トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

山その2 矢納谷(奈良県):30年ぶりに上多古林道終点

P9270018矢納谷 (奈良県)へ行ってきた。

上多古川に沿って林道を終点まで歩く。

上谷分岐から歩いて45分。

奥へ行くほど林道は苔むして、遂にはワダチの痕が消え、苔の道となった。

P9270019 奥の突き当たりの広場

懐かしい。

それにしても30年ぶりだった。

かつて 、

この道は突き当りまで車で進めた。

初めて

あけもどろ山岳会に入った時の

山行きは

「上多古 阿古滝まで」だったか?

何気ない沢沿いの谷歩き

とても容易い印象を持った。

何てこと無いその山行きを印象深いものにしたのは、この林道終点だった。

今では、大峰の沢へは「早朝発の日帰り」だが、

30年前は100%「前夜発日帰り」だった。

道路の整備は、アプローチの所要時間を圧倒的に短縮した。

仕事終了し、荷物を背負って集合場所でひらって貰って深夜にこの地に着いた。

先日にも誰かの焚き火のあとを見かけた。

月日は経ち・・・・・・・ご覧の通り、周りの木々は茂り苔むしていた。

矢納谷遡行から戻り、帰りの車の中で北鎌の相棒さんと雑談するまで

すっかり忘れていた。

P9270020 初めての谷歩きの朝、出発前に朝食を食べた。

出来立ての護岸はコンクリートの路肩だった。

そのコンクリートにしゃがんでパンを食べた。

お尻をつかず屈んだ足元に何か動くものを眼の端に見た。

無防備な沢デビューのデの股の下に動いていたものは、数匹の蛇の頭だった。

声も出せず飛びのいた。

見る→脳まで見た映像が到着する→それが何であるか判断する→危険を感じる→体を動かす→声を出す

この間は、自分の中ではスローモーション

声にならない恐怖は、今も鮮明に覚えているがそれは今もスローモーションだ。

感覚的には、ん????→立ち退く

この2つの行動だけだったと思う。

股の間に、まるでもぐら叩きのようにぬ~!!と出た蛇たち。

死ぬまで忘れない光景

記憶が蘇ったのが帰り道でよかった。

忘れていて良かった。

P9270021 すっかり忘れていた

上多古林道終点は

今はすっかりいい感じの広場になっていた。

しかし、

思い起こせばこの地の幕営は不気味すぎる。

上多古も矢納谷もこの鉄の橋を渡っていく。

←渡って振り返る。

矢納谷行ってきた。

今度の山は何処がいいか?と

選択肢から矢納谷を希望したが

本当に今回初めて行った沢だったのかな?何だか行ったかどうだか記憶が薄いが、

この地に来たのは今回が2回目だったような気がしないのは、ホンと困ったものです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良県 イツボ谷出合 熊看板

P9270013 2010年9月27日(月)

奈良県

上多古川

矢納谷へ行った。

通行止めに車を置き

林道を歩く。

行き止まりの登山口まで45分間。

林道を後ろから、作業用の軽トラが

追い越していった。

途中、イツボ谷出合い

P9270014

でた~熊看板

9月20日登った滋賀県横山岳へ行った時も道の看板で熊看板があった。

ここにもあった。

熊シリーズも引き続き

あっちから。

山が大好きなデナリ

カテゴリー

「熊に注意」

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat11198376/index.html

ゴミはお持ち帰りください。

P9270015 マムシに注意

セットだな・・近頃は。

道沿いの谷にとんでもないものを捨ててあった。

通行止めで良いかもね。

そんな不届きものを締め出すんだ!

P9270016

P9270017 イツボ谷出会いを見送って、さらに奥まで歩く。

追い越して行った軽トラの男性が途中に立っていた。

挨拶したら、何処へ行くかと聞かれた。

矢納谷と北鎌の相棒さんが答えると、午後から天気が落ちると言った。

昨日も捜索願いが出たと言った。

道迷いで下山時間が遅くなったそうです。

ご無事だったそうです。

降水確率午前20パーセント午後60パーセント

早くに下山してきますと答えた。

「13時に引き返す」と、北鎌の相棒さんに言われていたから、

雨に降られる前に戻ってくるだろうと思っていた。

熊のことも聞いてみた。

下へ下ってきていると話されていました。

覚悟の上です・・・熊鈴つけた。

沢の中では、沢音で聞こえやしない。

曇りで小雨、秋の実が落ちる頃、ヤダやだ・・・・あいたくな~い。

会わなかった。

獣の臭いもしなかった。

実はいろいろ食べたあとは無数にあった。

道にマムシが車にひかれていた・・・・そうだ。

デは見ないふり・・・・。

/

熊に注意 ネタはこちらへ

山が大好きなデナリ  熊に注意

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/cat11198376/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方神起のバスタオル

P9240007山や何やかんやで、UPが遅くなりましたが、東方神起が日本で活動できなくなった。

ニュースも少し古くなったが、時期もそう変わらないころファンクラブから

なんとまあ、大きなバスタオルが送られてきた。

好きなのに、素敵なのに、何だかついていませんね。

P9240008 記念になるから、包装もそのままに置いて置けば良いものを・・

スグ剥く

スグ使っちゃうのよね。

そうそう、通勤の自転車中、方耳イヤホンで東方神起のお陰で快適ご機嫌。

頑張ってくださいましhappy01heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1: 横山岳 (滋賀県)三高尾根の秋の花

横山岳 (滋賀県)三高尾根の秋の花

P9200029 P92000302010年9月20日

横山岳(滋賀県)

三高尾根

秋で花は無いかと思うだろうが

横山岳は花が続いていた。

上りに使ったコースも写さなかったが

可憐な花が続いていた。

三高尾根は、下りだったから

写真撮る気にもなったので残っている

意外と清楚な花ばかり。

早春には、

イワウチワが群生しているようですよ。

P9200032 P9200033 P9200036 P9200037 P9200038 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の2: 矢納谷・登山口まで歩く

P9270010_2 2010年9月27日(月)

奈良県 上多古川(こうたこ)

矢納谷へ行ってきました。

国道169号線南下する。

上多古で右岸沿いの道を

上多古川上流に右折する

P9270011 上谷と上多古川出合

道の分岐から通行止め

車を置いて歩く。

この奥には、

伊坪谷

茶屋ん谷

大峰奥駆け竜ヶ岳の阿古滝登山道

どれも歩いていくしかないみたい。

林道終点が矢納谷、上多古・・・・・登山口。

そこまで、45分歩いた。登山口とは言わないか・・・入渓口。

矢納谷は、ザイル使用せず。

下山道が不明瞭。

沢沿いの土の急な斜面をトラバース延々。

覚悟していたより意外とすんなり降りてこられたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1: 湖北 横山岳 三高尾根の 黄緑色の小さいきのこ

P9200042琵琶湖の北 横山岳 (滋賀県)の三高尾根  

下っている途中 目に付いたきのこ

細かくて小さくて 黄緑色に綺麗で可愛いかった。

P9200040思い通りに見たままの色に写らない。

何度かトライしたがあきらめた。

小さいのよ

可愛く光っていたのよ

なのにご覧の通り

少し残念

P9200041 傘が大きく開いても1cmもないのかな。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山の1: 横山岳 コエチ谷を下る (滋賀県)

P9200044横山岳 (滋賀県) 

山頂から 三高尾根を下り

鳥越峠に至る。

P9200047_2 峠からほんの少し登ると分岐

コエチ谷へ登山道を下る。

いたる所にロープ

こけたくないから思わず1回掴んでしまう。

雪のこの道登るのか?

あいや~どれくらいの雪なのか想像もつかないけれど・・・・日帰りできるのか?

トレースあれば・・・ラッセルできる人数あれば何とかなるのか・・

P9200049 P9200050

分岐から下り16分で草ボウボウの林道らしき道に出た。

そこから、14分 コエチ谷登山口に出た。

P9200051_3 

P9200052P9200053  さらに3分で車に戻った。

(参考)

駐車場 出発 9:00-白谷登山道ー横山岳頂上11:40

(お昼40分)-鳥越峠13:13ー13:56駐車場

・・・・・・蘭さん同行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1:横山岳 三高尾根 下る

横山岳 (滋賀県)山頂は、広い。

この看板で誘導され三高尾根を下る。

展望は無い。 P9200028 2010年9月20日(月)

頂上から少し下るとご覧の通り展望良くなる。P9200031_3

足元は踏み跡明瞭ではないから

「この調子で草ぼうぼうな藪コギか?」と

不安になったがここだけだった。

P9200034_2 「展望ベンチ」

こんな看板

全然、四方展望ないし

ベンチって、木の又のこと?

はてさて

・・・物議をかもしたが結論出ず

座る気にもならず。

P9200035

P9200046 P9200045  鳥越峠に着く

草は刈られ少し広々

西に開けて遠くが見える。

冬に行くから見てきてと言われたがこの尾根急だ。

降りてきただけだから、ピンとこないけれど、まだ正面の谷を登るよりましか?

P9200048 鳥越峠からホンの少しだけ尾根を更に登ると コエチ谷へ下山分岐の看板

左に下る。

ここからも、結構な急な下りでありました。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1: 横山岳山頂 (滋賀県)

P9200005横山岳山頂へ向かう

植林が無いのがいいheart04

と言うか好き・・・。

P9200021 ホラ、こんな感じ。

滝が過ぎると

一気に高度を稼ぎ始める。

P9200022五銚子の滝から振り返ると

遠くが見渡せた。

あいにくの天気で何処なんだか?

P9200023 登山道で高巻き

P9200024登山道に

こんな岩が出てきて

P9200025 こんな看板出てきて

もう頂上かと思ったら

丁寧に

あと200mガンバレ!!

も出てきてちょっとガックシ。

あと100mは無かったのか見逃した。

P9200026 頂上は展望なし

P9200027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1: 横山岳  経の滝 五銚子の滝

P9200010 滋賀県 横山岳

琵琶湖の北

昔登ったことある金糞岳

似たようなところ

白谷登山口駐車場に車を置いて、

P9200012 登山道を歩く。

再び林道に出てしばらく歩く。

橋で再び沢沿いの登山道に入る。

小さな沢を何度も渡渉する

●経の滝

3段落差20m

巻き道ある

●五銚子の滝

左から斜面を登り滝の落ち口へ

P9200013

P9200014 

P9200016P9200020  P9200018 P9200019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1: 湖北 横山岳のアプローチ

P9200055_2 P9200054_2

P9200003 滋賀県 横山岳に  2010年9月20日(月) 行ってきました。

北陸自動車道 木之本ICから国道303号線で杉野まで

網谷林道の入り口は、杉野の集落の中。

曲がり角に気付かずに通り過ぎてしまいました。

引き返して、また通り過ぎてしまい、

曲がり角が見える辺りのお宅で男性に道を聞きました。

「其処」と、スグソコに見える角を教わったが、結局、看板見つけられず

・・・言われた通りに左折した。

杉野学校前で左折すれば行けると、思っていたけれど、

杉野農協前で集落の中に入る手前に看板あったから、

その次も看板でスグ分かると思って油断した。

ひょっとしたら、路駐の車で看板に気がつかなかっただけかも知れないね。

ともかく、教えてくれた方は、親切に「よおお越し・・」と言ってくれた。

厳密には・・そんな関西弁ではなかったな・・・覚えていないけれど・・・。

網谷林道は舗装されていて良い道・・・白谷出合いには車もたくさん置ける

簡単スグ着く。

コエジ谷登山口から白谷登山口は、スグ近い。

トイレもボットントイレだけれど綺麗にしてくれているし、臭いは無かった素敵感謝heart04

更に奥に網谷林道は工事が進められており、大きなトラックが行き来していた。

↑上の看板はクリックしてみて、読めるから・・・。

整理するの面倒でつい横着してしましたhappy01

P9200004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1: 横山岳  紫色のコガネムシ

P92000062010年9月20日 天気晴れ

滋賀県 横山岳 登山口から 急な登り

登山道の真ん中で 紫色のコガネムシ?を見つけた。

何でもかんでも、こんな艶々の背をした虫は、コガネムシと呼ぶデ。

フラッシュ光るとご覧の通り 黒にしか見えません。

フラッシュ光らないと、更に黒く。

ともかく深い紫の光沢・・・ほら、よく走っているでしょ・・・紫色の車。

あんな感じの色

美しゅうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の1:滋賀県 横山岳 の登山ポスト

P9200002_2  滋賀県 横山岳の登山ポスト

可愛いよ。

綺麗に手入れされているよ。

鍵もかかっているよ・・・なんか安心でした。

何かいい感じの登山口でした。

地元の方たちの横山岳に対する愛を感じました。

綺麗な駐車場でした。

P9200053

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早割り・・・51400円なり

P9170003

新しい山仲間と知り合った。

今日から、その人とも一緒に山に行く。

「昨年行ったんだけど・・・・屋久島に一緒に行きませんか」と誘われている。

私も2回行ったことがあると答えた。

20年前と10年前

 花の江河~宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水郷縦走した。

2回とも、鹿児島で飛行機を乗り継いだ。

2回目に行った時はすでに世界遺産に登録された後だったが、直行便は無かった。

今は、1日1便。

2009年から直行便が伊丹空港から飛んでいるそうだ。

凄い!

思わぬ出会いとチャンスに 心が揺れている。

1回目は、だーさんと2人で行った。

2回目は、三年寝太郎・ととっとこ太郎と4人で行った。

3回目は、だーさんの還暦祝いに2人か・・・・

      それぞれの配偶者と6人なんて無理だろうか?とか儚い夢を見ていたんだが

その前に行くべきか?

いつか雪の宮之浦岳に登ってみたいと思っていた。

雪の無い寒い宮之浦岳も行ってみて置くのも悪くない。

山とも縁だ・・・・行けるようなら行こう。

運に任せてみる・・・・・・。

早割り・・・51400円なり・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ルパンの消息」「最高の人生の見つけ方」

P9170004 ルパンの消息 と 最高の人生の見つけ方

DVD見ました。

ルパンの消息

てっきり三億円事件の話かなと思っていましたが違いました。

ろくでもない男子高校生3人がしでかしたルパン作戦の結末か?と怒りをもって観ていたら、何だか今回もまた涙が流れた。

何か最後は嬉しかった。

自分が選んで借りるんだけど選択理由は本当に適当

観て嬉しかったら何か得した気分

勝手なものです居間で寝転がって・・・・。

最高の人生の見つけ方

タイトルでだいたい想像つくよね・・・。

雪の山 

一人の男性がアイゼン・ピッケルで

真っ白な雪の斜面を晴れた青い空に向かって登って一歩一歩登っていく。

彼が永遠にその眼を閉じた時、心は開かれた。

余命を宣告された男性2人

「棺おけリスト」 と言って、死ぬまでにすることを書き出す。

彼は山に埋葬された、これは違法行為だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

き~ィと声を上げる

P9100204 出窓の植木鉢を動かして拭く。

落ち葉が邪魔だと、手でつまんで捨てようとした。

ん???

キーィ!!!!

悲鳴も上げられないほど必死で声を出す・・・。

P8130009いつも家の外には守り神がおられますのに・・・家の中にも居たんですか???

声にならないき~!!!は辛かった。

そう言えば、にいにおやつ代わりにしがまれた(しがむって分かる?これって方言?)

皮製品のビーチサンダル

私が刻んだトカゲサンダルは、この夏2回だけ履いた。

踵が噛みしめたあとのスルメのような状態のまま

・・・履いちゃえばわからない分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEXT ONE

P9140014_3 同僚が話していた。

シンクの下に、米びつや調味料は置いてはいけない。

汚れを流すその下に、これから口にするものを保管すると言うことは運気を下げるらしい。

朝から、真後ろの棚に全てを移動した。

シンクの下は、洗剤系とポリ袋とスポンジたわしとかボールとか・・・

整理したら何と隙すきの広いスペースができた。

何か得した気がした。

運が変わった気がした。

私のステージが変わった気がした。

あけもどろ山岳会を辞めた。

理由もあけもどろも、辞めると決めた時からどうでもよくなった。

前へ前へ・・・そう言って辞めた。

あけもどろのかつての仲間が私に聞いた。

次は何処の山に行くのか?と・・・・・。

関係ない人に教える必要ないと答えなかった。

今日その時の事を思い出した。

それが山とは全然関係ない・・・GOLD の最終回の録画を見ていた時だった。

天海祐希さんいつ見ても素敵ですね。

ドラマの中でスピーチする・・・・チャップリンの話を例にあげた。

「あなたの気に入っている作品は?」と聞かれたチャップリンが答えた。

   Next one is better one.

自分のベストは次だ。

             (あ・・・ベターだねhappy01

ドラマの中のスピーチを聞いていた人々の心に響いた。

の心にも響いた。

NEXT  ONE

北鎌も面白かったが NEXT ONEですよね。楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドクター」「チェンジリング」

P9110001 「ドクター」「チェンジリング」DVDで見ました。

「ドクター」

一人のドクターが自分の喉頭癌の闘病を通して、

自分の医師としての生き様が変わって行く・・・と言うストーリー。

医師でなくても確かに、生き方や考え方に影響を及ぼしますよね。

「チェンジリング」

・・・「ドクター」の前に見たんだけれど、いい話だった。

が、なぜだろうストーリー思い出せない・・・・どんな話だったかな?

そうそう思い出した・・・ちょっとには、きつい話だった。

ボディブローにアッパーカット・・・効きすぎて・・・・涙も乾かない。

忘れるには忘れるだけの心が防衛する理由があったんだ。

あっちへ

http://denari.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0)

ようこそ山が大好きなデナリ2へ

P9140011 おはようございます。

山が大好きなデナリ http://denari.cocolog-nifty.com/blog/ から

遠路はるばるありがとう。

面倒かけますね。

何も変えなくってもう一つと思いましたが微妙に違う・・ものの

工夫もひねりも無くてごめんなさい。

デは変わらないから中身は変わるはずも無く。sign03happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年10月 »