文句言っていたも勝手なもので

あまりの風情の無さに・・・・写真を撮った。

P7140036

出勤の時の面影も無く

刈ること1日

ご覧の通りに広々とした。

業者の皆様に感謝感謝lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨は大好きで、大嫌いで、大好き

P7120032梅雨も明けたと言うのに、

天気予報は晴れだと言うのに、

昼前から、予想外の雨が降った日があった。

朝から雨だと、泣く泣く車で出勤するが、

朝は晴天だった。

ただの夕立と思ったが、帰宅時間になっても止むことはなかった。

P7120033

仕事が終わり、外に出ると雨がショボショボ。

この季節、雨降っていなくても、帰宅時はあっちもこっちも汗まみれ。

雨でも汗でも大差は無い・・どのみち風呂に入るのみ。

カッパも着ずに、大喜びして走る。

泥除けの外した自転車は、水溜りを跳ね上げて

背中にジャリジャリの撥ねを浴びせかける。

そういうこともおかまいなしで大喜びして帰宅した。

朝晴れて、夕雨降り・・・・そんな日は大好きだbicycle

誰もいない自転車道をきゃあきゃあ大喜びしながら、走る走る幸せ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨で山が1回流れた。

今度の沢も台風に阻まれそうか?

大嫌いだ~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金出して買う前の問題

♪父から娘へ~さや侍の手紙~

松本人志監督(47)が作詞、

竹原ピストル・シンガーソングライター(34)作曲

映画観た。

映画館上映も間もなく終わり。

話題にのぼることも少なくなった。

映画を観たことを記事に書いた。

ふっと歌の事を思い出した。

ぼくとつな素朴な歌

そう誰が歌っていたの?

どんな歌詞だったっけ?

P6280085

何も考えず検索した。

無防備にクリックした先は、男性が訴える文句が聞こえてきた。

「お金出して買えよ。

それが才能ある人に対して・・・・」

あ~あ~

素敵な歌でしたね。

素敵な映画でしたね。

そう思って余韻に浸ろうと歌詞を探したおばちゃんの

映画に対するホンワカした想いも

歌から思い描く心の中の映像も

一瞬でかき消して塗り替えた。

さや侍→♪父から娘へ~さや侍の手紙~→男性の文句→bearing

消えること無い連想のベクトル

もう何か嫌な気が漂うから、

残念な記憶は呼び起こさないように防御する。

多分観ることも聞きたいと思うことも消えちゃいました。

営業妨害しちゃいましたねthink残念

昨日からハリーポッター  

今日からコクリコ坂から

8月には うさぎドロップ

楽しみな映画まだまだある。

父から娘に・・・イメージ消えちゃわないように

イメージダウンもある意味インパクトがあって貢献したのかもしれないけれど

いいイメージのほうがよかったのにね。

「もう2度と検索しな~い。

「もう1回聞きたいと言わな~い。」

極端に、ぶう~ですcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリーポッター 死の秘宝 PART2 観にいった

P7150038 公開されましたね。

ハリーポッター

   死の秘宝PART2

行ってきましたよ。

無いわ~と言いつつ

吹き替え版を観てしまいました。

長い長いお話でした。

レドクリフくんが少年から青年になり

たのもしい大人に成長する。

彼の人生を見ているようで

おばさんは、ストーリー以外に感無量でした。

自分の子供とあいまって

蘇りの石のところでは

またもや不覚にも涙がポロリとしましたわ。

これが最後

うれしいラストでした。

ローリングさんありがとうconfident

P7150042

デ:魔法をもってしても死んだ人は生き返らないのね

とっとこ:当たり前・・・・・・coldsweats01

デ:ちょっと、寂しいweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海に行きたくなった日

P7110027

P7110029 映画「127時間」観て

ランチ食べに行くつもりでした。

梅雨明け10日でとっても天気が良かった。

世の中の人はどんな風に思ったかわからないけれど

私はとってもテンション上がった。

P7110024_3 P7110025_2

そのせいで、外で食べたくなった。

自転車乗って海に行った。

二色の浜公園 (大阪府)

海沿いの道を北へ走る。

P7110022_2

関西国際空港の連絡橋が見える。

P7110028 

この界隈の海沿いに掲示

大きな地震の後は津波に注意

P7110026_2 遮るものが何も無い

熊野灘

紀伊水道

海底で地震が起きれば間違いなく津波が北上してくるね。

P7110023_2 海上では水上バイクの若い人たち

堤防ぎわには、ホームレスさんの住居が何軒も

釣りの男性

ジョギング中のランナー

そして、自転車

兎も角、地震が来たら海から離れるしかないね。

帰りに初めて国華園に行った。

1万坪の大園芸店 駐車場約1000台完備!「産地直売コーナー」が大人気! 地元農家が丹精込めた新鮮で安心な野菜や果物が、市価よりも安く手に入る。

苗を買った。

観光バスが何台も着いていた。

ぞろぞろたくさんの女性がやってきたので、

マジマジ眺めていると、教えてくれる人がいた。

水間観音さんへ行って帰りにこちらへ立ち寄るツアーあるようで。

私もなんやかんやと花の苗を買った。

P7110031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127時間

P7110020_2127時間」観て来ました。

あきらめるな

未来を笑え

ネタばらしや観た人の記事を読んだ訳ではありませんが結末は想像ついた通りでした。

地元の映画館では上映されておらず、やっぱり観たかったので行けてよかった。

P7110021_2

綺麗な景色heart04

不屈な体力heart04素敵な精神力heart04 的確な判断heart04

ヘリ来るまで待っていないで歩いた姿は、アッパレです。

happy01ともかく休みの日のほうが忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京都2011:宵宵山コンサートに行く

P7100008 梅雨は空けた。

空は真っ青

P7100009 昨日は夜勤明けだった。

お産がどんどん進む夜だった。

休憩することもままならず、

一睡もせず明けた朝

帰宅した。

「夜勤明けの炎天下は可哀想」

だーさんは言ったが

京都・円山音楽堂

宵宵山コンサート行ってきた。

P7110019 宵宵山コンサート?

30回?

P7100010 それ何?

私は誰も知らないし・・・

を連発しつつ

だーさん「行きたい」と言ったから

付き合って京都へ行ってきた。

「エリック・クラプトンのコンサート行かないの?」と私が聞いたら

「それより先にコレ行こう」と言った。

前売り券を買っていないので早くに自転車で行った。

1:30到着

当日券も受付であっさり買えたが

4:00開演に凄い行列

P71000111時半から待ったが木陰の待ち時間は、苦にならなかった。

いいお席に着いた。

3時開場 炎天下の席は暑かった。

P7100012 3~4000人、平均年齢恐ろしく高い

私が言うのも何だが私よりほとんどの年上

出演者、名前は聞いたことあっても歌手としては知らない人ばかり。

4時間の間で、知っていて歌えた曲はたった1曲

P7100015 「あのすばらしい愛をもう一度」

20代の三年寝太郎とっとこ太郎でも歌える教科書に載る曲ですが

P7100016 北山修さんがゲストで

♪命かけてと誓った日から

凄い歌詞と激しい愛の表現

「昔の若者は熱かったんですなあ~」と思いつつ大合唱に参加した。

P7100017

思い出は心の中に・・・

パーキンソン病を克服され復帰された永六輔さんが言ってられましたので

コンサート中は写真遠慮しましたが

八坂神社の火が届く

一人一人蝋燭に火を燈し、綺麗でした。

P7110018

通路の真後ろに座っていたものですから

コンサート中に炎天下、体調が悪くなり退場される方が何人もおられるのを見ました。

救急車も1台来ていました。

会場で「救急車に乗ったことある人」の問いに

私も手を上げました。

仕事中に母体搬送で一緒に乗って行っただけですが・・・・

だーさんは、「それは乗ったうちに入らない」と言ったが、「乗った事は乗ったんだから」

手を上げたでありました。

折角の楽しいイベント

汗は滝のように流れ

水分補給はこまめに、気分悪くなったら早めに・・・・・。

夏に遊ぶのも体力ないと楽しめませんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の居候:2011年6月

我が家の居候は遠慮がち。

いつも見ていた居候より随分小さくなった。

子か?

P7080006_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また,そうとう泣いた。

今日は休み

まち母と約束して映画

もう少し待てば、映画が目白押しで公開されるのだが、今月は今日が都合いい。

P7080007_3

まち母と 映画 「さや侍」 見た。

また泣いた。

そうとう泣いた。

いつも頬の涙は、ハンカチ無しで、流しっ放しで乾くのを待つが

そうも行かないくらい涙がポロポロ出た。

たった6人しか劇場内にいない平日の昼間のスクリーン

たまら無くなって、遠慮なくハンカチ出した。

映画館を出た。

見上げた空は、入道雲

泣いた目の奥に夏の光は痛かった。

梅雨は空けたと思った。

「映画が終わった」と連絡したら とっとこ太郎 が駆け付けた。

3人でランチした。

とっとこ太郎が到着するまで、映画の話をしていたら

また思い出し涙

おしぼりで涙を拭いていたら、とっとこ太郎が来店した。

何事が起きたか??と驚いたらしい。

まあ 映画 「さや侍」 1回見てみて・・・・・・。

泣かずにはいられないから・・・・・。

7月は、見たい映画が目白押し。

しかし、夏の空が待っていた。

山が呼んでいる。

楽しみな夏が今年も始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローバー

だーさんが東北から帰ってきた。

「写真は地元の方たちが嫌だと思うので撮らないよう」

と言われていたそうです。

ありゃりゃ、もうUP使ってしまいました、ゴメンナサイ。

帰った彼に

はじめは、あれやこれや、質問攻めで聞いていたけれど

何だかだんだん、しんどくなってきて、

胸がいっぱいになってきて

聞いているのが嫌になってきました。

私も行きたかったと言っていたけれど、何だか言えなくなってきて

気が消耗した。

まだ、草むらを棒を持って捜索していたそうです。

運動場で他の学校の運動会が行われていたそうです。

ボランティア参加者は、一番遠い所で長崎から来られていたそうです。

28人参加されていたそうです。

若い大学生から定年後の人から

男性女性に関わらず

東京・千葉・滋賀・大阪・奈良・和歌山・長崎・・・・・

2回3回目と言う人もいたそうです。

震災前に

遠野のサイクリングロードを走りに行くのを楽しみにしていたんだけれど

もう

気楽にサイクリングだなんていけないね申し訳ないから。

確実に、町に戻る日が来ますように・・・・。confident

P5220030

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩手県災害ボランティアセンターのシール

Photo 見つけましたよ

だーさんの荷物の中から

ボランティア参加者は

岩手県災害ボランティアセンターのシール

に名前書いてもらって

身体のどこかに貼って行動するそうです。

そうだよね。

知っている人誰もいない地で

倒れて意識とか無かったら誰が誰か分からなくなるもんね。

いやそうじゃないか。

何処の誰か分からない人がウロウロしたら誰か分からないから不審者になっちゃうからか?

P7040003_2

2日間の最後の日に、ご苦労様と 頂いてきたりんご

なんだか、もったいない気がして、仏壇に供えた。

さっそく、朝にいただきました。

P7040002_2 買ってきた品々

不謹慎だが

消費も無駄じゃないよね。

生南部サブレ

我が家で大好評でした。

お土産のリクエストに佐藤錦が良いと言ったら、それは山形だから駄目だと言われて

それでもさくらんぼが食べたいと帰ってきただーさんに文句言った罰当たり。

だーさんは、盛岡ジャージャー麺を頂いてきたそうです。

関西の地元

スーパーで盛岡ジャージャー麺が東北フェアーで売っていました。

佐藤錦買って来て食べました・・・ほほほ~cherryhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:⑤治水の先覚者のサングラス

P6270043びわいち:自転車で琵琶湖一周した。

楽しかったよ。

新旭 風車村の側で「治水の先覚者」と言う看板に招かれてフラッと立ち寄った。

こんな銅像

近寄った私たち

デ:ちょん髷の時代なのか・・・それじゃあ本物の先覚者だね・・・

だ:めがね かけてる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・デ:第一声はそこか~い!!

P6270044_2

P6270045  瀬田川さらえに命を懸ける

広大な琵琶湖は、太古の昔より瀬田川一本の排水路しかなく、琵琶湖周辺の村々は度重なる水害に悩まされて来た。

江戸時代後期、深溝村(現新旭町深溝)の庄屋 藤本太郎兵衛は琵琶湖治水の難問に命をかけ湖辺農民の苦しみを救うべく立ちががった。

ちょん髷の時代にめがね?

意味も無く、「キテレツ大百科」を思い出した。

それから、頭の中では ♪はじめてのチュウ~が鳴り始めた。

銅像に、サングラスがかけられているだけだった。

笑ってしまったが、太郎兵衛さんは、

おじいちゃん・おとうさん・孫みんな苦笑していることでしょう。

それにしても、高すぎて外すに外せない・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたら聞きたいことがたくさんある

Image228 昨日届いた陸前高田市の写メ

だーさん

休憩で暇なのか

作業が終了してホッとしたのか

写メは送って来ないと思っていたが

「送ってねpaper」と頼んでおいたら

送ってきてくれた。

元の町並みを知らないから

ピンと来ないです。

Image235

Image229

でも

私たちの住む町が

こうなったと想像したら

凄いことが起こったんだと

少しは分かります。

Image230

Image233 Image234_2

もうちょっとすると4ヶ月になるのですね。

鈍い私は、毎日に追われて

もらい涙した日が薄れていきます。

そろそろ自分に喝を入れないと

心は共に・・と緊張感を保てません。

Photo

「宮沢賢治のめがね橋」

そんなタイトルつけて送ってこられた。

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫な身体をもち

欲は無く

決していからず

いつも静かにわらっている

欲深い私も行きたかったな。

明後日、帰ってきたら聞きたいことがいっぱいある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:④びわ湖北西の湖岸を走る

P6270039_2 2011年6月27日(月)

~6月28日(火)

琵琶湖右回りで走ってきました。

琵琶湖西岸沿いに忠実に走る。

びわ湖大橋米プラザ

ー国道161号

ー県道307号JR湖西線沿

ー再び 国道161号

ー近江高島で県道304号

を走り始めると風車街道

走りやすい道になり快適

P6270040 P6270041 新旭はいろんな施設があり

寄り道する。

道の駅 しんあさひ風車村

野菜中心のバイキングのランチを食べた。

1000円だった。

そんなにたくさん食べられないから

単品を頼もうとしたが

係りの人に「単品も同じものだから」と言われ言われるままにした。

そんなに勧められて断る人はいないんでしょうね、みんなバイキングを頂いていたようだった。

P6270042 P6270046

後でホットケーキセットくらいにしておけばよかったと反省する。

結局1時間くらい長居。

風車村の風車は回っていなかった。

人も自転車も少ない

平日の広々とした道を

のんびりポタリング

海の海岸沿いと違って新鮮な気分

おだやか

豊かな湖の自然の景色を堪能

だーさんは、高島市新旭水鳥観察センターでお茶しながらほっこりしたそうでした。

P6270047

P6270052 近江今津は、

宿場の趣きがあって

気分が変わる。

九里半街道

小浜(福井県)へ続く道

若狭湾までいつか

焼き鯖食べに走ってみたいな。

道路中央には、

冬季除雪用の水が

流れ出る穴が開いている。

P6270053 「びわ湖サイクルライン」

瀬田唐橋から(右回り)70キロ

たまにこの看板を見ると

この道でいいんだと確認できて

安心だね。

松の防風林は

よく見かける光景で

車に乗った仕事中とおぼしき男性たちがよく休憩している。

P6270054

「近江 湖の辺の道」

この看板も見かける

呼び名はさまざま

びわいちビギナーの

おかげで迷うことはなかった。

P6270055

P6270056

いつしか湖面に竹生島

宿が近づいていると嬉しくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だーさんから写メ

だーさんから写メが届いたが、どの写真も何処で撮ったか分かりゃ~しない。

アリバイにもならない。

これ何処やネン!!と携帯に突っ込みいれる。

写真下手すぎ。

Photo_4 昨日岩手県盛岡駅から写メが届いた。

あんまり私があれこれうるさいから、

しぶしぶ送ってきたみたいであった。

夫が震災ボランテア参加にあたり

地元の市町村の社会福祉協議会ボランティア活動保険天災 に加入して出向いた。

持ち物に安全靴の指定あったので買って持って行った。

ゴーグル・マスク・ヘルメット・・・・山用のリュックを背負って出かけて行った。

花巻空港行きは、関西国際空港からは飛んでいないので伊丹空港発になります。

空港行きのバスに乗るために駅まで電車に乗る。

そのために最寄り駅ではなくて、交通の便のいい駅に送っ て行きました。

にいの散歩を家族の誰がちゃんと連れってくれたか気になるのか

朝8時まえ、移動途中の 岩手県遠野道の駅 から写メが届いた。

Photo_5

こっちは、どんよりシトシト梅雨が降り続くと言うのに、

岩手の天気予報では雨に逢わないらしい・・・・・日本は広いね。

三年寝太郎は、休みというのに大学へ来週の打ち合わせに出かけて行った。

とっとこ太郎は、バイトに出かけて行った。

私は、今夜は仕事です。

しっかりコレから再び寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:③平家ボタルが肩にとまる

P6270082手に止まったホタルを撮ってみた。

難しいね。

フラッシュではなくてマクロ撮影に明かりがともる機能で撮ると全然駄目だった。

P6270081 琵琶湖一周・・・思いっきり走り続けたら1日で一周回れるかと思ったが

いろんな所に寄りたくて1泊した。

いや~1泊してよかったよ。

ホタルプランを見つけて奥琵琶湖パークウェイの右回り・・・上りの手前に

国民宿舎つづらお荘

私の中では、ホタルと言えば5月下旬~6月頭

梅雨が始まる頃には、ホタルのシーズンが終わっている。

少なくとも私の地元ではそうだった。

だから、6月27日に本当にホタルが見られるなんて・・・といぶかしんで

予約時にホタル見られるんですか?と確認した。

旬は6月20日過ぎとか

源氏ボタルは川沿いに季節は終わりに近づいていた。

大きな光が目的を持って飛んでいた。

平家ボタルは田のあぜから見た。

たくさんのホタル一面小さな光がフワフワ飛んで、手に止まったり

肩に留まって飛ぼうとしない。

「ホタルの墓」のラストを思い出して何だか涙が出てきた。

何だか変な気持ちになった。

心が動揺して怪しい気持ちになった。

一人でこの中にいたらおかしくなるかも知れない。

車で連れってくれるんだけれどね。

20時出発

だーさん最後に駆け込んだ。

遅すぎ!!と言うと

3分前だと時計を私に見せた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

うじがわき、こばえ飛ぶ

P5260035 無いわ~あweep

5月の出来事

私の大切にしてきたぬか床に

ウジがワイタ

無いわあ

まるで血の池にうごめく人間のような地獄絵のありさま

そんなたいそうな・・・・bearing

P7010004 ビニール袋を手にはめて

丸ごと生ゴミに捨てました。

長い間ご苦労様でした。

新しい糠を買って来て再びぬか床を作った。

新しい糠は、美味しい糠漬けを作り出してくれて、前の時より美味しくなった。

無いわ~

こだわりは無用

人生 固執しない事が幸せの秘訣だと、学んだ。

大事にぬか床を守ることに何の意味も無かったんだと、プチ悟りを開いたでありました。

P7010006冷蔵庫も使えば

密封容器も使い始めた。

たくさん漬けずに、

小さく切って冷蔵庫外で、

数時間漬ける。

浅い漬かり具合で食べるように調整し

他の時間はぬか床を

冷蔵庫の野菜室に

入れておくことにした。

かかって来い!!

小バエめ~!!!

ところで、ネットで見た。

夫の赴いた岩手県陸前高田市の情報

蝿・蚊・虫対策の品が不足しております。
その他継続してお米・食器類・夏物衣類・タオルケット・暑さ対策用品のご支援をお願い致します。
虫対策・暑さ対策のお品物は消耗品ですので、量が必要になります。

↑復興支援 東日本大震災  一般個人からの支援情報掲載 陸前高田市緊急支援で見た内容

マイぬか床小バエ蛆の大群くらいで

    一喜一憂している場合ではないなと襟をただす。

////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわいち:②白髪神社立ち寄る

P6270031 琵琶湖の中に鳥居がある

対岸から舟でお参りに来る人のための鳥居だという話は結構有名だが

P6270032 丁度、神社の辺りを走っていた時が一番雨降っていた。

この旅の安全をお願いする。

松ノ木の下で休憩

降ろうが止もうが結局お間構いなしで自転車で走り続けるしかないもので、

天気のお願いはしなかった。

P6270033 

びわいちには関係ないが

琵琶一の最中、

だーさんが銀行でボランティアツアーの交通費の振込みしたいと言うので、

滋賀県近江高島町滋賀銀行に立ち寄った。

すぐ帰ってくる夫の旅の無事も祈ったりした。

今日、岩手県陸前高田市でのボランティアに向けて、まずは岩手県盛岡市へ出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »