« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ドラッカー 「マネージメント」

P4260044いや~あ、実に面白いheart04

マネジメントの父 ピータードラッカーの著書「マネージメント」

勉強したのじゃなくって面目ないcoldsweats01

毎日NHK放送で アニメ「もしドラ 」

原作は岩崎夏海著

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

 

私に イノベーション

毎日夜勤の夜以外は毎日見てんだけれど、それでも録画してしまう。

アニメの後の「私とドラッカー」が面白い。

経営にもマネジメントにもトンと無縁のデの毎日ですが、

どんなことにも通じる話ですね。

ピータードラッカーの「5つの質問」

  1. われわれの使命は何か (何を実現しようとしているのか)
  2. われわれの顧客は誰か (どんな人に喜んでもらえるのか)
  3. 顧客の価値は何か (顧客が手に入れるものは何か)
  4. われわれの成果は何か (何をもって貢献を測るのか)
  5. われわれの計画は何か (事業存続に関わる8つの要件)

「5つの質問」がもらたすものは、行動のための計画である。

計画とは明日決定するものではない。

決定することのできるのは、つねに今日である。

明日のための目標は必要である。

しかし、問題は明日何をするかではない。

今日何をするかである。

計画とはその都度のものではない。

うまくいくものを強化し、うまくいかないものを廃棄していくという連続したプロセスである。

測定可能な目標を設定し、体系的なフィードバックを通して成果を評価し、 状況に応じて調整していくというプロセスである。

あちゃ~あ、そろそろ集中できなくなってきたほほほ・・・・。

ともかく、6月に AKB48あっちゃんが主演で映画になるそうです。

clover「才能ではない真摯さである」

真摯に仕事して真摯に山行って真摯に妻母する・・・・・・デナリwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車その2: お気に入りの写真

Photo_7

大阪府 淀川左岸を寝屋川から北上する。

だーさんと2人自転車を走らせる。

京都府 京田辺市で引き返して来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コース:

淀川左岸 自転車道 (大阪府)~木津川左岸 京都八幡木津自転車道

大阪府寝屋川市 淀川河川公園 仁和寺駐車場 (無料)9:00~17:00

11時前に到着した時にはラッキーにも1台空いていました。

多分満車になるのでしょうね。

時間過ぎるとゲートが閉まります。

管理人さんがおられました。

駐車場11:00出発

→ 途中 木津川大橋 でコンビ二行ったり 寄り道 12:24発 

→ 山城大橋でランチ(1時間くらい)14:00引き返す

→ 14:26上津屋の渡し跡 流れ橋 歩いて往復14:45発

→16:18 駐車場 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花:アルストロメリア

P4210044 アルストロメリアの花

つい先日までこの花の名前は知らなかった。

3月31日だーさんが大きな花束を2ついただいてきた。

あまりに大きい花束なので

バラいて同じ花をかためて

小分けにして家中のありったけの花瓶にさした。

一番に枯れたのは、バラの花だった。

最後の最後に残っているのは、カーネーション系と アルストロメリア

P4210044_2

祖母葬儀の日

棺の中には、豪華な色んな種類の花がみんなの手で飾られた。

棺の蓋を閉じ最後の最後にセロファンに包まれた1本のアルストロメリアの花束を

載せて出棺という役が私に回ってきた。

蘭でも菊でもないどうしてこの花だったんだろうと振り返るが・・・・

忘れられない花になった。

アルストロメリアの花がカウンターでまだ枯れきらずに咲いている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふきのとうと木の芽・・・ニキビじゃないな吹き出物

木の芽どきと呼ぶ春と言う季節は、どうもデナリにはよろしくない。

しかし、昨年はいたって花粉症も軽く済んで快調だった。

今年は、例年の10倍とか言われて恐れていたにも関わらず

昨年程度の症状で、ここ10年の中では最も軽かったと思う。

P4230048

デナリちゃんは見かけによらず意外とデリケートなのね・・」とか言われる。

そうなんです、旬のものはアクが強い・・・・

ふきのとう先日食べた。

今日はたけのこの木の芽和えを食べた。

いと美味しいなり。

しかし、さっそくの唇そばにニキビが2つ

ニキビじゃないな吹き出物・・・とほほ

山椒の木・・・今年たくさん売っているのを見た。

1鉢買った。

以前植えたものも消えてしまった。

今度の鉢は大きいから、丈夫に育ってくれそうです。

新芽を刈ってみた。

独特な春の香り・・・・・。

五行陰陽説・・・・・先日聞いた。

教わって以来、手っ取り早く・・・旬のもの季節のものと気をつけてみている。

P4230050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はがきを2枚書く

P4210038 葉書を2枚書く。

深夜のテレビで「私が今聞きたい曲」を演奏されることを期待して

はがきに生まれてはじめてリクエストの曲を書いてみた。

採用されること無いの分かっているけれど 「女郎花」

もう1枚のはがきには、お礼の文章ををしたためる。

P4210036

Afternonn Tea」

ハンドソープも

ハンドクリームも

紅茶の香りがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生きる」というテーマで

テレビが家に無いという女性と山に行った。

羨ましく思った。

素敵と思った。

P4160005

そう言いつつ

家で一番テレビもビデオもDVDも見るのは自分だし

見るのが好き。

今期・・・生きるテーマで凄いドラマ始まったね。

少し前、仕事の最中に同い年の同僚助産師と雑談した。

内容は、自分の娘に代理母出産を頼まれたら、受けるか?

彼女は、たとえ娘の子供であってもお腹の中で育てて出産した児を渡せない気持ちになると思うから無理と言った。

私は自信ないし想像つかないかもしれないけれど、自分の考えに首をかしげながら「受ける」かもしれない・・・と、彼女に聞こえないように言った。

そして、もう一つ・・・・

今妊娠したら産む?

こちらの話題は・・・共通の答えだった・・・・

この歳で幼稚園通いはキツイ・・・

子供と同い年のママ友と付き合うのもキツイ

想像して・・・・・無いわ~あ!!と声が合わさった。

そんな話をしたのは、2つのドラマの内容を知っていた訳ではなかったので

テレビを見て驚いた。

ひょっとしたら同僚は知っていたのかもしれないな。

「マドンナ・ヴェルデ」(NHK)

「生まれる」(毎日放送)

女性としても、職業柄でも・・・・展開が気になって仕方ないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなで東北へ行かせてもらおうか

福島の桜の写真UPされていたところに、私こんな書き込み残してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
福島に限らず東北は遠方なもので

もともと東北へいく機会はほとんど無い私たちですが
そちらからはすんなりお出かけになれる距離なのでしょうね。

どうですか?


私たち・・・・・ボランティアに行く訳でもなく、
関西ナンバーなんかの車で
のこのこと東北を走っていましたら、
この震災をお気楽に人事にしか感じていない脳天気な関西者~!!と批難受けるのじゃないのかな~と話しています。
けれど、テレビとかで風評被害などで人気の観光地やスポットが寂れているのを見聞きするとどちらが正しいのか微妙だねと家族で話しています。

痛みを分かちえる関東の方が
出かけられて感じることはどうですか?
自重することと消費すること関西の私たちはどちらが正しいと思いますか?

                         

P4160020

そしたら、こんな返事を頂いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デナリさんへ
もう自重などしてる場合では無いと思います。
どんどん消費して、関西の元気を復興のきっかけにして欲しいです。
ボランティア等と構える必要はありません。
何か気づいたことがあったら優しい手をその時差し伸べてください。
東北各地の観光地のホテル等キャンセル等の発生で自重や風評被害 で大変困っています。

是非堂々と関西No,の車を大量に送り込んで欲 しいものです。
沿岸部の復旧作業中やまだそれすら着手できないでいる一部地域
は向かえ入れる段階ではありませんが、訪問を待ってる観光地は
たくさんあります。喜多方ラーメン街も安全なのに風評被害で大変
困っています。一刻も早く、元気な関西や他の地域の方々大勢で出
向いてください。
桜等変わりなく、今が盛りと今年も咲いています(^-^*)
自重してるのは、夜のライトアップ等だけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう5月の勤務が確定した。

驚くな~希望出さなかったら、

世の中に反してGWに私の休みは1日のみ

他の土日に休み1日も無し・・・・あちゃ~ぁ。

遠くへくり出すにもままなりません。

当面は、しっかり働いてそのうち行かせてもらいませう。

私たちがこれから出きること・・・ちょっと考えてみたい。heart02confident

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「告白」見ましたわ。

「告白」見ましたわ。

三年寝太郎が100円1週間レンタルで準新作と言って借りてきた。

映画の広告でチラッと見たことあったから、推察するにさぞかし暗く重い内容で

見終わった後は、重い石が胸の中に残るかと思った。

が・・・・意外と後味悪くなく

爽やか(この表現はひんしゅくものかもと思いつつ)・・・・・私は・・・。

幼い娘を殺された母

悲しい話なのに、切ない内容なのに、見ていても私は涙も出ない。

腹立つ筈なのに、憤りも無い。

松たかこさんは、噂どおり凄いね。

いや、原作が凄いのか監督が凄いのか。

Dscn0798

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山その13:⑦白馬岳の帰りは「おびなたの湯」

P4160027白馬岳の帰りは、

P4160035

白馬八方温泉

「おびなたの湯」

 

P4160026だーれも入っていなかったから写真

ラッキー

小さい施設だからすぐいっぱいそう。

P4160033川が見えて

露天風呂

お湯は肌にヌメヌメ

アルカリ性

入湯料は500円

券売機で買う

P4160031

道沿いには、小さな水車 P4160029

源泉は

5倍に希釈水で薄めて

飲みましょう。

アルカリ性が強いのだそうです。

P4160030

P4160028   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その13:⑥ふきのとう

P4160024_2 アプローチの道沿いには、ふきのとうどっさり。

雷と雨で撤退の下山・・・いつしか両方止んでいた。

ふきのとうは雨で洗われてみずみずしい。

P4160023 一緒に行った4人は、私以外は同じ山岳会のお仲間で

来週に天ぷらハイキングがあるそう。

ふきのとうも天ぷらにするんだとマメマメ採集・・・・ヘルメット。

P4160022 ふきのとう

苦くて春の味

行きたかったな~と・・・・ほろ苦い思い出。

山は逃げない・・・そう自分に言い聞かしつつ・・・。

北鎌を逃した時の気持ちに似ていると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その13:⑤デポの荷物

P4160018猿倉荘を過ぎ

堰堤までの林道が大きくカーブするところ、見えるが登山で通過しない所にデポ

登る時に何なのか気になっていたから

見に近寄ってみた。

木に吊った荷物とソリ

厳重に固定して

レスキュー用なのか

個人のアタック用なのか

P4160019朝から先行者は無かった。

すれ違った3人の方も

この荷物の話題に

触れられていましたね 。

見ては見たけど判明せず

興味しんしん

ザ・好奇心~。

大昔、10月のアルプスで灯油缶のデポは見たことあったけど・・・と思いながら

寄り道させてもらって写真を撮る。

「先に行っておいてください」と言って、置いてけぼりになった後を

尻制動で楽しみつつ急ぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その13:④白馬尻で雷 2011.4/16

P41600102011年4月16日

はちえもんさん丹さんと同じ山岳会の男性お二人

二股 5時半~ 7時着 猿倉荘7時半発

P4160011 白馬岳主稜線が見えた。

Photo 9時白馬尻                

雨が降り始め、鳴り鈍く光った。

夏の稜線の空気がびんびん張り裂けそうな紫の空とは違い

Photo_4 Photo_5/

/

/

/

/

雪山の雷は初めての経験だった。

新鮮だった。

2m離れて、岩陰にひっそり身を置いた。

Photo_2

Photo_6主稜線デブリが見える。

行く手にクラックと言うのかなクレバスでいいのかな・・・・どこもここも先にある。

次は先頭、何処を通るといいのかなと思案する。

デブリの右へ小蓮華尾根の方に登って背を上がって行くのがいいかなと思って

聞いてみたら左と言う。

それなら怖いなあと思いつつああでもないこうでもないと思っていたら

相談始まり、帰ることになった。

下山途中、白い日本カモシカ1頭を足元に見た。

松本の山岳会男性3名とすれ違った。

地元の方はお手の物・・・・「夕方には雨あがります。明日は天気いいですよ」

白馬尻にテントを張って日帰り感覚で1日で登ってくるとおっしゃっていました。

後ろからついて行きたか~あheart02

少し羨ましく思った。

Photo_7 11時半ゲートに戻った。

長野ナンバーの乗用車4台・軽トラ1台が止まっていた。

生まれ変わったら長野に生まれたかったな~と帰りの車の中で北アルプスの山を

眺めながら思った。lovely

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その13:③県道322二股~猿倉荘まで2011.4/16

P41600022011年4月16日

P4160001 1時半到着

長野県北安曇郡白馬村

二股発電所の側の

通行止めのゲート前で車中泊

P4160003

夜が明けて5時起床

エンジンを切って寒くなるかと思ったが

1台の車に5人のおかげか

気温がそれ程下っていないのか

私は寒く無く小さくなって眠れた。

●322号線二股~猿倉

松電バス白馬線

アスファルトの道は、

綺麗に除雪されて

快適アプローチ

P4160004_2 このまま猿倉小屋まで行き着けるかと思ったが残念

P4160006路肩の雪の壁の高さまで

雪が道をふさいでいました。

そこからは

猿倉小屋まで

雪道

GWにはこの道も開通してくれるようです。

帰り通った時間は

このショベルカーで

除雪作業してくれていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その13:② 2011年4月16日 猿倉荘

P4160008 2011年4月16日 猿倉小屋

P4160007小屋前のトイレは御覧の通り

屋根まで雪に埋もれ

トイレには

横から降りて行けそうでした。

一見埋まりきっているように見えるでしょ。

P4160009 この日は、上空を前線が2回通過するという情報

二股深夜1回目の通過はさほどでもなかった。

だから昼前2回目の通過も意外と軽くすみそうな感じがした青空・朝7時

白馬尻さあこれから 尾根に取り付こうとした9時・ 

この雨も予報は18時頃から好転

翌日(今日)は天気良さそうでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の猿倉知らないから、どんなに雪が建物を埋めているか気がつかなかったけれど

ネットで検索してみたら、見えているのは2階部分だけなのですね。

それも道から階段上がった高台に建っていたので関心しましたわheart01

白馬岳は夏・通過、春・大雪渓通ったのだけど記憶に無いでしたわ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その13:①白馬主稜線行きたかったんだけど

Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

Photo_8 2011年4月16日

長野県白馬岳白馬尻まで行ってきました。

目的は、白馬岳主稜線

天候:雨・雷 雪量 時間的なこと・・・・・

出発前からどれも想定できたことでしたがそれでも

雪面にたくさんクレバス・・・雪崩も怖い

今日は4峰まで行き着かないと予備日無しでは不安とか。 

雪が落ちてからと言って

さっさと下山して帰ってきました。

白馬尻:正面に大雪渓 右は主稜線とりつき↓ 

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さよなら ぼくたちのようちえん」

「さよなら ぼくたちのようちえん」

夜中に再放送あるんですね。

放送事故のあった回で、見せてもらいましたが・・・・

バス停でパトカーから逃れて先に愛菜ちゃん(役名わすれた~)をバスに乗せて病院に進ませるために、わざと走り出る男の子。

そんなシーンを2回見ましたが別にいいんだけれどな~。

なんで夜中の2時なのかな・・・勿体無い。

十分見せてもらいましたものheart01

「スタンドバイミー」「鉄塔武蔵野線」の幼稚園児版ってところでしょうか。

近頃の幼稚園児はあんなこともやってのけられる位なのかな~と思いつつ

公衆電話で自宅に電話をかけ「ママ~あ」って泣く子のリアルなこと・・・・

何とも感心する  でありました。

こんな可愛い頃もあったんだなあと子育てしている頃を思い出しました。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浄土に旅立つ

Dscn0742

お別れじゃないんだと言った。

浄土に旅立った。

また逢う日までのしばしの別れ

そういう話を聞いた時に涙があふれた。

泣いてばかりの毎日だったが、決して悲しい辛いわけではなかった。

人はいつか死ぬ

私も死ぬ日が必ずくる

その日が来るまで心おだやかに、懸命に、毎日もがくぞ

Dscn0743_2

山が大好きな デナリ ・・・生と性・・・・・ は、あちら

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat6025690/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:⑥ 深仙の宿から千丈平

Dscn0781 大峰奥駆道

釈迦ヶ岳~大日岳

2011年4月4日

釈迦ヶ岳から深仙の宿に下り

大日岳往復し

登り返さずに

千丈平へ巻き道で戻る

Dscn0782

Dscn0783 雪を横切り歩く歩く

Dscn0784

Dscn0785 千丈平に戻ると

Dscn0786 

Dscn0787_2 

Dscn0788

Dscn0789

Dscn0793

Dscn0790

Dscn0791

Dscn0795 Dscn0796

振り返ると、釈迦ヶ岳から大日岳が見えた。

Dscn0800 Dscn0801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:⑤ 大日岳山頂 (奈良県)

Dscn0769  2011年4月4日

奈良県釈迦ヶ岳~大日岳

深仙の宿~大日岳往復する

この間は雪は無し

おだやかな春の山でした。

花は無し

動物おらず

Dscn0770_2←真っ直ぐ登ると岩場の鎖で修行コース

右から巻きながら登るコースがあるよ

下りはそこを下るといいね。

Dscn0771

Dscn0772

Dscn0773

・・・・・・・・・・・・・・大日岳山頂には、大日如来さま・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn0775私たちが歩いた

釈迦ヶ岳に登る。

雪の残った稜線が見えた。

大日岳から見た千丈平

Dscn0776 Dscn0777   

Dscn0797_2  千丈平から見た大日岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:④深仙の宿 

Dscn0763

Dscn0764_2 2011年4月4日

奈良 

釈迦ヶ岳から

深仙の宿に下る。

この間は

雪は残っていませんでした。

小屋の屋根が見えた。

中は綺麗

静かなところでした。

Dscn0765

大日岳方面を見る。

Dscn0766お堂の前にだけ

軒下に雪が残っていました。

近くには水場は無い。

Dscn0767

←下ってきた釈迦ヶ岳方面を

振り返り

見上げるとこんな感じ

Photo 大日岳から深仙の宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:釈迦ヶ岳頂上 2011.4.4 ③

Dscn0760 釈迦ヶ岳の山頂

(奈良県)

登山口までのアプローチは長い

旭ダムから登山口まで

路肩に雪は見えるが道には雪はない。

路面も凍結はない。

落石はあったが小さい。

でも山頂までは近い。

Dscn0761 Dscn0762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:釈迦ヶ岳 2011.4.4 ③

Dscn0745_2 2011年4月4日(月曜)

天気:晴天

奈良県釈迦ヶ岳~大日岳

歩いてきました。

計画は、さんが釈迦ヶ岳に行きたいと言った。

さんと行きたかったのでこの日にして3人の予定だった。

そこへはちえもんさん三年寝太郎が加わった。

そして、蘭さん行けなくなり

前日穂さん行けなくなった。

その代わりに前夜、丹さんが加わった。

Dscn0746 で、4人で行く。

雪が道の脇に残っていた。

小さいめの落石チョコチョコあり。

平日というのにやはり人気

太尾登山口

駐車場には、先に3台の車

Dscn0747

トイレは鍵が閉まっていた。

稜線沿いには雪が残るがアイゼン使わず。

熊に注意の看板

熊の姿は見ない

そうね・・・爪のとぎ跡も見ず

糞も見ず

ヌタ場は1箇所あり

Dscn0748鹿は警戒もせずたくさん見かけた。

獣の臭いは3回したが

危機感なし

三年寝太郎がパンを食べていると

鹿がじっと見つめていた。

修行の白装束

白地下足袋のお姿のお方が2名

ほら貝を吹き

釈迦ヶ岳山頂でお経あげられていた。

雪が無かったり

雪があったり

Dscn0749

6時家出発

和歌山県五條市より

国道168号線南下

登山口9:00

釈迦ヶ岳山頂10:50

深仙の宿11:30

昼食(30分)

大日岳12:30

深仙の宿12:55

巻き道で千丈平13:50

Dscn0750 駐車場15:10

夏道歩けたり

雪の上歩けたり

雪は歩き安い程度

足が埋まるほどもなく

Dscn0751

Dscn0752

Dscn0753

Dscn0754

Dscn0755 Dscn0756 

Dscn0757 千丈平

水場で休憩しようと思っていたが

私はこの日は場所わかんなかった。

Dscn0758

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③釈迦ヶ岳登山口 熊に注意の看板

http://denari2.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-4feb.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭のあとで

祭のあとで
祭のあとで

早い三日間でした。

「骸に添い寝で少し幸せな夜」と

「棺桶でお通夜」と

「初七日まで済ますお葬式」

涙なみだ。

祖父の時も父の時もこんなに涙が出なかったのに摩訶不思議。

世界には葬儀にオイオイ泣く 職業泣き女がいると聞いたことがあるが

うちには必要ないな・・・・・私、ダントツ泣き女。

遠路帰省の幼い甥っ子は寝てしまった。

お経の最中にも寝息が響き渡った。

そっと寝かしておきましょうとお座敷。

突っ伏したまま、心地よさげに寝入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:②釈迦ヶ岳登山口の熊に注意の看板

Dscn0803 いや~久々に強烈な熊に注意の看板

奈良県十津川村 人気の釈迦ヶ岳の太尾登山口で写した。

国道168号線を旭口から旭ノ川沿いに登山口までの道は、凄い数の熊に注意の看板でした。

ブログ始めてからでも2回は過去にこの道を通っていますが、それまでは無かったもので

少々驚きました。

多いんでしょうね。

熊鈴持っていないや・・・・・。

しかし、2011年4月4日は気配なし・・・・・。

そろそろ起きてくるかな~。

御用心

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖母の傍で

祖母の傍で

私の祖母が旅立った。

96歳だった。

/

勤務中に母から

祖母が救急搬送され総合病院のICUに気管内挿管されて入院したと

メールが入っていた。

昼休みに知った。

午後から帝王切開の手術の間接介助係だった。

早退せず仕事終わったら行こうと思っていた。

祖母が逝ったのは14時35分だった。

そして、14時40分女の子が誕生日した。

この世に入れ代わりのようだと思った。

病院は行かず葬祭場に出かける。

祖母の顔はお茶目に微笑んでいるように見える。

まち母が長い年月かけてコツコツ用意した「旅立ち仕度の朱印の着物」をかけて

祖母は寝かされていた。

布団に寝る祖母の傍で横になって私も寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山その12:釈迦ヶ岳~大日岳(奈良県)①

Dscn0791

2011年 奈良県 釈迦ヶ岳 から 大日岳歩いてきました。

稜線には雪が残っていました。

鹿がたくさんいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもいっきり非常食

おもいっきり非常食

賞味期限 2009 11 4 。

あんこ餅 水でやわらかくもどる即席乾燥餅。

震災のこと聞いて思い出し調べてみたら、

おもいっきり期限が切れていた。

食べられるか作ってみた。

食べられると言えば食べられた。

でも、もういいと食べきらず・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SOYSH 病室で飲む

すったもんだの末、途方に暮れた。

そして、病棟のナースステーションの前まで来て「面会時間外」と言われるの覚悟で聞いてみた。

病室まで行ってくれたが、本人は歩けない。

招かれて、短時間にしてくださいと言われつつ四人部屋へ案内された。

3つのベットには誰も居なかった。

SOYSH

ソイッシュ

大豆×炭酸飲料

木村多江さんのCMで見たときから1回は飲んでみようと思っていた。

お見舞いに行く時、病室で一緒に飲んでみようと・・・

話の種に勧めてみようと持参した。

何だか食や味にいろいろ好みがある人なのできっと無理飲めないと言いそうな気がした。

案の定、一口飲んでそのコップを手に持ったままだった。

私は、意外と美味しく飲み干した。

豆乳のほうが好きかも・・・・・。

1本103円だったか。

飲んで空瓶撮って見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北病棟4階、途方に暮れる

Image009thumb

昨日 入院している同僚の顔を見に行った。

何だか

近頃の病院の面会時間は三時かららしい。

「時間外の面会はお断り」の看板に阻まれた。

1時から面会できるとばかり思っていた私は真面目に正面玄関で途方に暮れた

「見舞いの品を託けて帰りたい」と思い受付に言ったが断られた。

「つながる筈無いよな〜」とブツブツ言いながら表のベンチで携帯にかけてみた。

留守電につながる。

警備員のおじさんが私の周りを行ったり来たりし始めた。

「メールなんてもっと見る訳ないよね」と思いつつメール送信。

意外!すぐに返ってきた。

「黙って病室まで上がってきたらいい」と言う。

病棟と病室を聞きたくてメール打っていたら携帯が鳴った。

北病棟四階403。

そーっと病室の前に行ったら名札が無い。

個人情報保護法によりイマドキの病室は名札は無いんだな~。

と勝手に納得してコンと一回ノックし少しだけ開けて見た。

個室だった。

ベットに寝た白い足が見えた。

白衣のドクター二人・家族らしき女性。

誰ひとり私に気づきもせず頭の方を見つめている。

上半身は壁に隠れて見えなかった。

違う!すぐ閉めた。

廊下でまた途方に暮れた。

それにしても・・・・・。

何だか・・・・・・。

とんでも無いところを開けてしまったのかもしれないと思った。

その光景が目の裏に焼きついて離れない。

…明日に続く・・・・

しかし、続きもたいした話ではない・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »