« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

「手塚治のブッター赤い砂漠よ!-美しく」見て涙

今月3回目の映画館

台風の余韻で外には出かけられず、「ブラック・スワン」見たいと言ったが

だーさん(何だか嫌だと)却下された。

では・・と、次に選んだのは

手塚治のブッタ ー赤い砂漠よ!ー美しく

P5300036 映画始まってすぐに涙

最後に涙

映画終ってからも

 X JAPAN 

Scarlet love songs

が最後に流れ

ジワジワと映画の感動が

後で心に効いて来て、

しみじみ

涙がぽろぽろ零れた。

人は傷病老死から逃れられない

それを辛いと感じるのは、思うようにならないからで

思うようにならないことを思うようにしたいと思うから人は苦しむのです。

吉永小百合さんのナレーションは、泣きたくないデナリにはキツカッタ。

タオルハンカチ出してワンワン泣くか、

頬を伝う涙をそのままに見続けるかの境界だった。

声の出演も素敵でしたわ。happy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ともかく生れず

近頃、分娩にとんとあたらなくなった。

昨年の同じ日の分娩総数の半分といっていいかもしれない。

(私だけだよ、職場での分娩総数は変わらないから。)

5月22日・・・5月の1例目のきみきみを初めて取り上げた。

驚いた。

お産の神さまに愛されたか~heart04happy01

昨日は、夜勤明けだった。

出勤した時に、未分娩のママが3人いた。

きみきみが1人生れた。

台風のために、暴風・波浪・大雨・洪水警報が出た早朝

陣痛始まって、2人の妊婦さんが来院されたが、子宮口未開と1cm

どちらのママにも一時帰宅してもらって経過見てもらった。

明け方近く、その一人のママが進んで子宮口4cmになって再入院した。

雨が激しく降る明け方

入院しているママたち3人が、一斉に進み始めた。

全員子宮口全開近い・・・・ただし全員初産のママばかり。

天候が悪く、気圧が下っているせいなのか

私のパワーが落ちているのか

子宮口全開のママたち三人を残し、

おまけに一時退院したママも子宮口5cmになって再入院してこられて

どのお産も中途半端でバトンタッチ

あきらめて手放し、帰ってきた。

昨年の私では考えられない事態であった・・・。

どうしたものか・・・・グスンweepな朝であった。

P1010054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その4:⑤ 八尾河内長野自転車道 クズの除草

P5090037 八尾河内長野自転車道

自転車で走った。

途中で看板見ました。

ここは「自然ゾーン」です

石川らしい川の自然を復元し、保全していくためのゾーンです。

川の自然が持つ特性を学び、自然に親しみましょう。

クズ除草の実験中

石川河川公園では、クズ(ツル植物)が繁茂し、他の植物に悪影響を与えて

困っている場所があります。

ここではクズの勢いを抑える実験として以下の取り組みを行っています。

○クズの根茎を除去します。

○根茎に土砂をかぶせる。

○オギ、セイタカヨシなど川本来の植物の生育を助ける。

何だかいいね。

自然ゾーン

P5090038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その4 :④ 八尾河内長野自転車道 西行うたの道

P5090041 P5090042

私の記事は

山に登るとたちまち記事はそちらに飛んで、

それまでの内容ががらりと変わり

自転車で走ればそちらに飛ぶ。

なんとも落ち着き無いこと自覚。

~自転車その4に戻る~

大阪府 石川~大和川 沿いの 八尾河内長野自転車道を走る

河内長野市 石川 河川敷

西行うたの道 ひっそりおだやかに 見つけた。

西行の終焉の地 がこの町だったそうで・・・・・。

南河内郡河南町弘川寺

別にそのお寺を自転車道が通っている訳ではないのですが 

その界隈の石川の河川を自転車で走る訳です。

陶板に焼かれた西行の一生が年表風に蒔絵になっている。

名前は知っているけれど、どんな方でしたっけ・・・・・。

おぼろげながらに、百人一首の歌人であることとくらい・・・・・。

何も知らない・・・・・。

23歳で北面の武士(平清盛もついたという京を警護する仕事)を手放し、

僧になった西行の心もち

相当に迷い揺れて素直な人だったのかしら 美形であったらしいし

何か不安定な印象をうけるお方だねconfident

僧になっても恋しい人は忘れられなかったんだね。

嘆けとて月やは物を思はする かこち顔なる わが涙かな

うらめしげにこぼれ落ちる私の涙・・・てか?weep

それが妻も娘も残して仏教の修行と歌に生きた男の詠む歌か・・・・とか

それで23歳の僧か・・・・・とか

三年寝太郎と同い年ジャン・・・・とか

夫だったら・・・とか

息子だったら・・・とか

おばちゃんはだんだん鼻息荒くなる!困ったdash

脱線しすぎた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨にはいる昨日

P5220027 2011年5月26日

梅雨に入った。

梅雨が走り出した。

梅雨も台風も

日本の四季とセット

それに合わせて営まれてきた自然

P5220028

雨も風も波も暑い夏も寒い冬も

・・・・・日本の生き物が生きていく上で必要なものだそうだ。

台風2号もこっちへ向かっている様子

台風来ないと珊瑚が枯れると話を聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「星守る犬」ですと

P5220026

日曜日夜勤明けで仕事が終わった。

P5220014 P5220015_2 P5220018_2・  P5220016

さて帰ろうとしたが、午後から雨と予報を信じて自転車で来ていた。

  土砂降りだった。

雨は嫌いじゃないけれど、折角油さしてもらってメンテナンスもいい感じになったマイ愛自転車がまた錆びてシャリシャリ音なって、重くなるのが嫌だった。

駄目もとで家に電話して迎えに来て欲しいと言った。

意外や意外・・・・来てくれるという。

待つこと30分雨は止んだ。

そんなことなら自転車で帰りたかった。

到着した車の助手席には、にいが乗っていた。

P5220023 だーさんの第一声

・・・・・「星守る犬」・・・・・・・

P5220020P5220022_2  P5220021P5220024

P5220025 映画かぶれの夫であった。

ところで、西田敏行さんワゴン車の中で亡くなるのですよね映画の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その14: ⑧竜ヶ岳下山後の温泉

Photo_3

 竜ヶ岳(三重県)登山 下山後の温泉は、片岡温泉でした。

 ●入湯料 600円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その14:⑦鈴鹿 竜ヶ岳の登山ポスト

シロヤシオを見に竜ヶ岳(三重県)に行きました。

竜ヶ岳の登山口 の登山ポストは宇賀渓の有料駐車場の管理事務所にありました。

きちっと、鍵がかけられていて、綺麗にされているし、なんか安心して入れられました。

宇賀渓キャンプ場管理人 ここのたこさん↓

http://ameblo.jp/sakurasukiyaki/

Photo

当時のポストの中には、登山届けがポストの口からあふれていたり、鍵のないものが結構あった。

当時に所属していた山岳会の登山届けの様式は

住所・氏名・年齢・携帯電話番号・自宅の電話番号・血液型・家で待つ家族名まで書き込まれた。

登山届けを無防備な登山ポストに投函してくるのに、わずかながらに不安を覚えた。

そんなことを言う私を、当時の山の仲間は神経質すぎると、批難した。

そんな私でも近頃の登山ポストは、安心して提出して来られる。

感謝です。

山が大好きなデナリ  登山ポスト

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat15390606/index.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その16:⑥竜ヶ岳 中道を下る

P1010032_2  2011年5月16日

9:00駐車場~11:40竜ヶ岳頂上

昼食べて、頂上から尾根を下り、中道を下る。

P1010033 北に見える遠足尾根にはシロヤシオの花は咲いていなかった。

(20日午後には咲き始めたと

ここのたこさんブログに書かれていましたね。)

なだらかに下っていく。

/

竜ヶ岳の頂上を振り返るとこんな感じ↓P1010034

だだっ広い笹の尾根を下ると P1010035

木が出てくる

急な下りも

なだらかな下りも

乾燥している時は問題ない

P1010037 P1010039

P1010040

P1010042_2

斜面にイワカガミ

P1010045 P1010044

見上げれば綺麗な新緑

足元には桜の花びら

P1010046P1010047 13:15

沢に出た。

休み無しで

下り切っちゃいたいところですが

途中1回休憩する

P1010048 毎回

沢の左岸を

堰堤巻いて下っていく

P1010051

下って見上げるとこんな感じ

雨の日は嫌いじゃないけれど

濡れた日は何か嫌だねものは。

P1010052_2 竜ヶ岳の山域に降り積もる落ち葉は

場所にもよるけれど

意外と踏んでも割れて崩れない。

粉にならないし

強くて乾燥していても艶々光を放つ

落ち葉どうしでよく滑る。

どうってことない登山道も

積もって溜まる所は

油断すると滑落するね。

P1010053

●長尾滝・砂山方面は落ち葉で滑って事故があったと、

出発時に駐車場で管理人さんに注意促された。

P1010055

P1010056

P1010059_2  P1010060 P1010061

P1010062_2

14:30裏道登山道入り口 P1010063 

P1010064駐車場に戻ってきた。

はちえもんさん陶さん蘭さんは伊勢うどん (650円)が食べたいと食べた。

由さんとソフトクリーム(300円)を食べた。

注文してから驚くほど時間がかかった。

危うく金魚すくいしてしまうところだった・・・

帰りの車の中で金魚の水袋持っては居眠り出来なくなるから、我慢した・・coldsweats01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイレーツ・オブ・カリビアン 命の泉 を観にいった。

P5200009

パイレーツ オブ カリビアン 生命の泉

観て来ましたよ。

5月20日(金曜日)初日昼間 

14時20分開演という中途半端な時間だったせいか、すいていた。

だーさんと観にいったんだけれどね・・・・現地集合で。

P5200004朝出勤した。

お産もない、

未分娩のママも入院していない 。

「1人,朝から帰るように

もう1人,半日で午後から帰っていい」

と指示。

で、私はタイムカード押したのに消して

帰ってきました。

P5200005 夜勤明けの人たちが

帰る時間でもない。

学生たちの登校時間には遅い。

お買い物の主婦もまだ家で家事中。

そんな時間にプラプラ自転車で帰る。

「山を走ってきます」と言って帰宅したものの、お昼ご飯を食べて、昼寝しようとしていたところに、電話しておいただーさんから

P5200006 「今からなら映画付き合えるけれど」

電話が入った。

40分かけて帰ってきた道を

再び1時間かけて映画館まで走った。

この河川敷の道を

二往復してしまいました。

トータル本日200分 

P5200011_2人魚が出てきたものの

いつもの、骸骨ものも、ドロドロものも、出てこなくてちょっと違っていた。

だーさんは、「手を抜いたか?」と、珍しく辛口コメントを吐いた。

後ろのおじさんが・・・途中いびきをかいて寝始めた。

クルリと向いて、おでこをぺシッと叩いてやりたくなったのは・・・生まれて初めてです。

振り返る勇気も無かった・・・・チキンなcoldsweats01であった。

/

そうそう、エンドロール・・・・最後まで見ようね

ラストにちょこっと。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その14:⑤竜ヶ岳山頂2011.5.16

P1010031

●2011年 5月16日

竜ヶ岳(三重県)の山頂  広いし平らで風が通る

   平日なので人は超少ない・・・数えたら4人と私たち5人。

P1010029 三角点

P1010030 P1010032 広い頂上から下山時のはじめの方向に

迷うだろうか、分かりやすいかな~と

思っていたら

ちゃんと指示あり分かりやすいから。

でも、ガスって見えないときは、怖いね。

標識雪で埋まるのかな~とか

遠足尾根登ってくるのかな~とか

青い空  白い広い頂上を想像・・・

持参のそうめんを食べながら、あれこれ思ったりした。

積雪時期は、金山尾根を上がってきて遠足尾根を日向山から宇賀渓へ降りるんかな・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その14:④竜ヶ岳 裏道登山道 登る

P1010008

2011年5月16日(月) 竜ヶ岳 (三重県)に行って来ました。

宇賀渓 キャンプ場の駐車場 8:45着

駐車場代金500円

綺麗に掃除された、簡易水洗のトイレがありました。

9:00出発

P1010010 裏登山道入り口

ホタガ谷コース

トイレとあずま屋ありました。

●直進すると

 長尾滝や中道登山道方面

●写真のほうに登っていくと

 裏道登山道や遠足尾根

沢筋でもまだヒルは見られず。

ヒョっと、くっ付かれてしまったような

ヒルもおらず

5人で行ったが

1日を通して被害者もなし。

P1010011

P1010012 P1010013

P1010015

P1010014_2

P1010023

P1010024 

P1010025P1010037

P1010021  竜ヶ岳 山頂が見えた。

美しい姿。

雪化粧したら、きっともっと美しいんだろうね。

P1010022

シロヤシオの花 P1010026

ぜ~んぜん見られず。

①番標識の分岐から

なだらかな頂上への登り

今日初めて

頂上から下ってきた人々とすれ違う。

P1010027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その14:③2011.5.16竜ヶ岳羊さんはまだまだだった 

P1010016 2011年5月16日(月)天候 晴れ しかし 青空はない

裏道登山道をあがって、遠足尾根に乗って 一帯のシロヤシオを見る山行だった。

笹の登山道になって、期待がMAXになった。

竜ヶ岳のシロヤシオの群生について、いろんな人の記事を読み、いろんな人の写真を見た。

そんな出会いを・・・・ある人が「羊の群れ」と表現した。

羊の群れにであった。

羊は去っていった。とか

P1010017

例年の記事を見ても、明らか早い。

楽しみだねと言いつつも・・・・・5月下旬だよね・・・・

P1010018 写真で見た景色だが、かすかにも白ばんでいない。

意識的にしたわけではないが、遠足尾根が見えるようになってから頂上までの間

撮った写真は何故だか全部ピンボケだった。

P1010019遠足尾根分岐には

標識もなく

しかし

明らか踏み跡あって分かり易い。

白いどころか

緑もない

ほほほ~weep

来年?

いや~あ、

竜ヶ岳は来ないかな~あ

来るとすれば雪の時かなあ~

ぶつぶつ心で言ってみた。

代わりに、頂上から下山に使った中道の尾根の斜面にイワカガミが咲いていた。http://denari2.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-0831.html

P1010020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その14:② 2011年竜ヶ岳  イワカガミ

P1010038

2011年 5月16日 三重県 鈴鹿山系 竜ヶ岳 中道登山道

斜面に可憐に咲いています。

P1010041 

竜ヶ岳山頂から広い尾根を下る。

そのうち急な下りになった頃 斜面に イワカガミ

P1010042

竜ヶ岳には、シロヤシオの羊の群れを見たかったんだけれど

蕾は固く小さい。

季節は少し遅れているのかもしれない。

馬酔木の白い花は満開で

椿は咲いていた。

名残のの花びらがわずかに散っていた。

P1010043_2        イワカガミ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山その14:①竜ヶ岳 交通渋滞40キロの先頭で

P1010020 今日山へ行ってきました。

早朝に家を出て、高速道路を走り

西名阪~東名阪自動車道四日市ICまで行く予定でした。

調子よく走っていたので予定到着時間は当初の8時30分が8時10分になっていました。

亀山JAC過ぎた頃から高速の流れが滞ってきました。

鈴鹿ICが近かったので、四日市ICまで行くのをあきらめて高速を降りました。

国道306号線をいなべ市まで走り

予定通り 八風街道 国道421号線を宇賀渓駐車場まで行きました。

8時45分に到着しました。

山は無事に行ってきました。

帰宅して聞いてビックリ。

鈴鹿を先頭に40キロの交通渋滞

原因は工事のため・・・とか。

月曜朝の出来事

先頭周辺だったのね。

何で四日市まで行けなかったか渋滞真っ只中で分からなかった。

中央分離帯には、アニマルのバルーン

仮設トイレあり

/

東名阪自動車道 渋滞予報

http://www.c-nexco.co.jp/important/e-meihan.html

鈴鹿山系  竜ヶ岳行ってきました。

UPはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その4:③八尾河内長野自転車道・石川桜つつみと花のベンチ

P5090034P5090032 

石川桜つつみ

cherryblossom春の桜のシーズンは

さぞかし綺麗でしょうね

桜の下を走り抜けたいものです。

P5090036 P5090035

階段の上に

花の棚があってね

ベンチがあってね

行きの走りで見てあった

帰りに座って

いっぷくしたいと思っていました。

いそいそと座りに行ってみると

それはそれは綺麗な花

でも、座らずそそくさと降りました。

蜂がぶんぶん

蜂が悪いのではなく

私たちがお邪魔。

長居は無用と撤退した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その4:②八尾河内長野自転車道・石川~大和川

P5090015 2011年5月9日

八尾河内長野

自転車道

(大阪府)

走ってきました。

河内長野駅

自転車道終点。

その駅前をスタートして、

石川から大和川

河口に向かって走り、

往復してきました。

さすがに平日

P5090016 人は少なかった。

桜の花見シーズンや

土日祭日は

さぞかし沿道が賑わうのでしょう。

←富田林市楠町まで河川敷を走ってくると

コースはぐるりとUターンして

一旦堤防に上P5090017 がり

橋を渡って対岸に行く

そんなコースを無視して

直進したがご覧の通り行き止まりになった。

走る走る気分いい

サイクリング衣装で

ロードバイクに乗った男性に

たくさんすれ違い、

たくさん追い抜かれた。

ともかく快適なコースでした。

P5090029

やがて石川と大和川が合流する。

その手前200mで

河川敷の自転車道が

グルリと向きをかえて堤防に上がる

P5090031

P5090030 P5090018↑少々汚い地図

そして、間もなく大和川に合流する 。

こんな汚い看板ばかりで

お気の毒な限りです。

落書きする人には

地元愛はないのかしら。

全くおバカ丸出し。

私が愛する自慢の川

その名を汚されたら

きっと怒るな・・・・。

とか思いながら

新大和橋を渡る。

P5090019

渡ってスグに近鉄 柏原南駅 P5090020

駅に電車が着いた。

走り去るまで遮断機は下りたまま。

P5090025 P5090026 川の両岸は、工場と家と対岸には高速道路

周囲の景色が一変し、八尾河内長野自転車道線の起点の大正橋に着く。

P5090027自転車道は終わった。

それでも、まだまだ進めそう。

P5090021 河口までほんの12キロ

河口まで行けるかも・・・・・・・・・そう思って走り続けるが

車道を走るしかなくなって・・・だーさんが危ないからと引きとめた。

P5090023

100円マックと持参の熱いコーヒー  P5090022

堤防の階段に座って

食べて引き返した。

P5090028_2 再び大和川を渡って石川を走る。

同じ自転車道だが行きと帰りでは景色が違う。

それも面白い。

P5090039 P5090040

真後ろを走るのも面白いが

うんと離れて走るのも面白い

P5090043再びPLの塔が見えるとあっという間に、河内長野駅に帰り着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岳」見て来ましたの

P5120051

昨日、まち母「岳」を見て来ました。

子供の頃からの私のヒーローは、デビルマンでした。

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_f0d5.html heart04lovely

その私に「デビルマンより格好いい」と言わしめた三歩さんは、

小栗旬くんで、

キャスティングを聞いた時に、

え~っ!!!と言っちゃいましたが・・・・

ほんと素敵な三歩さんでした。

デナリ:こう言う事故は私にでも起こりうる・・・・まち母:分かっている。

     でも、こんな奇跡のような救出は起こりえないから。・・・・

     猛吹雪にヘリが飛んで救出してもらえる訳ないから期待しないでね。

                              ・・・・分かった。

私が独身ならこの映画を母に見せるのは、心配をあおって相当酷かなと思うだろうが

万一の時は、私には夫と子供たちがいて幾分まち母の気分は楽かな・・と思って誘いましたの。

だって、山の景色がとっても綺麗だったんですもの。

・・

母の日のプレゼントのかわりに

・・・・・ピザがいい言ったので、ランチ「ピザ食べ放題」食べながら話した。

/

初めて「岳」読んだ直後は、何だか山に行くのが怖くなった。

今日初めて「岳ーガクー」を見た後は、何だか無性に山に行きたくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車その4:①八尾河内長野自転車道・河内長野駅~

2011年5月9日(月)

大阪府河内長野市

河内長野駅から

八尾河内長野自転車道

だーさんと走ってきました。

それがさあ・・・

近鉄・南海 河内長野駅   駅前のコインパーキングに  10時半に着いて

準備して出発したのはいいけれど  走りはじめが分かりにくい。

表示があると思いがちだが・・・さっぱり。

だーさんにお任せで着いてきたものだから・・・・全然予備知識もないから

あっちこっちで聞いて回るだーさんに、ただただ着いて回った。

はっきりスタート地点に着いたら、サイクルコンピュータセットしようと思ったが

すっかり忘れてしまっていたので、距離もその他も写真もすっかり・・・・。

もう1回行くの簡単でもう迷うことはないが・・・・・表現はさてさて・・・・・。

P5100046

駅前の自転車道終点は

確認していませんが、

ノバティながの駐車場が

長野神社の前にありまして、

そちらに車を置かせていただきました。

駐車料金は最大1000円でした。

赤の点線で進んでいくと

  路肩にラインの入った細めの路地を走り

  金比羅神社を見つつ更に進むと

   石川が見えるあたりまで走り続けます。

P5090008

すると堤防に出られる道に

気づきました。

P5090009 PLランドのPLの塔が見える。

P5090010

P5090011

大阪府富田林市 

石川河川敷

(川西グラウンド)には、

こいのぼりがいっぱい。

ここに、駐車場があって、

日曜日や祭日は知らないが

平日ならそこに車止めて走るって

言うこともありかなと話した。

P5090013P5090014 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黙る私

今度行く山は、3人。

そのうち、1人増えた。

そして、更に2人行くと言った。

6人と思っていたら、7人になった。

登山届けを出すための計画書を作った。

今朝、出勤し渡そうとしたら・・・・・・熱ある、関節が痛いと話している。

それを聞いたデナリは、「無理しないでね」そう言って・・・計画書を渡した。

そして、口迄出掛かった言葉を飲み込んだ。

何てことを考えているんだと驚いた。

無理しないでね・・・・・って、山に行くために仕事で無理しないでね・・・。

逆じゃない?

私としたことが・・・・・bleahP5040006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トマトジュレを食べた

三年寝太郎が岡山へ遊びに行ってきた。

お土産にトマトジュレを買ってきた。

1個600円

今、流行のジュレナルモノヲ食してみたが・・・・おいおいpaper

トマトジュースの甘い味

こりゃ、高すぎだろう・・・と家族全員の意見でした。

ゴメンナサイheart04

P5050001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の散歩

P4260042_2 夜の散歩

夕刻 川を渡って戻ってくる。

日が沈みきる少し前

にいと2人散歩する。

本当は食後に歩くのが1番いいんだけれどな~。

P4260043

震災の直後、私が思ったこと

もしも、こちらでも地震が起こったら私たちがにいを避難所に連れて行けるだろうか?

毎朝6時半、必ず裏の道路を(多分)犬が散歩していると思われる気配に対して

にいは吼える。

スグにカーテンを開けて散歩犬の所在を確認するがその姿を確かめられたことはない。

かつてうちに居たおたまちゃんは、全く吼えない犬でありました。

職場で「にいは避難所には連れて行けない」と話すと、

そんな犬に躾けている飼い主(私たち)が悪い・・・と言われちまった。

ごもっとも。

にいは、リードを放して食べ物をおいて残していくべきか

避難所へ連れて行けるか・・・・・考えた。

迷いに迷った。

心の中の決断は二転三転しつつも、今はにいを連れて家を出ることに心を決めた。

はてさて、どうなることやら・・・・。

土曜夜、久々に建物が揺れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仮面サイダー、名は体を表す

P5040024仮面サイダー

自転車で走りきった。

車に自転車を載せて、帰り道

喉が渇いた・・・連発して、コンビニでフルーツ牛乳を買って飲みました。

でも、持参のジャムバターパンを食べたら、今度はサイダーを飲みたくなりました。

SAに立ち寄ってもらって、サイダーを買おうとしたら捜したけれど見当たらない。

よくよく見ると仮面サイダー

間違いなくサイダーだと買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その3:②京都八幡木津自転車道線 

P5040001 2011年5月4日 天気 晴れ

ここは、京都府八幡市

 かな~っと思うんですけれど

背割堤地区 駐車場(9:00~17:00)

http://www2.kasen.or.jp/map/BQ/BQ_sewari.html

淀川河川敷公園 なのかな・・・他の駐車場と同じ仕様の看板

管理の方がおられた。

きっと、スグに満車になるだろうと予想した。

だから、早く家を出た。

9時過ぎに駐車場に着いた。

おかげで余裕で置けた。

P5040002_2★ 9時半

まずは

嵐山(京都)に向かって

走り出した。

渡った橋も御幸橋

この川は淀川のようだ。

P5040003_2人気のコースなので初めての私たちでも迷うことない。

ポイントはいくつかあるが、迷うようなところも必ず他に走行車が前か後ろからかある。

P5040004 御幸橋(京都府八幡市)

~渡月橋(京都府京都市)間は

UPダウンは少なく

快適な走りです。

桂川左岸→右岸渡りはしますが

のどかな気持ちいい。

P5040005

P5040007 見覚えのある山が見えてくる。

嵐山が近づくと

人も自転車も増えます。

P5040008 P5040009 10時30分到着・・・・・・・1時間で着いた。

だーさんは、あだし野に行こうと言った。

P5040010 私は、木津川 泉大橋 まで

行きたかったし

橋まで行けたら引き返して

17時までに駐車場に戻らねばならないと

思っていたのであだし野はパス!

始点から終点まで45キロ

スタートした。

P5040011←帰りに撮影しましたが

ここは、

往時は

先行車について走って来たから

迷うことは無かったけれど

ちょっと考えるね。

P5040012

P5040013 帰りも1時間で戻ってきました。

御幸橋9:30→渡月橋・始点10:30→御幸橋11:30

P5040021 嵐山・桂川 渡月橋から戻ってきた時(11:30)も

木津川 泉大橋から戻ってきた時(14:30)も

ご覧の通り満車でしたよ。

P5040014P5040015_2 御幸橋(11:30)

途中で20分ほど

おにぎりを食べた。

終点 泉大橋  13:00

大阪湾まで61㌔

行きは1時間ほどで着きました。

帰りもちょっと休憩しパンを食べた。

だーさんは、

「タマゴ売っているよ」とか

「ゆっくり走ってしょっちゅう休む・・・」とか

P5040016言いながら・・・・・

のんびりポタリングをしたいみたいだった。

あまりに猛烈にペダルをこぐの楽しくて

どんどん走るのが嬉しくなった。

理由は

壊れて作動しなくなっていた

サイクルコンピューターを

新しく買って付け替えてくれたので

何だか漠然と走るのとは違い

数字に出る。

速度も楽しい。

人も車も少ない

この快適な自転車道を走ると

幸せな気分になった。

P5040017

山も自転車も我を忘れてしまい・・・・・・・。

気がつけばギアチェンジもせず8速のままで堤防の坂を上りきる。

P5040018振り返ると

点に見えるほどぶっちぎってしまった

だーさんを待ちポタリング

ともかくな~んも無い

何も考えずこぎ続ける。

自販機も

運動する公園も

コンビにもないのが好き。

このままの自然な感じが

NO1

P5040019 お地蔵さまを見てだーさんが言った。

日本は豊かな国だね・・・・・・

ここで何かあったのかな?

そう思いつつ・・・・・

震災の被災された方を想い、平和と安全な毎日をお祈りします。

誰もがのどかなこんな毎日が過ごせるようになりますように。

P5040020 御幸橋が見えてきた。

その頃には、さすがに自転車で走るのにも飽きて来たので

何だかちょっとホッとした。

P504002214:30

駐車場

あいもかわらず満車

P5040023 

自転車を車に積んで、まっつスグ家に帰った。

明るいうちに家風呂に入った。

お尻の皮がむけたのか?・・・何だか湯がしみた。

焼肉してチュウハイ飲んだ。

走ってみたいところ・・・・

尾道 しまなみ海道

琵琶湖1周

遠野

五島列島

オランダ

登ってみたい山のルートがあるように、

始めたばかりの自転車もいくらもあってキリが無い楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その3:①京都八幡木津自転車道線2011.5.4

P5040019 今日仕事から帰宅した。

だーさんが毎朝聞くラジオに

「2011年5月4日

自宅から京都・嵐山まで往復80キロを

お父さんとママチャリで走られた女性が出演されていた。

何処かですれ違ったかもしれないね」と、楽しそうにだーさんが話した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年 5月4日

天気もいい。

京都八幡木津自転車道行ってきました。 

4月の日曜日

大阪府寝屋川市から淀川を走り、

京都府京田辺市まで木津川城山橋までの往復しましたが

・・・・・・・・・・・・今回は・・・・・・・・・・・・・・・

京都府八幡市 木津川御幸橋宇治川御幸橋の間にある

淀川河川公園 背割地区の駐車場(無料・9:00~17:00)に車を置いて

午前・・・・御幸橋~桂川~嵐山(京都)・渡月橋 (起点)  往復

P5040008

午後・・・・御幸橋~木津川~泉大橋 (終点)

P5040015 要するに・・・・・

京都八幡木津自転車道線を起点~終点を往復してきました。

総走行距離  92.77km

最高時速 36km/H

平均時速20km/H

所要時間 5時間  朝9時半~14時半(駐車場発~駐車場着)

/////////その日のデナリのざっくりとコースタイム//////////////////

御幸橋 9:30 - 渡月橋 (起点)10:30-御幸橋11:30-泉大橋(始点)13:00-御幸橋14:30

Photo_2

happy01  嵐山・渡月橋を往復し、御幸橋に戻って

・・・・少し木津川を進んだ所でおにぎりを食べた。

「泉大橋まで往復したい」と言う私に

「無理だ」と言った。

「駐車場が閉まる17時まで・・・余裕を持って16時に駐車場へ戻ってこよう。」と決めた。

おにぎり食べ終わると12時まえだった。

単純に往復すれば14時折り返しタイムリミット。

何処まで行けるか行ってみようと思った。

結局ぜ~んぶ行けた。

                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母乳の話

P4260047_2 ・・・・・・・・・・・・・・・・昨日より・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

産後0日 全く出ていない人もいるし、乳頭をつまめばポツポツ母乳 出のいい人はタラタラ    つたい流れる。産後0日は出生時間によって長さが変わる。丸まる24時間近くある人もいれば数分で産後1日めに日付が変わる子もいるんだよ。

産後1日 分娩直後に覚醒していた赤ちゃんは間もなく睡眠と覚醒を繰り返し少しの間は寝がちになったり、初期嘔吐と言って赤ちゃんの胃腸の働きがいい調子に動き出すまで吐き気がしたり分娩の時に飲み込んだ羊水などを吐きがちになる。そのために、この日の赤ちゃんの状態はママの母乳の分泌の状況と同じくらい十人十色・・・・早くも覚醒してしっかり吸いたがる子もいれば、まだ夢の中で寝てばかりの子もいるし、起こして吸わせたいのに吸わない子もいれば、切れ目なしに吸い続けてもなお泣き続けママの体力と気力を消耗させる子もいる。

産後2日 私のいる施設では午前中赤ちゃんの沐浴(お風呂に入れること)をする。するとよく寝る。お祝いはよき日の午前中などと日本の意味なき風習のせいで、赤ちゃんのよく寝てママが身体を休める事が出きる唯一の時間帯をその対応で起き続け更に疲れを増す。寝られる時にほんの短時間でもこまめに身体を休めONとOFFを上手に出きることが肝心。母乳の出を気にする必要は何もない。1滴でも多く赤ちゃんの口に入れること只それだけに集中することを勧めたい。出てないからと甘えは禁物、他のものを飲ませ過ぎる(足さないこと!)と乳首を吸わせる回数が減り後々の分泌に反比例する。赤ちゃんの体重はほとんどの赤ちゃんが減っています。

産後3日 そろそろ産後の緊張もほぐれ疲れも増してくる。出てなくても出生後の日にちが浅いから仕方が無いと思って吸わせることにそれまで徹していたママも母乳の出が思いのほかUPしていないことを不安に思うことがあるかもしれない。ホルモンバランスも大きく変化してきて気分も変わる。安定している人もいれば、そうでない人もいる。この日くらいまではどんどん赤ちゃんの体重は減ることが多い。母乳の分泌が増して明日には赤ちゃんの体重が増え始めるでしょう・・・と思える人もいれば、明日も間違いなく減るな・・・そう言いきれる人もいる・・・そこを見極めるために私たちはケアーする。だから自分の身体を信じてひたすら吸わせること・・・そうすれば何とかなるものなのです。赤ちゃんの体重がそろそろ増え始めた子もいれば更に減っている子もいる。それでも母乳をどれだけ飲めているか測ることはしない。

産後4日 多くの赤ちゃんは飲めておっぱいを吸いたがるペースにママたちも慣れて来る。余裕も出てきて分泌もそれぞれに増し体重が前日より増える赤ちゃんが多くなる。それでもまだ減る場合もあるがさすがに赤ちゃんの体力をUPするために水分補給と分泌UPのために母乳を搾ったり砂糖水を加えたりして足す場合もある。

産後5日 退院の朝、体重を計る。更に前日より体重が増える。生まれた時の体重に戻っていない子も多いが分泌が増して体重が前日より増えていなければ必要に応じて対応方法をママ毎に説明して退院していただくことになる。母乳外来に来ていただく日がそれぞれに決まる。

何を書きたかったかって?わかんなくなった~。ま・・・いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな違ってみんないいけど、母乳

Dscn0799 母乳が出ると言うこと。

みんなちがって

みんないい。

母乳で育てるも

ミルクで育てるも

それぞれ。

ただ、一つ言える事は女性の身体に備わっている機能の一つってこと。

人の身体は、よくできている。

妊娠して

子宮の中で胎児が育つ

すると、乳房も反応して乳腺も育つ

そして、妊娠中から乳汁が作られ分泌する。

妊娠中の母乳外来で初乳の分泌を知るママは出ることに驚かれる。

そして、分娩室でカンガルーケアー中に初回吸啜すると感動される。

ここからが肝心なのよ。

分娩したからって、はじめからジャブジャブあふれるほど流れ出る訳じゃないのです。

ママは懸命に頻回におっぱいを吸わせる。

その姿を苦労に思ってご家族が心配する。

私たちに向けて発する言葉に

「まだ出ていないから・・・・」とママを気使う。

・・・の後に、つなげて言いたかった言葉の続きは想像できる。

でも、・・・・私たちは・・家族の人にではなく

あえてママに向かって答える。

 「今日、明日の吸わせる回数はきっと

明日の母乳を作り出すホルモンの分泌を増やして

明後日以降の母乳の出に結果が出てくるからね。」

                     あしたへ続くhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その2:④流れ橋・・・・木津川 上津屋橋

P4240012

自転車で淀川~木津川 左岸を走った。

流れ橋・・・自転車で走ってきた人も観光の人?にも人気の上津屋橋

行きはあっさり通過 気になるので帰りに寄って見た。

P4240023

P4240024

P4240025

P4240026

P4240028

P4240031昔は橋ではなくて

渡しだったんですね。

すると時代劇では

この橋もちょっと設定違うのかな?

P4240029

P4240033_2

P4240034_2

P4240035_2 P4240030 P4240036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その2:③淀川~木津川の鉄塔

P4240003 淀川(大阪府)から

木津川(京都府)の左岸

どんどん北上する。

鉄塔の近くを通り

何本もの電線の下を通る。

結構高いよ。

手も多いよ。

P4240006P4240015 /

/

/

/

/

/

/

/

/

/

山から下って来て,いくつもの鉄塔を経て,川を渡って,いくつもの鉄塔を経て

山を超えていく。

そんな鉄塔が何本も何本も

もたもた写真撮っていたら、放って行かれるので、やめた。

ココは何処なのか、何処から来て何処へ去っていくのか分かりません。

鉄塔の基に近寄れば分かるんだけど・・・・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の黄砂2011

P5020001

今日は朝から西の空が凄い。   2011年5月2日

雪の日でもココまで山が白くかすむ事は無かった。

そして、そう言えば今年になって初めての景色だ。

そして、今年もっとも鼻が痒く胸が苦しい。

今年のスギ・ヒノキ花粉の終息宣言が出た矢先の事で驚いている。

過去に「辛い」「苦しい」と花粉症を表現したことがあったが、

私の今年の花粉症は驚くほど軽かった。

「何なんだ!」といぶかしんだが・・・・だんだん分かってきた。

多分・・・スギ花粉ヒノキ花粉と思っていたものが、

実は原因はそうではなかったのかも知れない。

それで、納得できることがある。

花粉症の薬が全く効かないで私は喘息?と思うくらい咳が酷くて呼吸困難になり頭が痛い時があった。

こんな花粉症あるのか?と思っていた。

何だか・・・対策とポイントがズレテイタのかもしれない・・・と今、思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車その2:②京都八幡木津自転車道線

P4240017_2

ようやく遅いランチを食べた。

「帰りもあるから、引き返そう」と だーさんが言った。

大阪湾から49.2キロ P4240021

山城大橋で引き返すこととなった。

泉大橋まであと12.2キロまで来ていた。

京都八幡木津自転車道線

私たちは、北上してきたけれど

京都・嵐山 渡月橋右岸をスタートして

桂川沿いに南下し

桂川・宇治川・木津川が合流するあたり

御幸橋(八幡市)から

この木津川左岸に入ってきて

泉大橋まで走れば

総延長45キロのサイクリングが出来るそうです。

地図中央に遡って来た淀川があります↓

Photo_6   

P4240020 ランチを食べたあと

赤い山城橋を後にして

再び自転車を走らせる。

淀川河川公園 駐車場へ

ゲートが閉まる17時までに

戻らないといけません。

向かい風にで走って来たのに何故だか帰りも向かい風crying

手入れの悪い自転車のシャリシャリとチェーンの回転音を高らかに

重い重いペダルをこいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その2:①淀川~木津川を走る

Photo 淀川(大阪府)から木津川(京都府)を 自転車で走ってきました。

Photo_4 大阪府寝屋川市

仁和寺河川敷に車を駐車して

左岸を上流に向かって往復してきました。

2011年4月24日(日)

「今日は休みますか?」と朝6時半携帯が鳴った。

P4240002 こんな日は、気候もいいので

だーさんと自転車。

淀川(大阪府)沿いに周辺の人々の憩う河川公園が延々と続く。

ちゃんと整備されて自転車も通行出来る1本の道になっている。

この自転車道何処まで続くんだろうねと話しながら行けるところまで行く。

P424000411:00 走り始めた。

枚方大橋あたりは色とりどりの花が植えられていて綺麗

太鼓のリズムが聞こえてきた。

引き寄せられるようにだーさん戻っていった。

少年サッカー・野球・ラグビー

大人も運動思いのまま

もちろんランニングもサイクリング

P4240007_2  菜の花・タンポポ花盛り

Photo_2 桜は終わっているけれど、満開の時は見事だろうねとだーさんが言う。

P4240010 走り出して1時間でだーさん堤防を反れて、

昼食を食べに行こうと言い出す。

木津川大橋でコンビ二へ行きかけるから

「まさかのコンビ二ですか?」と言ったら

ーさんご機嫌を損ね、

ハンバーグ屋さんの入り口で大勢待っていた為、

「だから走ろうと言ったのに」

今度はこっちがご機嫌斜め。

P4240038

P4240011_3 河口から淀川を上流に行くと

やがて桂川宇治川木津川に分かれる。

左岸を走り続けると自然に木津川に入る。

大阪府から京都府に入り

川も淀川から木津川になり

自転車道の表情も変わった。

路面に表示がきちんとあり

標識もある。

周囲はのどかになり

人も自転車も減った。

しかし、本格派サイクリングの自転車が

さっそうとすれ違いどんどん追い抜いていった。

P4240013 茶畑があったり

たくさんの橋をくぐり

ますます静かな走り

止まりカメラ出して撮影すると

スグ遠くに去る

慌てて走り出す

P4240014

P4240016  風は向かい風 

木津川・・・・山城大橋(京田辺市)そばのお店で串勝定食を食べて

下流へ引き返した。

P4240019

コース:

淀川左岸 自転車道 (大阪府)~木津川左岸 京都八幡木津自転車道

大阪府寝屋川市 淀川河川公園 仁和寺駐車場 (無料)9:00~17:00

11時前に到着した時にはラッキーにも1台空いていました。

多分満車になるのでしょうね。

時間過ぎるとゲートが閉まります。

管理人さんがおられました。

駐車場11:00出発

→ 途中 木津川大橋 でコンビ二行ったり 寄り道 12:24発 

→ 山城大橋でランチ(1時間くらい)14:00引き返す

→ 14:26上津屋の渡し跡 流れ橋 歩いて往復14:45発

→16:18 駐車場 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »