« 山の6:剣尾山から下る  | トップページ | 横尾山の鉄塔と「モリのアサガオ」 »

眠りの底で

Pc070106沿道にお住まいの御方々は大変だろうとお察ししますが

銀杏並木は素敵です。

私の職場の前も銀杏並木で、職場の前は強い風の吹いた跡はそれはそれは見事です。

掃除もしないのに道の側溝には銀杏の葉が山盛りになって固まっています。

子供さん連れた面会者はその手に銀杏の葉を持っていたりする。

ぎんなんもポロポロ

落ち延びた銀杏の葉

仕事帰りの闇に僅かな明かりに浮かぶ銀杏は好きです。

昨日・日曜日は日勤だった。

ようやく全快した膝をそろそろ使ってもいいかなと、自転車で行こうと思っていた。

しかし、海月姫のコミック本6巻を深夜まで読んでしまった。

明日は睡眠不足だなと覚悟して眠りについた。

朝6時半・・・・枕もとの携帯が鳴った。

職場からでした。

「今日は未分娩の入院も今のところ無いので有休で休んでください」

今年の有休は後10日残っている。

来年1年持ち越しは可能であるが1月になったら更に1年分の休みが発生する。

眠りの底で電話を聞いた。

幸せな眠り。

また寝てしまった。

何処にも出かけず「赤ちゃんと僕のコミック本18巻を読んでしまった。

かんだ鼻水で体重が減るんではないかと思うほどポタポタ垂れてくる。

薬も効かず・・・・・weep

|

« 山の6:剣尾山から下る  | トップページ | 横尾山の鉄塔と「モリのアサガオ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/38049195

この記事へのトラックバック一覧です: 眠りの底で:

« 山の6:剣尾山から下る  | トップページ | 横尾山の鉄塔と「モリのアサガオ」 »