« 山その9:大普賢岳往復・和佐又スキー場2011年2月4日 | トップページ | 山その9:大普賢岳への窟 »

山その9:大普賢岳往復2011年2月4日 

P2040015 大普賢岳往復

「笙の窟」を過ぎると

トレースがなくなった。

P2040014 き込んで登っていく。

P2040016

/

●石の鼻P2040017_6

/

/

/

/

/

岩がどんな形をしているのか,どれだけ雪が積もっているのか気になって立てない。

私はチョロッと立っては見たけどスグ降りた。

P2040020_2 小普賢は巻かずに

頂上を登って越えてきた。

小普賢を降りたところに看板

頂上に着く前に

13時が来てしまいそうで

P2040028 少し心の中であせる。

茶色い毛の小さい兎を見た。

動物の匂いが何度もした。

大普賢岳頂上

13時

大峰の山々がぐるりと見渡せた。

P2040030日没まで降りないと・・

帰りこそ気を引き締めて

調子に乗らないで下れと

自分に

「集中」を繰り返す。

くぐったり

しゃがんだり

あんなに上りは一歩が

しんどかったのに

下りは楽々だった。

P2040031

P2040032木の上には

1回の落雪で

立ったままの私がすっぽり埋まってしまう樹上の雪の山。

その真下を通る

北鎌の相棒さんを見送る。

P2040033 

P2040034 石の鼻まで戻った時

下山時間が予測たった。

アイゼントレは、いきなり筋肉痛でしたわ。

傾いた太陽の陽を浴びながら

誰もいないスキー場を下る頃には

ヨロヨロしていました。

とほほcoldsweats01

P2040035

    

|

« 山その9:大普賢岳往復・和佐又スキー場2011年2月4日 | トップページ | 山その9:大普賢岳への窟 »

」カテゴリの記事

コメント

 今晩は
 各地で大雪の様ですが、関東甲信の太平洋側は例年に比べむしろ少ないようです
 奈良県大普賢岳、行ったことありませんが積雪は多い方なのでしょうか?
 こちらでは、最近スキー客が減ったせいか駐車料金無料のスキー場増えております

投稿: noyama | 2011年2月 7日 (月) 19時59分

noyamaさまへ   デナリ

こんばんは。
どうなんでしょう。
季節はうつろい、月日は流れていますが
大昔登った時より多かったですね。
最近の雪で一時的に雪多くなっていたのかもしれません。

あはは・・・・
スキー場とは言うものの、リフトもないし、
駐車場は無料なのかもしれません。
聞かなければ払えといわれないのかもしれません。

奈良県大普賢岳良かったらお越しくださいまし。

投稿: noyamaさまへ | 2011年2月 8日 (火) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/38765309

この記事へのトラックバック一覧です: 山その9:大普賢岳往復2011年2月4日 :

« 山その9:大普賢岳往復・和佐又スキー場2011年2月4日 | トップページ | 山その9:大普賢岳への窟 »