« 山の7:福岡県太宰府 宝満山 登山 その1 | トップページ | 山の7:宝満山の頂上その3   »

山の7:大宰府・宝満山その2 羅漢めぐり道の遭難

Pc200032Pc200035 /

/

/

/

/

/

/

/

/

2010年12月20日 月曜日 晴れ

福岡県太宰府 宝満山

Pc200033Pc200034_2

羅漢めぐりを通って頂上に行きました。

Pc200036

Pc200037

Pc200038  岩の陰にはたいてい石仏があり

何かいい感じです。

岩は苔が生し

ふかふかの落ち葉

岩の歩道

雨上がり

正面の階段の登山道では静かに人が多い。

が羅漢めぐりでは誰にも会わなかった。

特別に超危険って所は無いが

安全が保障されているって感じではない。

帰り道、

立ち寄らせて頂いた

九州登山センターで耳にしたのですが

Pc200039 道を見失い谷のほうへ下ってしまう登山者がいるそうです。

携帯が繋がる山なので警察に電話して救助要請来ることがあるんだとか。

このコースの何処で外してしまうのか?

興味あって、お伺いした。

羅漢めぐりは

宝満山の山腹を巻いて頂上へ向かうコースと理解して歩いていくと途中から

「おや??」と感じる。

ひたすら山の斜面を右手に歩く。

わずかに登ったり、下ったり。

方向が変わり斜面を左に下り始める。

コース間違ったか?

方向も逆だし・・・・下りばかり・・・・

Pc200040_2 このままで本当に頂上に行くか

ほんの一瞬そう思ったことがある。

しかし、それもつかの間。

そんなに感じてもスグ方向が修正され元に戻る。

そして、間もなく登りにかかって軽く納得した記憶があるが・・・・。

どうやら、その登りの道を見落として

外れて降りてしまうようです。

私的には、間違いに気がつけば

元の所まで上り返せば済む事なのに。

Pc200041_2 しかし、慣れないで不安な人は注意です。

Pc200042_2

Pc200043

Pc200044

Pc200045 頭の無い石仏さんがいくつもあって

少し残念

風化によるものか

はたまた過去の不届き者の仕業なのか?

Pc200046

Pc200047

Pc200048

Pc200049

Pc200050 私は触らないが Pc200051 鎖が何箇所かあった。

岩が多くなって好きな感じになって

楽しくなって来て

このコース好きかも

そんな感想思ったのもつかの間

梯子が見えたら頂上でした。

Pc200052heart ほらあの岩の上がてっぺんでした。

遠い九州の地

再び福岡県に立つチャンスがあったら、今度は違う山に行くに違いない。

折角のチャンスを無駄にするつもりは無いから多分再び行くことはないと思う。

しかし、宝満山に行くならば羅漢めぐりはきっとまた歩くな・・・。

この山・・・ひとびとに愛されている山だな・・・そんな感じがした。

私も好きだわ。

宝満山の他の記事はコチラ↓

http://denari2.cocolog-nifty.com/blog/cat41216268/index.html

|

« 山の7:福岡県太宰府 宝満山 登山 その1 | トップページ | 山の7:宝満山の頂上その3   »

」カテゴリの記事

コメント

 良いですね! こういうところ大好きです。
 お隣の大分の臼杵石仏にいつか会いに行こうと思っているので,そのついでに宝満山へも行ってみたいですね。
 頭のない石仏は,明治時代の神仏分離令を利用した?(誤解した?),廃仏毀釈運動によるものでしょうね。
 アルカイダによるバーミヤン石窟の破壊や,中国の文化革命での昔の文化遺産の破壊などと同じ様なことが日本でもあったと言えるようです。 頭のない石仏は,残念ですが,こちらでもあちこちで眼にします。

投稿: flugelGT | 2010年12月24日 (金) 09時27分

flugel GTさまへ    デナリ

こんばんは。
メリークリスマス。

観光地を前に控えているから
何かお手軽な山歩き何だと思っていましたが
好きな山でした。
正面だけならハイキング
行ってないから全コース歩いてこの山のベストコースを選びたいくらいです。

福岡行けば福岡の山
大分行けば大分の山
何だか楽しみな限りです。
移動の時間が勿体無いので私は制限した地域で済ませましたが意外と移動時間は短くてすみそうでした。
福岡県と大分県の境にある英彦山
大宰府から車で1時間ちょっとらしいです。

私どもの地元から奈良県大峰へは2時間もかかる、場所によったら3時間もかかるところもあるのに何かアプローチの感覚が少し意外でした。

福岡まで夜行バスで4300円安さにビックリ仰天
九州の山も病み付きになりそうでした。

投稿: flugel GTさまへ | 2010年12月24日 (金) 19時44分

今晩は
 九州は遠すぎて中々、行けない所ですが良い山がたくさんあるんですね
 特に冬は暖かそうで良さそうです
 最近、パワースポットブームとやらで神社仏閣のある
低山は結構混んでいて駐車場に困ることがあるようです。
 山の神に今年の無事を感謝しに出かけようと思ってい
るのですが、我が家の山の神は遠くに出かけてしまいました。

投稿: noyama | 2010年12月24日 (金) 20時02分

こんばんは。
羅漢道、いいコースでしょう。
新緑の頃や紅葉の頃は、好んで歩く方も多いようです。
私のその一人ですが…。
山頂に向かっているはずが下へ下へ(笑)もったいないですよね。
遠方からご苦労様でした、ありがとうございました。

投稿: しなのきんばい | 2010年12月27日 (月) 23時54分

noyamaさまへ   デナリ

こんばんは。
遠くて近い九州の山って感じです。
私どもの地元からは、北アルプスや南アルプス行くのとさほど変わりませんわ。
今は山ブーム・・・登山道も登山人口の増加に伴い整備され歩きやすくなるかも。
期待しています。

山の神様に幸多かれheart
来年もよろしくお願いします。happy01

投稿: noyamaさまへ | 2010年12月28日 (火) 22時35分

しなのきんばいさまへ   デナリ

こんばんは。
ありがとうございます。
本当に羅漢道の秋の様は行った事も見た事もないけれど
想像つきます。
さぞかし艶やかな素敵な物語を感じさせてくれる道でしょうね。
秋は何処の山も素敵で誰もが山に誘われますが、ともかく私は冬枯れの雪がチラつく足元に雪と落ち葉を踏みしめながら登る初冬の山が好きです。

お邪魔させていただいて光栄です。
ありがとうございました。

投稿: しなのきんばいさまへ | 2010年12月28日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/38185917

この記事へのトラックバック一覧です: 山の7:大宰府・宝満山その2 羅漢めぐり道の遭難:

« 山の7:福岡県太宰府 宝満山 登山 その1 | トップページ | 山の7:宝満山の頂上その3   »