« のっぺりの青い空と白い雲 | トップページ | 私がもう1回分娩できるのならば »

突然変異 白いおしろいばな

Pa310001 これが突然変異の白いおしろいばな。

前にも書いたことあるけれど、三年寝太郎が保育所に通っていた頃にその園庭に咲いていたおしろいばな。

黒い種を潰すと白い粉が出きる。

それをおしろいだと言ってほっぺに塗ってみる・・・そんな遊びを保育園で学んできた。

ポッケに、家でしてみたかったのか?

家に植えて育ててみたかったのか?

持ち帰ったその種は、裏の狭い敷地内に捨てたか、撒いた。

勝手に大きくなり種をつけた。

その種を道に沿って広い空き地に10cm毎に撒いて見た。

その頃、デは仕事もしていなかった。

暇だったのね私。

その次の歳は、ついた種を又、道の際に撒いた。

その次の歳は、少し遠くに撒いた。

そると何もしないのにジワジワと広く密集して咲き始めた。

始まりが5歳だったとしても相当な年月

今年初めて、道の際に白い花を見つけた。

明らか突然変異。

種が取れるのを楽しみにしている。

そう言えば、黄色いおしろいばなが職場の沿道に咲いている。

寒さが増しておしろいばなの香りが全くしなくなった。

花はまだ咲き続けているのに

かぐわしい香りがしたのは、ほんの短い期間だった。

|

« のっぺりの青い空と白い雲 | トップページ | 私がもう1回分娩できるのならば »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412453/37527326

この記事へのトラックバック一覧です: 突然変異 白いおしろいばな:

« のっぺりの青い空と白い雲 | トップページ | 私がもう1回分娩できるのならば »